« 「尖閣渋谷2600人反中デモ」日本のマスコミは華麗にスルー | トップページ | 中国の高速バス「定員の2倍超乗せる、行き先はウソ、高速道路上で乗降者」何でもありアルヨ~! »

2010/10/04

7つ星ホテルで、「これが7つ星ホテルか?あ?こんなもんか?」と部下を怒鳴りつけていた中国人がいたアルヨ~!

F4

※ 画像はイメージです。

<レコチャ広場>外国人が見た醜い中国人=その悪癖の数々

Record China 10月3日(日)22時45分配信

 2010年9月30日、南アフリカ・ヨハネスブルク市在住のコラムニスト・王暁鵬(ワン・シャオポン)氏は記事「外国人が見た醜い中国人」を掲載した。以下はその抄訳。

 世界十大旅行都市に数えられるケープタウン。そのウォーターフロント地区に2年前、人気の中華レストランがあった。ところが中国人観光客が押し寄せてくるようになり、このレストランの運命は変わった。中国人旅行客が窓からタバコを投げ捨て、階下のレストランのテーブルの上に落ちてくる。大声で騒ぐのでまわりのレストランの客が減った。酔っぱらった客が裸になって外に出て写真を撮る……。結局、入居先の管理組合がテナント料を大幅に引き上げて、この中華レストランが出て行くように仕向けたのだった。

 外国人の目には他にも多くの中国人旅行客の欠点が写っているようだ。ところかまわずタンを吐く。ゴミをポイ捨てする。トイレを使った後に流さない。若者、とりわけ富豪の子息らが日韓文化の影響を受け、奇怪な格好をする。犬肉に猿肉、そして人肉まで食べる(広東省など中国の一部には胎盤を食べる習慣がある)。大声で騒ぎ興奮して我を忘れる、などなど。

 最後にもう一つ、あまりにも恥ずかしい事例を紹介しよう。南アフリカのリゾート地、カジノの街として知られるサンシティで働いている友人から聞いた話だ。3年ほど前のこと、中国地方政府の視察団を接待したという(ここではなぜカジノを視察する必要があったかは言わないことにしよう、別の話だ)。彼らを7つ星ホテルに案内した時のこと。中年の女性幹部はロビー天井のシャンデリアをにらみつけながら、部下に
「これが7つ星ホテルか?あ?こんなもんか?」
と怒鳴りつけていたという。周囲の客もスタッフもみな驚いて女性幹部を見ている。私の友人は、
「あのおばさんを殴り殺して、私も飛び降り自殺しようかと思ったぐらいよ」
と、大恥をかいたと話した。

 「海外では、中国人一人一人が広告キャラクター」というではないか。旅行でも留学でも、必ず現地の風習に従い、中国の悪習をすてなければならない。「礼儀の国」中国を外国人の嘲笑の対象にしてはならない。(翻訳・編集/KT)

最終更新:10月3日(日)23時24分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101003-00000014-rcdc-cn

 

 中国人はユーモラスですね。

 こいつらのどこに礼儀があるのでしょうか?

 礼儀どころか常識すらもないですね~♪happy02

 

 

 

 

 

|

« 「尖閣渋谷2600人反中デモ」日本のマスコミは華麗にスルー | トップページ | 中国の高速バス「定員の2倍超乗せる、行き先はウソ、高速道路上で乗降者」何でもありアルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/37065092

この記事へのトラックバック一覧です: 7つ星ホテルで、「これが7つ星ホテルか?あ?こんなもんか?」と部下を怒鳴りつけていた中国人がいたアルヨ~!:

« 「尖閣渋谷2600人反中デモ」日本のマスコミは華麗にスルー | トップページ | 中国の高速バス「定員の2倍超乗せる、行き先はウソ、高速道路上で乗降者」何でもありアルヨ~! »