« 韓国海軍が「丸太」を「北朝鮮の潜水艇」と誤認して、爆雷30発投下したニダ~! | トップページ | 爆笑! わが中国の「城管」は世界最凶! 「城管」の凶暴さを強調するため、考えつく限りの「戦記もの風の風刺」を書き連ねたアルヨ~! »

2010/09/11

韓国の「パリパリ文化」について、このブログでも触れておいたほうがいいような気がします。

A7_2

※ 画像はイメージです。

駆け込み乗車は当たり前!?韓国特有の「パリパリ」文化とは?

2010年09月10日14時00分 / 提供:ここヘンJAPAN

 韓国では「パリパリ」という言葉をよく使います。「パリ」とは「早く」という意味で、「パリパリ」は「早く早く」と何かを急かす時などに使われる表現です。日本でも都心に行けば、車や人の動きが早く感じられるものですが、韓国では車や人の動きは当然のこと、すべての動作に対して早さを求められるような、そんな雰囲気があります。

 ヨンさん(仮名・韓国人)は、常にパリパリを求める韓国の問題点について、以下のように考察しています。----------

 外国人たちが韓国人を見て一番始めに思い浮かべるのは、たぶん「パリパリ」という言葉だと思います。以前、日本人の友達に「韓国人はなんでも早くしようとすると思う?」と聞くと、友達は「早くして~早く行け~早く食べろ~韓国人はとても忙しいよね」と答えた。本当にそうだと思う。

 交通機関を利用する時も、韓国人の「パリパリ」習性は現れます。バスが遠くから見えはじめるとそのバスに駆け寄り、地下鉄が到着するとドアが開くや否や乗り込んで降りようとする人たちに迷惑をかけます。

 韓国人のこのような「パリパリ」文化は、70年代の近代化で、過程よりも結果を優先する風潮により生まれたものです。当時の韓国は生きるのが精一杯だったため、他人よりも寝ず、遊ばず、常に忙しく生きなければなりませんでした。このような努力により今の韓国は経済大国に発展できた訳ですが、「パリパリ」文化は韓国社会に多くの歪みを作り大切なものを忘れさせました。

 「パリパリ」文化は経済の高度成長とは別に、多くの問題を含んでいます。今からでも韓国は何が重要なのか考える必要があるかもしれません。人間の究極の目標は幸せです。なのに、韓国ではそれを忘れて生活するケースが多いようです。お金をたくさん稼ぐ、良い大学に入学する、良い会社に入社するなど、物質的なものだけを追求しています。そろそろ、なり振り構わず急ぐ現代社会の早いテンポから、ひと呼吸してみる必要があるのではないでしょうか。「ゆっくりの美学」こそ、韓国が追求しなければならないものだと思います。

----------

 「パリパリ」文化の中で生きてきた韓国人は、日本に来ると、韓国のパリパリ具合を痛感するそうです。でも、「パリパリ」文化は良い部分もあります。例えば、書類を申請した場合に日本では数日かかりそうなものが数時間でできたり、インターネットの接続を頼めば、その日のうちに使えるように作業してくれます。「パリパリ」文化も一長一短といったところのようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/5001454/

 

 日本にいる親韓派=売国奴はよく、「韓国のパリパリ文化はすばらしい」と言いますが、そんなもののどこがすばらしいのでしょうか?

 当の韓国人でさえ否定的な意見を述べていますし、それに日本は昔から「急いては事を仕損じる」「あわてる○○はもらいが少ない」というではありませんか。

 それとも日本の売国奴たちは駆け込み乗車を推奨しているのでしょうか?

 こんな怪しいことを平気で言う輩は、日本から消えてほしいですね~♪smile

 

 

 

 

 

|

« 韓国海軍が「丸太」を「北朝鮮の潜水艇」と誤認して、爆雷30発投下したニダ~! | トップページ | 爆笑! わが中国の「城管」は世界最凶! 「城管」の凶暴さを強調するため、考えつく限りの「戦記もの風の風刺」を書き連ねたアルヨ~! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/36656804

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の「パリパリ文化」について、このブログでも触れておいたほうがいいような気がします。:

« 韓国海軍が「丸太」を「北朝鮮の潜水艇」と誤認して、爆雷30発投下したニダ~! | トップページ | 爆笑! わが中国の「城管」は世界最凶! 「城管」の凶暴さを強調するため、考えつく限りの「戦記もの風の風刺」を書き連ねたアルヨ~! »