« 韓国は世界一のポルノ大国ニダ~! | トップページ | 市民が公園に放したハトを公園の警備員が捕まえて殺して食べたアルヨ~! »

2011/02/09

中国の小学生の冬休みの宿題は、親の協力が当たり前になっているアルヨ~!

E6

※ 画像はイメージです。

中国の小学生ママも大変!親の代行が当たり前の宿題に「仕事より疲れる…」―中国

Record China 2月8日(火)17時29分配信

 2011年2月7日、春節(旧正月)を迎え、中国の子どもたちは冬休みの真っ最中。ところが、嬉々とする子どもたちとは対照的に保護者たちからはため息が漏れている。広州日報が伝えた。

 その原因は、冬休みの宿題だ。大半は保護者の手を借りなければ終わらないものばかり。
「長期休みの度に憂鬱ですよ。仕事より大変です」
と話すのは小学生6年生の子どもを持つ張(ジャン)さん。張さんの子どもの宿題は

「英語の教科書を毎日読む。会話の部分は保護者に相手をしてもらう」
「科学、道徳の教科書を暗記して保護者にサインをもらう」
「新しい漢字の練習」
「数学オリンピックの過去問題を解く」…。
このほか、「中学校の教科書も予習するよう」言われているのだとか。

「小学生の保護者は『疲れる』の一言です」
と訴える張さん。

 また、これほど保護者に頼らなければならない宿題に意味はあるのか?という声も多く上がっている。例えば、ある小学校の1年生に「豆の観察日記をつける」という宿題が出された。毎日、写真を撮り、様子を綴っていくというものだが、1年生が1人でできる範囲を超えている。最初から保護者がやることが前提のような宿題だ。

 ここまで保護者の負担が増えた背景には、厳しい受験制度があるようだ。特に小学生のうちは保護者の意識が子どもの成績に直結する場合が多いため、教師も
「良い成績が取りたければ親ぐるみで頑張るべき」
と思っているふしがあるのだという。
だが、子どものためを考えればこのままで良いわけがない。教師や親の意識が変わらなければ、中国の子どもの「宿題依存症」はますます重症化していくだろう。(翻訳・編集/NN)

.最終更新:2月8日(火)17時29分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110208-00000020-rcdc-cn

 

 子供の宿題がここまで親頼りだと、大きくなっても誰かに頼らないと何も出来ない大人になりそうですね。

 中国の将来は明るいですね~♪smile

 

 

 

 

 

|

« 韓国は世界一のポルノ大国ニダ~! | トップページ | 市民が公園に放したハトを公園の警備員が捕まえて殺して食べたアルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/38791363

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の小学生の冬休みの宿題は、親の協力が当たり前になっているアルヨ~!:

» 小論文の書き方をしっかり学ぶ [小論文の書き方]
小論文を受験科目に課されているみなさん、どのように対策されていますか? 学校の先生は、誤字脱字しかみてくれない、予備校では、講師の先生になかなか質問できない、 小論文の参考書を読んでも、上手く書くことができない、そんな悩みをもっている受験生のみなさんをお助けします。 推薦入試、AO入試、国立2次対策のお役立てください。 ... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 01:28

« 韓国は世界一のポルノ大国ニダ~! | トップページ | 市民が公園に放したハトを公園の警備員が捕まえて殺して食べたアルヨ~! »