« 全裸シーンのある演劇に、韓国人が狂喜乱舞? 舞台乱入、盗撮、呼吸困難… | トップページ | 日本食の看板を掲げてキムチにプルコギ → 現地の人びとがキムチやプルコギを日本の食べ物だと勘違いする人が後を絶たない »

2010/01/15

中国のネット上に「天安門事件」登場、グーグルVS中国

A5

※ 画像はイメージです。

中国のグーグル検索に「天安門事件」登場、オフィスは厳戒

1月14日11時3分配信 CNN.co.jp

北京(CNN) 「ネットの検閲はもう続けない」と宣言した米検索大手のグーグルが13日、中国の検索サイト「Google.cn」に天安門事件やダライラマ、法輪功など従来は出て来なかった検索結果を表示するようになった。

 これまでは同サイトで「天安門」を検索しても、天安門の写真が出てくるだけだったが、13日以降は1989年の天安門事件について解説したサイトへのリンクが表示されるようになった。ただし部分的に検閲された状態と検閲されていない状態が入れ替わるなど、不安定な表示が続いている。

 グーグルは同日、中国でサイバー攻撃の被害に遭い、何者かが人権活動家の電子メールに不正アクセスしようとした痕跡があると発表し、「検索の検閲をこれ以上続けるつもりはない」と言明。今後の成り行きによってはGoogle.cnのサイト閉鎖や同社の中国からの撤退もあり得ると表明した。

 ただし今回のサイバー攻撃について中国政府の関与を直接明言したわけではなく、検閲なしの検索サイト運営の可能性について当局と話し合うとしている。

 北京にあるグーグル中国法人のオフィスでは、この発表から間もなく従業員に有給休暇が出されたと伝えられ、いつになく厳重な警備が敷かれた。米カリフォルニア州の本社が運営する社内のシステムなどにもアクセスできなくなっているという。

 オフィス前にはグーグルのユーザーやファンが集まって言論の自由を守る姿勢に支持を表明。同社には大量の花がひっきりなし届けられており、現地のブログはこれについて、グーグルの中国撤退を見越して哀悼の意を表するものだと伝えている。

 グーグルは2006年に中国で検索サイトを立ち上げたが、現地の大手バイドゥ(百度)に阻まれてシェアは伸び悩んでいた。中国インターネット・ネットワーク情報センターの09年9月の統計によると、ネット検索市場のシェアは百度が77%、グーグルが13%となっている。しかし3億人以上がインターネットを利用し、広告市場の急拡大も見込まれる同国から撤退すれば、グーグルにとっては大きな痛手となる。

最終更新:1月14日11時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100114-00000002-cnn-int

 

 いまや世界一のファシズム国家・中国に、グーグルが抗議し始めました。

 天安門事件、ダライ・ラマ、法輪功etc…、さまざまな真実が中国のネット上で明らかにされているようです。

 中国共産党独裁政権はどうするのでしょうか?

 やはり、弾圧あるのみでしょうか?spade

 

 

 

 

 

|

« 全裸シーンのある演劇に、韓国人が狂喜乱舞? 舞台乱入、盗撮、呼吸困難… | トップページ | 日本食の看板を掲げてキムチにプルコギ → 現地の人びとがキムチやプルコギを日本の食べ物だと勘違いする人が後を絶たない »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32984354

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のネット上に「天安門事件」登場、グーグルVS中国:

« 全裸シーンのある演劇に、韓国人が狂喜乱舞? 舞台乱入、盗撮、呼吸困難… | トップページ | 日本食の看板を掲げてキムチにプルコギ → 現地の人びとがキムチやプルコギを日本の食べ物だと勘違いする人が後を絶たない »