« 中国を代表する名門大学、清華大学の卒業生と北京大学の教授が、駅で殴り合いのケンカ | トップページ | 「中国の歴史教科書は95%デタラメだ!」 »

2010/05/09

泥棒が見つかりそうになり、マネキンのフリをする中国人!

C3

※ 画像はイメージです。

世界の失笑ニュース(マネキンが泥棒)

2010年05月08日17時00分 / 提供:リアルライブ

 上海の衣料品店での事件。

 朝出勤してきた警備員が、シャッターが壊されていることに気づく。慌てた警備員に呼ばれてやって来た警察。付近を捜索するが、異常なしである。「おかしい」ということで再度捜索。
 すると。履いている靴の布地がやたら古びたマネキンが一体。「こいつだ!」ということになり、あえなく“マネキン”は逮捕となった。靴が古びてなかったら、捕まっていなかったであろう。

 泥棒はかなりのパントマイムを駆使していたのか。それなら他にも仕事はあっただろうに。マネキンポーズとは、手を腰の横に乗せたもの。それで最初はやり過ごせたのだから、泥棒としての才能が相当なものだったようだ。「マネキンが衣料品店にあるのは当たり前である」という心理に警察さえ騙されるという素晴らしい心理戦である。
 この泥棒。余罪が70件ほどあるかなりのプロで、共犯も逮捕された。マネキンのまねをして、人を欺くとはまるでコントのようだ。だからこそ、警察も騙されかけたのかもしれない。

 大怪盗『アルセーヌ・ルパン』シリーズ(モーリス・ルブラン著)の中でも、捕まったルパンが刑務所の中で、無造作に投げ入れていた引き出しの密書について、
 「本当に隠したいものこそ、誰にでもわかる場所に置いておくのがいい。そんなところに大切なものがあるなど、他人は思いつかない」
と言っていたくだりがある。

 なるほど。自分を隠すにも使える方法だったのである。このマネキンになった泥棒には更生してもらい、新たなる道でその機転を活用してほしいものである。

http://news.livedoor.com/article/detail/4758329/

 

 警察に見つかりそうになって、思わずマネキンの真似をしてごまかそうとするなんて、お茶目なヤツなのでしょうか?

 ドリフのコントの見すぎじゃないですかね~♪chick

 

 

 

|

« 中国を代表する名門大学、清華大学の卒業生と北京大学の教授が、駅で殴り合いのケンカ | トップページ | 「中国の歴史教科書は95%デタラメだ!」 »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34606278

この記事へのトラックバック一覧です: 泥棒が見つかりそうになり、マネキンのフリをする中国人!:

« 中国を代表する名門大学、清華大学の卒業生と北京大学の教授が、駅で殴り合いのケンカ | トップページ | 「中国の歴史教科書は95%デタラメだ!」 »