« 爆発現場で警察官がにっこり笑って記念写真を撮ったアルヨ~! | トップページ | 大韓航空は、世界で55番目に安全な航空会社ニダ~! »

2011/01/23

中国国営メディアが胡錦濤国家主席の訪米を「歴史に残る偉業」と自画自賛しているアルヨ~!

Ac5

※ 画像はイメージです。

中国メディア、胡錦濤国家主席の訪米を「偉業」と賞賛

ロイター 1月21日(金)16時48分配信

 [北京 21日 ロイター] 胡錦濤中国国家主席の訪米について、中国メディアは米中関係の緊張緩和に向けた外交面での「偉業」とこぞって賞賛しているが、人民元や人権問題などは総じて無視されている。

 国営チャンネルは、ホワイトハウスでの歓迎行事や夕食会の模様を大々的に報道し、世界における国家主席の大きな存在感をアピールした。

 国家主義的で米国に対する辛口な論調で知られるタブロイド紙の「グローバル・タイムズ」も、今回の訪米を「世界平和に対する重要な貢献」と賞賛した。

 新華社は、今回の訪米を
「世界的にも重要で、中米外交の歴史に残る偉業」
と表現した。

 人権問題に関する記者団の質問に対するぎこちない回答の様子は基本的に無視されたが、通貨問題については遠回しながら言及するメディアもあった。ただ、胡錦濤主席はこの問題についてコメントしなかった。

 人民日報は、海外版の一面で、中国は世界第大の米国債保有国であり、米国は自国通貨に対する責任があると論じた。

 同紙は
「米国は、基軸通貨の発行国として責任ある態度を取り、米ドル供給の適正な安定を維持するとともに、インフレや経済の不均衡、金融市場の過熱を招く方法で米ドルを活用しないよう努めるべきだ」
と述べた。

.最終更新:1月21日(金)16時48分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000354-reu-int

 

 国家主席がアメリカを訪問しただけで、何が歴史に残る偉業なのでしょうね?

 人権問題に対してまともに答えられなかったことが歴史に残る偉業なのでしょうか?

 中国国営メディアの報道は意味不明ですね~♪fuji

 

 

 

 

 

 

|

« 爆発現場で警察官がにっこり笑って記念写真を撮ったアルヨ~! | トップページ | 大韓航空は、世界で55番目に安全な航空会社ニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/38566662

この記事へのトラックバック一覧です: 中国国営メディアが胡錦濤国家主席の訪米を「歴史に残る偉業」と自画自賛しているアルヨ~!:

« 爆発現場で警察官がにっこり笑って記念写真を撮ったアルヨ~! | トップページ | 大韓航空は、世界で55番目に安全な航空会社ニダ~! »