« W杯惨敗の北朝鮮代表を集め、思想批判集会が開かれたニダ~! | トップページ | 謝礼が少ないので肛門を縫われたアルヨ~! »

2010/07/29

韓国人がリビアで布教活動を行ったので断行の危機は誤報! 本当は韓国大使館職員がリビアでスパイ活動をしていたニダ~!

Aa5

※ 画像はイメージです。

リビア、韓国大使館職員をスパイ容疑で追放、韓国-リビア関係破綻か?

7月28日12時2分配信 サーチナ

 リビア政府が、在リビア韓国大使館の情報担当職員をスパイ活動疑惑で国外追放したことが分かった。スパイ活動は相手国との外交関係を破綻に導く重大な問題であるため、今後、韓国とリビアの関係悪化は避けられない様子だ。

 韓国メディアによると、リビア保安当局が韓国大使館職員による情報収集活動を、リビアの安全保障に危害を加えるスパイ活動とみなし、該当職員を国外追放、韓国政府に釈明と謝罪を要求していることが27日、判明した。韓国とリビアは最近関係が悪化しており、韓国ではリビア当局に宗教法違反容疑の容疑で逮捕された宣教師や韓国人農場主が原因ではないかと報じられていたが、実際には韓国政府の問題であった。

 韓国メディアは同件について、韓国外交通商省は当初、事態が円満に解決するまで、エンバーゴー(報道制限協約)を守るよう韓国メディアに要請。そのため、韓国メディアは政府が発表した通り、「韓国人宗教家が宣教活動を行ったことにより拘束された」、または「両国の関係悪化により韓国人宗教家が拘束された」などといった誤報を報じていたという。

 しかし、リビア現地のアラブ系メディアは、韓国大使館職員の諜報活動(ちょうほうかつどう)が問題になり、両国の関係が危機的な状況になっていると報道。韓国大使館の情報担当職員が、リビアの最高指導者カダフィ大佐の国際援助機構の調査と、息子が運営するアラブ圏内の組職に対して諜報活動をし、この事実を把握したリビア当局が韓国政府に問題提起をしたと報じた。

 また、駐韓リビア経済協力代表部の職員が、韓国政府に何の通知もなく6月に帰国した問題も、韓国政府に抗議する意味で代表部を撤収させたものであった。代表部が撤収して以降、韓国政府は李明博(イ・ミョンバク)大統領の兄でハンナラ党の李相得(イ・サンドク)議員を特使でリビアに送り関係の改善を図ったが、リビア側は李議員を門前払いするなど全く応じないという。

 現地メディアは、韓国大使館に勤務していたリビア人職員もスパイ容疑で逮捕されたと報じており、両国は最大の危機を迎えている。(編集担当:新川悠)

最終更新:7月28日12時2分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000028-scn-kr

 

 韓国のニュースは誤報だらけで困りますね。

 でも、誘拐でもないのにエンバーゴー(報道制限協約)をする必要があるのでしょうか?

 韓国の役人が権力を振りかざしたかっただけではないのでしょうか~?chick

 

 

 

 

|

« W杯惨敗の北朝鮮代表を集め、思想批判集会が開かれたニダ~! | トップページ | 謝礼が少ないので肛門を縫われたアルヨ~! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/35931232

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人がリビアで布教活動を行ったので断行の危機は誤報! 本当は韓国大使館職員がリビアでスパイ活動をしていたニダ~!:

« W杯惨敗の北朝鮮代表を集め、思想批判集会が開かれたニダ~! | トップページ | 謝礼が少ないので肛門を縫われたアルヨ~! »