« 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? | トップページ | 100%当たる北朝鮮の占い師、金正日の死を予言して行方不明に! »

2010/04/23

ダムができたので水がなくなった! → 農民が大量に地下水をくみ上げ地盤沈下!

A2

※ 画像はイメージです。

すでに琵琶湖5杯分!傾く家、走る亀裂…中国・華北地域の地下水問題

4月23日11時58分配信 サーチナ

 かつては豊かな水をたたえていた華北地域が、今や世界最大の「地盤沈下」地域になりつつある。その深刻な状況を、湖南省のメディア紅網がレポートした。

 レポートでは、河北省隆尭県西店子村の様子を伝えている。同村に住む農民、董さんの家は2005年の大雨で家に亀裂が入って以降、次々と地面や家屋に亀裂が入り、現在では家の南側が40センチメートル傾いているという。このような状況が発生しているのは董さんの家だけではない。ほかにも30度傾いた家があったり、真っ二つに裂けてしまった家もあるとのことだ。そして西店子村を中心に、北西、東南それぞれの方向に地面の亀裂が数キロメートルに渡って走っているという。

 西店子村はもともと華北平原にある普通の村だった。村にはかつて澧河(れいが)と呼ばれる清流が流れ、農民たちはこの川の水を灌漑に使用していた。澧河は、1960年代まではしばしば洪水を起こすほどの豊富な水量をたたえていたのだ。

 70年代に入ると、洪水対策のために上流でのダム建造が始まり、79年に完成した。すると澧河の水は完全に枯渇したそこで農民たちは豊富な地下水に活路を見出したのである。80年代以降、5~6軒に1つの割合で井戸が掘られ、現在では人口3500人、土地300ヘクタール(東京ドーム60個分)に計120の井戸が掘られた。当初は25メートル程度掘れば水が出てきたが、約30年の間に井戸の深さは120メートル前後まで掘り進められていった。

 華北地方の多くの地域で同じような現象が発生しているに違いない。政府が発表したデータによると、これまでに華北地方で採取された地下水は1200億立方メートル(琵琶湖の貯水量の約5倍)となっており、ある専門家からは2000億立方メートルに及ぶという声も挙がっている。

 このような統計が出ている上に、大規模な地盤沈下が発生しているにもかかわらず、西店子村の農民たちは「深刻な水不足」であることを自覚しておらず、「出なくなったらまた掘ればいい」と考えているようだ。

 華北平原がある北京市、天津市、河北省ではこれまでに20あまりの地域で地下水の過剰採取による「漏斗型」の知版沈下が発生しており、その規模は全部で5万平方キロメートルにも及ぶという。河北省のある地域では、深さ800メートルの井戸を掘っているとのことだ。

 黄河の渇水、工場排水による水質汚染、そして地下水問題…華北地域の水問題は相当深刻である。はたして現在進行中の「南水北調」プロジェクトがその救世主となるのだろうか。(編集担当:柳川俊之)

最終更新:4月23日11時58分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000031-scn-cn

 

 ダムができて農業用の水がなくなるって言うのもおかしな話ですが、それで農民が際限なく地下水をくみ上げるというのもおかしいですね。

 最初から中国政府が農民に対して必要な水を与えていれば何の問題も起こらなかった話だと思うのですが~♪

 

 

 

 

 

|

« 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? | トップページ | 100%当たる北朝鮮の占い師、金正日の死を予言して行方不明に! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34352843

この記事へのトラックバック一覧です: ダムができたので水がなくなった! → 農民が大量に地下水をくみ上げ地盤沈下!:

« 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? | トップページ | 100%当たる北朝鮮の占い師、金正日の死を予言して行方不明に! »