« アメリカが中国を「海賊版監視優先国」に指定!―政府は非難、国民は冷静 | トップページ | 「李白は韓国人は虚報」に中国人が反発、「韓国大使館は自分の論調に都合のよい事例だけを取り上げている!」 »

2010/05/25

金日成バッジの正しい触り方? …って、どうでもいい!

A7

※ 画像はイメージです。

恐れ多いぞ、金日成バッジに触るなんて!訪中の北朝鮮人、中国人を厳しく叱責―中国メディア

5月24日22時37分配信 Record China

 2010年5月21日、ネット掲示板にタイトル「北朝鮮の女性が教えてくれた、金日成バッジはどう触るべきか=いやはや恐れ入りました」の書き込みが掲載され、注目を集めている。以下はその抄訳。

 先日、中国南部への出張のため北京の空港へ向かった。そこで出くわしたのが数十人もの北朝鮮人。青い制服に身を包み、北朝鮮国旗と金日成のバッジを付けていた。どうやら北朝鮮の官僚のようで、中国に研修に来たようだった。

 私と北朝鮮の一行は同じ飛行機に乗り合わせた。大型機だったが中はがらがら。中央の4列はほどんど人がいなかった。あるいは北朝鮮一行への配慮なのかもしれない。北朝鮮人は規律正しい人々だと思っていたが、フライトが始まって驚いた。彼らは空いている4列にごろんと寝転がり、すやすやと寝始めたではないか。物質文明を享受することは誰にも教わる必要はない。機会があればすぐに順応するのだと教わった。

 さて飛行機を降りた後のこと。仲良くなった北朝鮮官僚のバッジを触らせてもらおうと私は手を伸ばした。するとどうだろう。その場にいたすべての北朝鮮人が声を一つに「やめなさい」と制止した。大声ではなかったものの、彼らが激怒していることはよくわかった。

 驚いている私の前に進み出てきたのは一人の北朝鮮女性。どのようにバッジを触るのか、その作法を教えてくれた。まずは直立。両目で真摯にバッジを見つめる。両手をあわせ手のひらを上にし、バッジの下にゆっくりと手を動かす。最後に手のひらにバッジを写し、この偉大なバッジをじっと眺めるのだという。

 同じ個人崇拝でも中国人はここまで細かくはなかった。せいぜい歌や踊りといった部類。こうした個人崇拝はまさに人類の「奇観」とでも言うもの。再び目にする機会を得たのは幸運だったということだろうか。(翻訳・編集/KT)

最終更新:5月24日23時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100524-00000030-rcdc-cn

 

 …とは言っても、日本から見れば中国も北朝鮮も似たようなものですけどね~♪pig

 

 

 

 

 

|

« アメリカが中国を「海賊版監視優先国」に指定!―政府は非難、国民は冷静 | トップページ | 「李白は韓国人は虚報」に中国人が反発、「韓国大使館は自分の論調に都合のよい事例だけを取り上げている!」 »

I LOVE 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/34875237

この記事へのトラックバック一覧です: 金日成バッジの正しい触り方? …って、どうでもいい!:

« アメリカが中国を「海賊版監視優先国」に指定!―政府は非難、国民は冷静 | トップページ | 「李白は韓国人は虚報」に中国人が反発、「韓国大使館は自分の論調に都合のよい事例だけを取り上げている!」 »