« 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? | トップページ | 韓国「フランス人も犬肉を食べていたニダ!」 »

2010/07/14

韓国の歴史捏造、「日本が大韓帝国の高宗皇帝の拉致を計画」しる?

Ao7

※ 画像はイメージです。

「日本が高宗王の拉致を計画」、韓国教授がドイツ外交文書を公開

7月13日15時22分配信 サーチナ

 韓国明智大学のチョン・サンス教授は12日、日露戦争直後に日本が大韓帝国の高宗皇帝の拉致を計画したとする、ドイツの外交文書のコピーを公開し、話題を集めている。

 メディアの報道によると、チョン教授が提示した2通の資料は、1905年2月14日と6月2日に当時ソウル駐在のドイツ公使が本国あてに送った電報で、当教授が2008年にドイツ外務省の政治文書保管所で発見し、コピーしたものだという。

 2月の文書は「日本が高宗を日本に連れて行こうとしたが、高宗が頑として拒否した」という内容。ドイツの皇帝が読んだ証しとされる「SM」の表示があり、余白には当時の皇帝ヴィルヘルム2世の筆跡とみられる鉛筆のメモもあるという。

 ただ、鉛筆で書かれたメモの部分ははっきりと見えず、記事では「拉致の試みが成功するはずがないという内容のものとみられる」とするチョン教授の解釈を伝えた。また、文書では「連れていく」という表現となっているが、当時の状況から判断すると「拉致とみなせる」というのがチョン教授の見解だ。

 一方、6月の文書はドイツの公使が当時の米公使から聞いた話を、本国に知らせたもの。文書には「日本が朝鮮を保護国化し、高宗を廃位させ、日本に拉致しようとした」とのことに対して、イギリスは同意したが、アメリカは「保護国化の部分について決定を保留し、高宗の廃位と拉致については批判的だった」との内容が盛り込まれているという。

 韓国メディアは、「1905年から日本が高宗を日韓併合の障害物として認識し、自国に拉致しようとしたのは単発的ではなく、数回あったことが確認できる」との見方を示した。(編集担当:金志秀)

最終更新:7月13日15時22分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000067-scn-kr

 

【拉致】

[名](スル)むりやりに連れていくこと。らっち。「何者かに―される」

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%8B%89%E8%87%B4&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=22310719145800

 

 『拉致』とは無理矢理連れて行くことを言うのです。

 拒否されてやめたことを『拉致』というのでしょうか?

 チョン教授は小学校からやり直したほうがいいですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

|

« 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? | トップページ | 韓国「フランス人も犬肉を食べていたニダ!」 »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/35738727

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の歴史捏造、「日本が大韓帝国の高宗皇帝の拉致を計画」しる?:

« 大雨の中、道路に水をまく散水車って…? | トップページ | 韓国「フランス人も犬肉を食べていたニダ!」 »