« 隣にいる老人が死んでもマージャンに夢中で見て見ぬふりをする中国人たち! | トップページ | 駐韓日本大使への投石事件「愚かな行為だが、日本も変わっていない」ニダ!? »

2010/07/09

「サムスンの法務部が動きますよ」ケイタイ爆発事故の口止め料?サムスンに顧客買収疑惑が浮上しる!

H5

※ 画像はイメージです。

【韓フルタイム】ケイタイ爆発事故の口止め料?サムスンに顧客買収疑惑が浮上

2010年07月07日15時00分 / 提供:韓フルタイム

 サムスン製のケイタイ電話が爆発したというニュースをお伝えしてから2カ月余。人々の関心もだいぶ消えかけていたところに、韓国で再びサムスンケイタイ爆発に関する話題が報じられている。

 だが、今回の報道は新たな爆発事故の発生を知らせるものではなく、5月に韓国で起きた事故のケイタイ所有者と、サムスン側との事故後のやりとりについてである。

 韓国メディア「プレシアン」によると、事故後、ケイタイが発火し故障したのは「本体の結合部分」が原因だとする所有者側と、「外部の影響」だとするサムスン側とで主張が真っ向から対立していたという。だがある時、サムスンが所有者に
「500万ウォン(約36万円)を支払いますよ」
と提案をしてきたのだとか。

 しかし、それには条件があった。
「民・刑事訴訟をしないこと」
「ケイタイ事故を報じたメディアに電話をして、記事の削除を要請すること」
「ケイタイ事故が内部結合によるものではなく、外部発火によるものだとする報告書に同意すること」。

 つまり、500万ウォンを渡すので事故について黙り、事故は顧客の過失だったことにしてほしい…ということのようだ。

 サムスンは同意書への署名を迫ったが、所有者は納得がいかないとしてこの提案を拒否。そのため、サムスン側の担当者は所有者に、
「サムスンの法務部が動きますよ」
などと、さまざまな方法で圧力をかけてきたという。

 現在、韓国でこのニュースを報じているメディアはたったの3社。事故当時も、掲載された記事が後日削除されるなど、メディアへの圧力があったとのウワサも流れており、今回も大手メディアによる積極的な報道はなさそうである。

 「プレシアン」が今回の出来事についてサムスンに確認の電話をしたところ、次のような返答が返ってきたという。

 「イさん(ケイタイ所有者)のケイタイが燃えた理由は、外部で発生した熱がケイタイに伝わったから。合意金はイさんが最初に求めてきた」。

 果たしてどちらの主張が正しいのか…サムスンのケイタイ爆発事故は、しばらくくすぶりそうな気配である。

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。

http://news.livedoor.com/article/detail/4871751/

 

 「サムソンの法務部が動きますよ」って、完全な脅迫ですよね。

 こんなヤクザまがいのことをしていたら、世界有数の電機メーカーとはいえ、サムソンがつぶれる日も近いですね~♪mobilephone

 

 

 

 

 

|

« 隣にいる老人が死んでもマージャンに夢中で見て見ぬふりをする中国人たち! | トップページ | 駐韓日本大使への投石事件「愚かな行為だが、日本も変わっていない」ニダ!? »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/35677930

この記事へのトラックバック一覧です: 「サムスンの法務部が動きますよ」ケイタイ爆発事故の口止め料?サムスンに顧客買収疑惑が浮上しる!:

« 隣にいる老人が死んでもマージャンに夢中で見て見ぬふりをする中国人たち! | トップページ | 駐韓日本大使への投石事件「愚かな行為だが、日本も変わっていない」ニダ!? »