« 金正日、極秘に中国を訪れる!? | トップページ | 上海万博で見えた中国人のホンネは「日本大好き!」 »

2010/05/04

パクリ騒動の総本家=北京の「石景山遊楽園」では、今でもミニーマウスやクマのプーさんに酷似したキャラクターの風船が販売されていた!

Aaa

※ 画像はイメージです。

パクリ騒動の本家、北京の「石景山遊楽園」は変わっていなかった!

5月3日0時10分配信 サーチナ

 万博が開幕し、熱気と興奮に包まれている上海だが、5月1日のメーデーを迎え、北京にあるパクリ騒動の本家とも言える「石景山遊楽園」が春のイベントを開催している。チャイナネットが伝えた。

 石景山遊楽園といえば、「ディズニーは遠すぎる。石景山遊楽園にいらっしゃい」をキャッチフレーズに、ディズニーランドに酷似した園内設計と、ミッキーマウスやミニーマウスに酷似したキャラクターが園内を闊歩していることで有名になった遊園地だ。

 2007年、園内にいたネズミのキャラクターに対し、さまざまなメディアから「ミッキーマウスのパクリでは?」と指摘されると、石景山遊楽園は「ネズミではなく、耳の非常に大きな猫」と回答してパクリを否定した。しかし、騒ぎが拡大すると、北京市版権局は同園に対して知的財産権侵害の可能性があるキャラクターの展示やパフォーマンス、関連商品の販売の停止を指示した。

 石景山遊楽園の春のイベントは今年で第10回目の開催となり、今年は「環境保護と低炭素社会」をテーマに、低炭素生活を実現するためのコツや課外活動などが行われるという。

 上海万博ではPRソングやマスコットキャラクターに対して盗作騒動が持ち上がったばかり。パクリ騒動の本家とも言える北京の石景山遊楽園では今でもミニーマウスやクマのプーさんに酷似したキャラクターの風船が販売されていた。(編集担当:畠山栄)

最終更新:5月3日0時10分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100503-00000000-scn-cn

 

 う~ん、中国はすばらしいですね~。

 のど元すぎればナンとやらで、今ではもとの木阿弥でしょうか?

 反省すらできない中国人はサル以下ですね~♪carouselpony

 

 

 

 

 

|

« 金正日、極秘に中国を訪れる!? | トップページ | 上海万博で見えた中国人のホンネは「日本大好き!」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34496193

この記事へのトラックバック一覧です: パクリ騒動の総本家=北京の「石景山遊楽園」では、今でもミニーマウスやクマのプーさんに酷似したキャラクターの風船が販売されていた!:

« 金正日、極秘に中国を訪れる!? | トップページ | 上海万博で見えた中国人のホンネは「日本大好き!」 »