« 北朝鮮、ジョンウン氏への世襲本格化でついに神秘現象が! | トップページ | 今頃になって経済の失敗を認めた金正日総書記 »

2010/01/11

「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、母校に感謝の寄付金8億円 → 「なぜ中国に寄付しない!」と中国のネット上で炎上

A7

※ 画像はイメージです。

「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、感謝の寄付金8億円!―米国

1月10日15時49分配信 Record China

 2010年1月4日、米イェール大学は中国人卒業生のレイ・チャン氏が同大経営学院に888万8888ドル(約8億2200万円)を寄付したことを発表した。8日、環球時報が伝えた。

 報道によると、レイ・チャン氏は中国中部地区の出身。中国の統一大学入試・高考では地元自治体トップの成績を収めた有名学生だった。人民大学で国際金融を学んだ後、イェール大学で経営学修士(MBA)を取得。その後米投資会社を経て、2005年に北京市に投資ファンド・ヒルハウスキャピタルマネジメントを設立した。レイ・チャン氏は「イェール大学がわたしの人生を変えてくれた」と感謝の言葉を述べている。

 888万8888ドルという寄付金は同学院卒業生個人としては過去最高額。中国語で「8」は「発」と似た発音であり、「発財」(お金持ちになる)につながる縁起のいい数字とされていることから、この金額に決めたという。寄付金は主に新キャンパスの設立に使われるが、一部は奨学金及び各種中国関連プロジェクトに用いられる。(翻訳・編集/KT)

最終更新:1月10日15時49分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100110-00000009-rcdc-cn

 

中国人が米国の大学に8億円寄付、「なぜ中国に寄付しない!」と炎上

1月9日18時12分配信 サーチナ

 米国エール大学の中国人卒業生がエール大学マネジメント・スクールに888万8888ドル(9日の為替レートで約8億2252万円)を寄付したというニュースが中国で大きな話題となっている。8日、環球網が伝えた。

 報道によると、大学に高額の寄付金を寄せたのは2002年の卒業生で、現在は北京を拠点に投資ファンド、ヒルハウス・キャピタル・マネジメントを設立し、25億ドルを運用しているレイ・チャン氏で、寄付金はエール大学マネジメント・スクールの新校舎建設に充てられるほか、一部は奨学金などにも使われるという。

 このニュースに対し、中国のネット上では、「中国には学校に通えない子どもたちが多く存在するのに、彼らにも寄付してあげて欲しい」「それだけ多くのお金があるなら、なぜ中国の基礎教育に寄付してくれなかったのだ?」など、米国の大学へ寄付したことに反対するコメントが寄せられていた。また、「中国に寄付するということは汚職を助長するということだ」、「中国の教育システムなんて寄付するに値しない」といったコメントが並んだ。9日18時時点で1400を超えるコメントが寄せられ、中国の教育に対する批判にまで発展するなど炎上の様相を呈している。

 ちなみに、レイ・チャン氏が寄付金の額として「8」が連なる数字を選んだのは、中国では8という数字の発音が「金持ちになる」という言葉を連想させる言葉の発音と似ているためだという。(編集担当:畠山栄)

最終更新:1月9日18時12分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100109-00000013-scn-cn

 

 卒業生が母校に寄付をするという美談も、中国人にかかれば売国奴呼ばわりになるようです。

 確かに、今までの中国のニュースを見れば誰だって中国に寄付したいとは思わないでしょう。

 中国に寄付した小学校が、3年後にはブタ小屋になっていたなんて話もありましたからね~♪pig

 

 

 

 .

|

« 北朝鮮、ジョンウン氏への世襲本格化でついに神秘現象が! | トップページ | 今頃になって経済の失敗を認めた金正日総書記 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32932514

この記事へのトラックバック一覧です: 「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、母校に感謝の寄付金8億円 → 「なぜ中国に寄付しない!」と中国のネット上で炎上:

« 北朝鮮、ジョンウン氏への世襲本格化でついに神秘現象が! | トップページ | 今頃になって経済の失敗を認めた金正日総書記 »