« 「気分が悪いから」、中国の男性が自分のチ○チ○を切断! | トップページ | 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? »

2010/07/13

「救急車を病人の搬送につかってはならない」、新しい救急車は院長のマイカー代わりアルヨ!

B3

※ 画像はイメージです。

院長「救急車を搬送に使うな」、自分を送迎させ患者は死亡=中国

7月12日15時48分配信 サーチナ

 衛生院(診療所)に運び込まれた患者の容態が、ただごとでない。診察した副院長は、ただちに設備の整った病院に搬送する必要があると判断したしかし、衛生院が保有していた救急車は、院長の送迎に使用中だった。院長は以前から
「患者の搬送に救急車を使うな」
と命じていたという。大河網、中国新聞社が報じた。

 河南省駐馬店市確山県蟻峰鎮に住む孫永軍さん(43歳)は1日午後7時30分ごろ、買い物のため家を出ようとした時、意識を失い倒れた。蟻峰衛生院に運ばれたのは約10分後。当直していた郭国珍副院長は脳出血と診断。ただちに設備の整った病院に運ぶ必要があると判断した。

 同衛生院は救急車を保有していた。家族が利用を求めると、郭副院長は
「今、ここにない。何か別の車を手配するあてはありませんか」
という。家族は車を持つ知人に助けを求めた。到着した車を見ると小さすぎて、横たわる孫さんを入れることができない。

 結局、副院長は午後8時ごろになり、救急車の出動を求める「120番」に電話。離れたところにある病院が保有する救急車が衛生院に向かった。しかし孫さんは救急車が到着する前に死亡した。午後9時10分だった。

 衛生院の汪清賀院長と同衛生院の救急車の運転手によると7月1日の夜、救急車は汪院長を乗せ、県衛生局に立ち寄った後、汪院長を自宅に送った。その後、救急車は衛生院に戻ってきた。

 郭副院長は
「あの晩、(衛生院の)救急車があったとしても、私には使う権利がありませんでした」
と述べた。
院長が会議で何度も
「救急車を病人の搬送につかってはならない」
と命じていたからという。
郭副院長によると、院長は
「まず、家族自身に車を手配させろ。だめなら120番に連絡しろ」

と指示していた。

 ただし、汪院長はニュアンスが違うと反論。人員不足のため、同院の救急車の運転手は、放射線科の主任が兼任。そのため「通常時には、120番に連絡しろ」と指示しただけという。

 同院では、古い救急車が老朽化して使えなくなったため、最近になり新しい救急車が配備された。汪院長は、
「いつもは別の場所の救急車を手配してもらうので、(衛生院に新しく配備された)救急車をつかうことは、少なかった」
と述べた。

 病院スタッフに「新しい救急車で、患者を搬送しているのですか」と尋ねたところ、当惑した笑みを浮かべたり、頭を振ったりで、きちんと答える人はいなかった。近くの商店主に聞いてみたところ、
「ほとんどなかった。いつも院長が使っていた。マイカーみたいなものだよ」
との答が返ってきたという。

 院長は、孫さんが死亡した原因に「時間の空費」もあったと認め、「われわれにも責任の一部がある。3万元(約39万4000円)、できたら5万元(約65万7000円)の補償を考えている。県衛生局に申請して、認められなければ私と副院長が負担する」と述べた。(編集担当:如月隼人)

最終更新:7月12日15時48分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000062-scn-cn

 

 なんか、ついこの間も似たようなニュースがあったように思えるのですが、デジャヴでしょうか?

 緊急時に使えなければ救急車の意味がないでしょう!

 中国人は救急車の意味を知らないのでしょうか~?car

 

 

 

 

 

|

« 「気分が悪いから」、中国の男性が自分のチ○チ○を切断! | トップページ | 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/35726488

この記事へのトラックバック一覧です: 「救急車を病人の搬送につかってはならない」、新しい救急車は院長のマイカー代わりアルヨ!:

« 「気分が悪いから」、中国の男性が自分のチ○チ○を切断! | トップページ | 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? »