« ウソツキチョーセン人、外交文書で確認 「獄中で暴行、迫害受ける」→本当はからかわれてケンカになっただけ | トップページ | 「笑っちゃう」23歳女性高官にウソ疑惑、「恋愛未経験」のはずがキス写真? »

2010/02/24

一泊16万円から数千円に、ホテルの宿泊料が急落 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」

G3

※ 画像はイメージです。

一泊16万円から数千円に・・ホテルの宿泊料が急落-海南

2月23日10時36分配信 サーチナ

 チャイナネットによると、春節の連休中、1泊あたり1万3000元(約16万9000円)だった三亜金茂ヒルトンホテルの宿泊料金は、連休が終わった直後に1955元(約2万5000円)まで急落した。短期間でこれほど価格が下がることは非常に珍しい。

 「携程網」のデータによると、2月下旬の海南省三亜地域の3つ星、4つ星、5つ星クラスのホテルの予約価格は平均でそれぞれ460元(約6000円)、620元(約8000円)、1300元(約1万6900円)となり、連休中と比べると、多くの高級ホテルの価格が9割も下落している。

 消費者の許容範囲を大幅にオーバーしたため、春節連休中の三亜市のホテル稼働率は低かった。ホテルの部屋を「買いだめ」した投資家たちは、もともと1万元(約13万円)以上だった部屋をわずか数百元(1元=13円 数千円)で手放すしかなかった。

 宿泊料は高騰したものの、三亜の観光業のサービスレベルは以前と変わらず、観光内容にも変化はない。「海南国際観光島の建設が計画されているため、今年の春節の三亜は以前と異なるに違いないと期待して行ったのに、がっかりした」と不満を漏らす観光客も少なくない。

 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」と多くの市民が思うように、ホテル料金の高騰が原因で多くの観光客が三亜旅行をためらった。杭州旅行社の関係者は「普通は、春節の連休が終わる時期に、多くの市民がホテル価格の下落を狙って海南旅行に出掛ける。ところが、今年はそうしたブームがなかった。今回の海南省のホテル料金の高騰は、短期的には利益を得たかもしれないが、海南旅行というブランドに大きなダメージを与えた。杭州の旅行市場を見ると、三亜旅行ツアーの人気は低迷しており、しばらくは低迷の状態が続くだろう」と語った。(編集担当:米原裕子)

最終更新:2月23日11時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000016-scn-cn

 

 逆に言えば、数千円の価値しかないものを16万円もの値段で売っていたのでしょうか?

 中国人はアコギな商売をしますね~♪dollar

 

 

 

 

 

|

« ウソツキチョーセン人、外交文書で確認 「獄中で暴行、迫害受ける」→本当はからかわれてケンカになっただけ | トップページ | 「笑っちゃう」23歳女性高官にウソ疑惑、「恋愛未経験」のはずがキス写真? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/33506326

この記事へのトラックバック一覧です: 一泊16万円から数千円に、ホテルの宿泊料が急落 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」:

« ウソツキチョーセン人、外交文書で確認 「獄中で暴行、迫害受ける」→本当はからかわれてケンカになっただけ | トップページ | 「笑っちゃう」23歳女性高官にウソ疑惑、「恋愛未経験」のはずがキス写真? »