« 韓流ブームを捏造する韓国メディア! 韓流ブームに魅了される日本女性の正体は? | トップページ | 「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、母校に感謝の寄付金8億円 → 「なぜ中国に寄付しない!」と中国のネット上で炎上 »

2010/01/10

北朝鮮、ジョンウン氏への世襲本格化でついに神秘現象が!

A3

※ 画像はイメージです。

コードネームは「新しい星」 北メディア、世襲本格化でついに神秘現象を報道

1月9日14時55分配信 産経新聞

【朝鮮半島ウオッチ】

 元日に北朝鮮メディアが金正日総書記の後継指名に関連するとみられる「神秘現象」を初めて伝えた。「革命的大慶事」との表現や後継者のコードネームとみられる「セッピョル」(新星)との呼び名も登場。3男、金ジョンウン氏(27)を指すとみられる。8日はジョンウン氏の27歳の誕生日で、日韓の北朝鮮内部に詳しい団体は「8日、平壌で誕生日の祝賀行事が行われた」との情報を伝えている。後継体制準備の本格化は、今年の北朝鮮の内外政策を左右することになる。(久保田るり子)

■「千変万化…セッピョルとよばれる金星が明るい光を放った」

 朝鮮中央放送と朝鮮中央通信が神秘現象を伝えたのは2日。報道によると、この現象は1日早朝、金正日総書記の生誕の地と宣伝される北朝鮮の「聖地」、白頭山の日の出で起きたという。

 報道はまた、今年を「革命的大慶事」の「祖国青史に永遠に輝く大変革の年」などと位置づけた。「革命的大慶事」という表現は、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」などの新年共同社説にも使われた。北朝鮮報道をモニターしているラヂオプレス(RP)によると、この表現は過去、金総書記の朝鮮人民軍最高司令官就任時の1回使われただけで極めて異例な言い回しという。このため「セッピョルと呼ばれる金星」が後継者を指しているのはほぼ間違いないと分析されている。

 3男、ジョンウン氏については昨年1月中旬、韓国メディアが初めて「金総書記が後継者に指名した」と報じ、昨夏まで北朝鮮発とみられるジョンウン氏に関する処遇や活動、宣伝情報があふれた。だが、8月、金総書記がクリントン米元大統領との面談など活動を再開する直前からジョンウン氏がらみの情報が突然、中断した。これについて「ジョンウン氏をめぐる権力闘争か」などの観測も出ていた。

 北朝鮮の世襲をめぐっては「コードネーム」「神話」「神秘現象」は3大要素だ。金正日総書記は1974年、党中央委員会で政治局員に選出され後継者となったが、公式な党機関紙「労働新聞」などでは「党中央」とのコードネームで呼ばれ続けた。また80年代には神格化のため神秘現象報道が相次ぎ、偉大さを強調する神話作りの物語が数々と発表された。

 しかし、ジョンウン氏の場合、当面の環境整備は経済難克服、つまり「神話より実績」のようである。1日発表の北朝鮮の1年間の施政方針を示す「3紙共同社説」では「人民の生活向上」が目標として掲げられ、昨年までの国防優先、強盛大国作りから、「住民のための施策」として衣服や食糧増産を指す「軽工業や農業」重視が目立った。

 北朝鮮では金日成主席生誕百年の2012年に「強盛大国の大門を開く」とし、後継者発表も2年後が有力だが、金総書記の体調次第で、「前倒しをにらんで作業を加速しているのではないか」とみられている。

■ハイパーインフレで混乱続く北朝鮮社会

 国内は昨年12月に強行されたデノミネーション(通貨呼称単位の変更)の混乱が続いている。新貨幣に切り替えたことで社会的不満が噴出し始めたため、北朝鮮当局は公務員に切り下げ前の額と同額の給与を支給したり、農村に新貨幣をタダで支給するなど、経済原理を無視した鎮静策を取った。このため、物価が暴騰している。

 北朝鮮内部に情報ルートを持つ日本の非政府機関(NGO)「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」によると、デノミ直後の公定価格で1キロ22ウォンだった米が現在は70ウォン、トウモロコシは1キロ8ウォンが50ウォンに暴騰、一日で40%も価格が上昇するハイパーインフレで、国営商店に物資は全くない状態という。

 今回のデノミの狙いは北朝鮮当局による住民に流通する闇資金の駆逐。中間層で広がっていた闇市場の流通資金を紙くずに換え、闇市場をつぶして、社会主義統制経済に戻そうとした。しかし、肝心の物資がないため物価は高騰。また年始からは外貨使用を全面禁止したことで闇の為替相場も高騰、当局の狙いとは全く逆の社会混乱が続いている。

 デノミや外貨禁止などの統制強化も、社会統制を強化して後継体制への環境をつくり、市場で富を得て不満分子となりやすい思想の動揺層を締め付ける狙いがあったとみられるが、経済悪化は今後も加速しそうだ。

 年頭の共同社説は、対米関係改善の最優先を掲げ、南北関係についても「関係改善の道に進むべきだ」と述べた。背景には、国内経済の安定に外資や支援を当て込んでいる事情があるとみられ、早春からは北朝鮮当局が南北、米朝、日朝関係を動かそうとする局面が予想される。

 

【北朝鮮メディアが伝えた「神秘現象」の要旨】

 革命の聖山・白頭山で主体(2010)年1月1日朝、神秘的な自然現象が起こった。白頭山天地総合探検隊が観測したところによると、秒速50メートルの北西の風が正月1日、次第に弱くなり、日の出時分、「セッピョル」と呼ばれる金星が天地(白頭山山頂にある池の名前)上空で明るい光を放った。強盛大国の大きな扉をたたくように、天地で氷が割れる音が朝の空気を破り、噴火口の壁を鳴らした。革命的大慶事によって、祖国青史に永遠に輝く大変革の年、2010年の最初の朝、午前7時38分、白頭山に荘厳な日の出が始まった。その瞬間、白頭山216の峰(金正日峰)がその勇壮な姿態をみせた。午前9時ごろからは再び、強風が吹き付けるや、将軍峰などの峰で数百メートルの雪崩が天地湖岸に滝のように押し寄せ、白雪の祝砲のように歓喜の絶景をなした。

最終更新:1月9日14時55分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100109-00000519-san-int

 

 今時、神秘現象がなければ後継できない北朝鮮って、おかしな国ですね。

 北朝鮮は未だに神話の時代なのでしょうか~?happy02

 

 

 

 

|

« 韓流ブームを捏造する韓国メディア! 韓流ブームに魅了される日本女性の正体は? | トップページ | 「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、母校に感謝の寄付金8億円 → 「なぜ中国に寄付しない!」と中国のネット上で炎上 »

I LOVE 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/32920938

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮、ジョンウン氏への世襲本格化でついに神秘現象が!:

» 一阿のことば 23 [ガラス瓶に手紙を入れて]
何故軍隊特に海軍のことを何度も何度も書くかと言うと、あらゆる国家は政治と軍の二輪で走っているからです。そして私は海軍のことしか知らないからです。経験しない事を書くと作り事になる恐れがあります。 [続きを読む]

受信: 2010/01/12 23:50

« 韓流ブームを捏造する韓国メディア! 韓流ブームに魅了される日本女性の正体は? | トップページ | 「大学が人生を変えてくれた」中国人卒業生、母校に感謝の寄付金8億円 → 「なぜ中国に寄付しない!」と中国のネット上で炎上 »