« 「安重根はテロリストではない」韓国におもねる売国奴! | トップページ | 一泊16万円から数千円に、ホテルの宿泊料が急落 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」 »

2010/02/23

ウソツキチョーセン人、外交文書で確認 「獄中で暴行、迫害受ける」→本当はからかわれてケンカになっただけ

A7

※ 画像はイメージです。

「獄中で暴行、迫害受ける」=金嬉老元受刑者の手紙公開-韓国外交文書

2月22日20時12分配信 時事通信

 【ソウル時事】静岡県で1968年に暴力団幹部ら2人を射殺後、温泉旅館に立てこもった「金嬉老事件」の金嬉老元受刑者(81)が、服役中に刑務所内で暴行や差別を受けたと訴えて、韓国の支援者に救済を求めていたことが分かった。韓国外交通商省が22日、金元受刑者が支援者にあてた手紙などの外交関連文書を公開した。

 それによると、金氏はソウル在住の支援者、李在鉉氏に送った78年9月8日付の手紙で、「熊本刑務所内で暴行や民族的差別による村八分的迫害」を受けていると訴え、看守らによる人権侵害を主張。在韓日本大使館に告発するよう求めたほか、韓国で抗議行動や署名運動が展開できないかただした。

 これを受け、李氏は当時の朴正煕大統領らに陳情書を送付。日本政府への抗議と、金氏が早急に韓国で生活できるよう協力を要請した。

 しかし、韓国政府が福岡総領事館を通じ、金氏と直接面会して事実関係を調査したところ、実際はテレビで朴大統領による韓国軍閲兵の場面が放映された際、日本人受刑者が「おもちゃの軍隊」とからかったため、けんかになっていたことが判明した。

 同館は「刑務所当局者から暴行や不当な処遇を受けた事実はない」と結論。関係した日本人受刑者14人を分散収容するなど刑務所側は「満足できる措置」を取り、金氏に「格別の配慮」をしていると本国に報告した。韓国政府はこれを踏まえ、李氏に「了承してほしい」と回答した。 

最終更新:2月22日20時16分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000162-jij-int

 

 チョーセン人は今も昔も大嘘つきですね。

 こんなデタラメな民族は、地球上からいなくなればいいのに~!dog

 

 

 

 

 

|

« 「安重根はテロリストではない」韓国におもねる売国奴! | トップページ | 一泊16万円から数千円に、ホテルの宿泊料が急落 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/33497991

この記事へのトラックバック一覧です: ウソツキチョーセン人、外交文書で確認 「獄中で暴行、迫害受ける」→本当はからかわれてケンカになっただけ:

« 「安重根はテロリストではない」韓国におもねる売国奴! | トップページ | 一泊16万円から数千円に、ホテルの宿泊料が急落 「1万元払えばモルジブやバリ島にも行けるのに、なぜ三亜でなければならないのか」 »