« 軍靴の音が聞こえる! 中国海軍の駆逐艦、海自機に速射砲の照準を合わせる。 冷戦時代の旧ソ連でさえも取ったことがない挑発的な行動! | トップページ | 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? »

2010/04/22

中国の国際的イメージが悪いのは、西側メディアのせい?

Ar10

※ 画像はイメージです。

世論調査の結果、中国の国際イメージは「回復傾向」―中国メディア

4月21日18時30分配信 サーチナ

 イギリス・BBCやアメリカ・メリーランド大学などが実施した中国のイメージ調査の結果が国内外のメディアによって報じられているが、中国系英語ニュースサイト「チャイナデイリー」は調査の結果を「中国のイメージは底を脱し、回復傾向にある」と分析した。

 記事では、28カ国・地域の約3万人に対して行われた調査で、前年比2ポイント増の41%が中国に対してポジティブなイメージを持っていると回答したこと、中国が世界に対してポジティブな影響よりもネガティブな影響を多く与えていると回答した割合が38%で昨年より2ポイント減少したことを伝えた。

 この結果について中国共産党中央党校国際戦略研究所の宮力教授は「中国の国家イメージは上昇傾向にあり、イメージダウンは突発的な事件による一時的なものだ」との見解を示し、「世界経済の回復をけん引した以外にも、中国は常任理事国中で国外への平和維持部隊を最も多く派遣し、温暖化対策の約束も最も多く守っている」と「イメージ回復」の理由について語った。

 調査結果では、中国を除く27カ国・地域中で中国に対してポジティブな印象、ネガティブな印象を持つ国・地域がそれぞれ12ずつと、国際社会においてちょうど半々のイメージであることが明らかになった。昨年の調査でネガティブイメージを持つ人が52%いたフィリピンでは、今回の結果では逆にポジティブイメージが55%と過半数を占めて大きな変化が見られた。また、日本もネガティブイメージの比率が21ポイント下がり、ポジティブイメージが前回の8%から18%まで上昇した。

 一方で、ヨーロッパにおける中国のイメージは相変わらずネガティブな状態が続いている。これについて中国現代国際関係研究院ヨーロッパ研究所長の馮仲平氏は「西側メディアは中国に対して辛らつな態度をとっており、中国を『潜在的な脅威』とみなしている。市民が持つ印象もメディアによって左右されてしまっており、偏見が生じている」と分析した。(編集担当:柳川俊之)

最終更新:4月21日18時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000088-scn-cn

 

 中国のイメージが悪いのは、西側メディアの偏った報道のせいだそうです。

 最近のニュースを見ても、とてもそんなようには見えませんが、それが中国共産党独裁政権の見解のようです。

 偏見があるのは、一体誰なのでしょうか~?chick

 

 

 

 

 

 

|

« 軍靴の音が聞こえる! 中国海軍の駆逐艦、海自機に速射砲の照準を合わせる。 冷戦時代の旧ソ連でさえも取ったことがない挑発的な行動! | トップページ | 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34326428

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の国際的イメージが悪いのは、西側メディアのせい?:

« 軍靴の音が聞こえる! 中国海軍の駆逐艦、海自機に速射砲の照準を合わせる。 冷戦時代の旧ソ連でさえも取ったことがない挑発的な行動! | トップページ | 上海万博パクリソング作曲家が盗作否定!…って、無謀じゃないの? »