« 知的障害者を奴隷のように働かせている中国人アルヨ~! | トップページ | 中国から盗んだ「高句麗古墳壁画」は、絶対に返せないニダ~! »

2010/12/16

中国の鍋料理は何が入っているかわからない、技術の粋をあつめた化学薬品のごった煮アルヨ~!

A2

※ 画像はイメージです。

季節到来!…中国の鍋料理は技術の粋、化学薬品「ごった煮」

サーチナ 12月15日(水)12時52分配信

 寒くなると、鍋料理が恋しくなる。中国も同様で、鍋料理を供する飲食店にとって、冬場は書き入れ時だ。全国的に有名なのは、重慶・四川料理の唐辛子や山椒を効かせた鍋や、北京などから広まった羊のしゃぶしゃぶなど。ところが、鍋料理に使うスープは多くの場合
「技術の粋をあつめた、化学薬品のごった煮」
という。
中国新聞社などが報じた。

 南京市内で重慶風の鍋料理を供する飲食店の店主によると、鍋のスープに「唐辛子エキス」を入れる。「肉香王」、「高倍香料精」といった香り付けも欠かせない。多くの客がやみつきになり、
「ウチの味を、忘れられなくなる」

という。新製品も、大いに取り入れている。
「前のものより、効果がよいからね」

という。

 多くの飲食店が、化学添加物を加えており、鍋のスープには
「何が入っているかわからない状態」
という。
中国の鍋料理は、スープの表面に油を浮かせて供することが多いが、経費を切り詰めようとして、生ゴミや排水溝から採取した油を原料にする「下水油」を使っている可能性もある。

 前出の店主は
「国家が定める品質基準合格のQSマークがついている添加剤だけを使っている。誓ってもよいが、安全面で問題はないはず」
と胸を張った。

 しかし、市場で売られていた「添加物」を購入したところ、容器にあるQSマークに添えられている数字は10けただった。本来ならば12けたのはずだ。市政府の品質管理部門の関係者は
「正規品を出しているメーカー名を使ったにせ商品が出回っている。その品質には憂慮している」
と述べた。(編集担当:如月隼人)

.最終更新:12月15日(水)12時52分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000043-scn-cn

 

 中国は素晴らしいですね。

 日本にも「闇鍋」といって、中に何がはいっているのかわからない鍋がありますけれど、中国の場合はちょっと違うみたいですね。

 まぁ、死なない程度に楽しめば、いいのではないのでしょうか~♪catface

 

 

 

 

 

|

« 知的障害者を奴隷のように働かせている中国人アルヨ~! | トップページ | 中国から盗んだ「高句麗古墳壁画」は、絶対に返せないニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/38089459

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の鍋料理は何が入っているかわからない、技術の粋をあつめた化学薬品のごった煮アルヨ~!:

» 聞く耳持たず [ton’s news]
聞く耳持たない人って嫌ですよね・・・。 会社でも学校でも自分の主張ばっかりで人の話になると遮って自分の話に戻そうとする人。 民主党もやっぱりそういう人間ばっかりなん ... [続きを読む]

受信: 2010/12/16 11:58

« 知的障害者を奴隷のように働かせている中国人アルヨ~! | トップページ | 中国から盗んだ「高句麗古墳壁画」は、絶対に返せないニダ~! »