« 前提失った外国人参政権推進論と事実を伝えないマスコミ | トップページ | 地下鉄の車内でピーナッツの殻を足元に捨てる非常識な韓国人 »

2010/04/05

韓国の携帯電話の位置情報、ニューヨークにいるのに鬱陵島と表示される

F5

※ 画像はイメージです。

携帯電話の位置追跡、NYと鬱陵島を誤ったワケ

2010年04月04日11時03分 / 提供:朝鮮日報

 家族が米国に行ったのを知らず、携帯電話の位置追跡を信じて鬱陵島を探し回ったニュースが報じられ、このような状況に至った経緯について関心が集まっています。これまで携帯電話の位置追跡はミスを犯したことがありませんでした。

 京畿道安山市に住むイムさん(42)は2月1日、夫人(38)と夫婦喧嘩をしました。その後、夫人が10歳と5歳の子を連れて家を出ました。イムさんは3日間連絡がなかったため消防署に携帯電話の位置追跡を要請しました。SKテレコムは証書の依頼を受け、「慶尚北道鬱陵郡の基地局で子の携帯電話の信号をキャッチした」と通知しました。

 イムさんは早速警察に失踪申告を提出し、警察と消防当局は先月6日から鬱陵島を捜索し始めました。乗客リストを確認し、ホテルや民宿を当たったが、形跡はありませんでした。そうした中、8日晩に夫人から国際電話がありました。「子どもたちと一緒に姉の住むニューヨークを行った」とのことでした。どうしてこういうことになったのでしょうか。

 SKテレコムは「米国行きの飛行機が鬱陵島の上空を通過し、太平洋を渡ったため」と説明しました。携帯電話の位置追跡の過程は次の通りです。携帯電話の所持者が移動すると管轄の基地局が変わるたびに該当基地局に位置を登録します。本来の目的は位置を追跡するためのものではなく、「現在どこどこの基地局の管轄に入ったため、電話があった場合はこちらに信号を送れ」という意味です。

 こうした位置情報は交換機というサーバーに保存されますが、移動履歴すべてが残るのではなく、最終情報だけ保管され、その後新たな情報が入らない限り、最終情報のままです。イムさんの子が機内で携帯電話の電源を切らず、その飛行機が鬱陵島上空を最後に太平洋に行ってしまったためこうした記録が残ったというわけです。

 では数キロ上空を飛行している飛行機内でも携帯電話での通話が可能でしょうか、携帯電話の基地局が電波をキャッチできる距離は、障害物がない場合で最大10キロほどです。飛行機の飛行高度は9キロ前後です。しかしSKテレコムの関係者は「飛行機は数秒間にいくつかの基地局を通過するため円滑な通話は難しい」と説明しました。

張祥鎮(チャン・サンジン)記者

http://news.livedoor.com/article/detail/4698833/

 

 ニューヨークにいるのに、鬱陵島を探し回っている韓国人ってバカですね。

 韓国人には、最新の科学技術とか利用するのは無理だと思います~♪phoneto

 

 

 

 

 

|

« 前提失った外国人参政権推進論と事実を伝えないマスコミ | トップページ | 地下鉄の車内でピーナッツの殻を足元に捨てる非常識な韓国人 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34078828

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の携帯電話の位置情報、ニューヨークにいるのに鬱陵島と表示される:

« 前提失った外国人参政権推進論と事実を伝えないマスコミ | トップページ | 地下鉄の車内でピーナッツの殻を足元に捨てる非常識な韓国人 »