« 中国海軍の大規模な合同訓練、艦艇10隻が沖縄本島と宮古島の間を通過! | トップページ | 香港の新聞がとんでもない人名ミス! 胡錦濤中国国家主席の写真に投獄中の反政府人権活動家、胡佳氏の名前が! »

2010/04/14

チベットでM7.1の強い地震

A5

※ 画像はイメージです。

チベット族自治州で14日朝、マグニチュード7.1の強い地震―青海省

4月14日12時9分配信 Record China

 2010年4月14日午前7時49分頃(現地時間=以下同)、中国西部・青海省玉樹チベット族自治州玉樹県でマグニチュード7.1クラスの激しい地震が発生した。詳しい死傷者数はまだ公表されていないが、家屋の倒壊で相当数の犠牲者が出たと見られる。中国地震台ウェブセンターの情報を中国新聞網が伝えた。

 震源は同自治州の玉樹県付近で、深さはおよそ3300m。報道によれば、同日午前5時39分頃にもマグニチュード4.7クラスの地震が発生しており、震源の深さはおよそ6000mだった。多くの建築物が耐震構造のないレンガ造りのため、多くが倒壊し多数の死者が見込まれる。

 玉樹チベット族自治州は青海省南西部の青蔵高原中腹、平均標高4200mの場所に位置する。総人口は28万3100人で、チベット族が26万9800人と95.3%を占める。「玉樹(ユーシュー)」との地名は、この地方の伝統的呼称「ユルシュル」に由来し、チベット語での意味は「遺跡」だという。同自治州は玉樹県のほか、称多(ティドゥ)・嚢謙(ナンチェン)・雑多(ザトェ)・治多(ディトェ)・曲麻莱(チュマルレプ)の5県を管轄している。(翻訳・編集/岡田)

最終更新:4月14日12時9分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000010-rcdc-cn

 

<続報>地震で民家の99%が倒壊、死者は300人に―青海省玉樹チベット族自治州

4月14日15時41分配信 Record China

 2010年4月14日、中国西部・青海省玉樹チベット族自治州玉樹県でマグニチュード7.1クラスの激しい地震があり、これまでにおよそ300人の死亡が確認された。新華網、中国新聞社、中国広播網など複数のメディアが伝えた。

 震源は同自治州の玉樹県上拉秀郷日麻村で、深さはおよそ3300m。同州委宣伝部の卓華夏(ジュオ・ホワシア)副部長は電話取材に対し、地震による土砂崩れで同県の中心地・結古鎮の空港に通じる道路は寸断され、通信もマヒしているため、飛行機による救援物資の輸送が可能かどうか分からない状態だと答えた。被災地ではテントや医療器具、薬や医療スタッフなどが不足しているという。

 被災地は多くの建築物が耐震構造のないレンガ造りのため、民家の99%が倒壊し、けが人は8000人にのぼると見られている。卓副部長は「震源地付近は放牧地で民家も少ないため、結古鎮ほど被害は大きくない」と話した。

 また、震源地から200キロほど離れた場所を走る青蔵鉄道(青海チベット鉄道)は、今のところ大きな影響はないと伝えられている。(翻訳・編集/NN)

最終更新:4月14日15時41分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000014-rcdc-cn

 

 チベットで地震と言う事で被害が気になりますね。

 中国がまともな救助活動を行うのかどうかも注視しなければいけませんね。

 

 

 

 

 

 

|

« 中国海軍の大規模な合同訓練、艦艇10隻が沖縄本島と宮古島の間を通過! | トップページ | 香港の新聞がとんでもない人名ミス! 胡錦濤中国国家主席の写真に投獄中の反政府人権活動家、胡佳氏の名前が! »

フリーチベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34225951

この記事へのトラックバック一覧です: チベットでM7.1の強い地震:

« 中国海軍の大規模な合同訓練、艦艇10隻が沖縄本島と宮古島の間を通過! | トップページ | 香港の新聞がとんでもない人名ミス! 胡錦濤中国国家主席の写真に投獄中の反政府人権活動家、胡佳氏の名前が! »