« 「次は中国の番だ!」「中国のムバラクを追放しよう!」、中国当局はネット上に流れる政府批判を次々と削除しているアルヨ~! | トップページ | 抗争、恐喝、暗殺、殺人事件…、「中国人に注意」世界中で犯罪犯す中国人アルヨ~! »

2011/02/14

「インテル好きだけど日本人は嫌い」、長友のインテル移籍、なぜか中国のネットで波紋を広げているアルヨ~!

Ac5

※ 画像はイメージです。

「インテル好きだけど日本人は…」長友の移籍、中国のネットで波紋

産経新聞 2月13日(日)19時12分配信

【矢板明夫の中国ネットウオッチ】

 サッカー日本代表の長友佑都選手が先日、イタリア1部リーグ・セリエA5連覇中の名門、インテルに移籍したことは、中国のネットでも波紋を広げている。
「大ショック!日本人はついに世界の最高レベルに達したのか」
「インテルは大好きだけど、日本人は嫌い。どうすればよいのか」
といった書き込みがサッカー関係の各ネット掲示板に寄せられている。

 自国の代表チームは世界で活躍した実績がほとんどない中国だが、サッカーに対する国民の関心が高く、熱烈なサッカーファンが多いことで知られている。昨年南アフリカで行われたW杯では、中国代表は出ていないにもかかわらず、500以上の中国人メディア関係者が取材のため南アを訪れ、出場国の日本と韓国を超えてアジア最大の報道陣となった。また、国際サッカー連盟の調べでは、大会最終日に行われたスペイン対オランダの決勝戦では、未明の時間帯にもかかわらず、中国では5200万人がテレビ観戦し、国別の視聴者数では世界最多を記録した。

 一方、中国のサッカーファンは、八百長疑惑が絶えない自国のプロリーグよりも、イタリアリーグ、スペインリーグなど欧州のクラブチームを支持することが多い。深夜にこれらのリーグの試合を中継するスポーツチャンネルはいつも高い視聴率を誇っている。欧州のクラブチームの中で、インテルはスペインのバルセロナと並ぶ最高人気を誇るチームだ。自国チームのふがいなさに嫌気がさしたのか、
「世界最高レベルのサッカーを楽しむのが本当のサッカーファン」
というのが中国人たちの言い分だ。

 しかし、その世界最高レベルのチームに、身体能力が自分たちとほとんど変わらない日本人が入ったことは、多くの中国人サッカーファンにとって、大きなショックになっているようだ。1980年代までは中国とほぼ同じレベルだった日本サッカーはいつのまにか中国を大きく抜き、ついに世界のトップレベルに達したことに「敗北感を覚えた」という中国人は少なくない。

 「日本人にできることがなぜ中国人にはできないのか」
「日本人選手の勤勉な生活態度から学ぶべきだ」
といった書き込みが寄せられた。

 「国がスポーツを管理する中国の現在の制度が問題だ」
との声もあり、
「年齢詐称、審判買収、賭博が中国のサッカーの発展を妨げている」
と指摘する人が多い。

 また、これまでに行われてきたサッカーの日中戦で、中国の若者が日本チームに激しいブーイングを浴びせ、ゴミを投げつけるなど反日行動に走ったことがあったように、中国のサッカーファンの中には当局の愛国主義教育を受けた反日的な人が多い。長友選手の移籍で
「相手チームを応援する」
「もうインテルの試合を見ない」
といった書き込みも寄せられた。ただし、
「アジアの代表として美しいサッカーを見せてくれ」
といった長友選手の活躍を期待する書き込みも半分ほどあり、そこには同じアジア人として大舞台で頑張ってほしいとの気持ちが込められているようだ。(北京=矢板明夫)

.最終更新:2月13日(日)19時23分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110213-00000541-san-int

 

 中国人はもうインテルの試合を見ないほうが良いでしょう。

 そのうち、世界中のサッカーリーグに日本人が進出して、中国人が見られるサッカーを、この世からなくしてしまいましょう~♪soccer

 

 

 

 

 

 

|

« 「次は中国の番だ!」「中国のムバラクを追放しよう!」、中国当局はネット上に流れる政府批判を次々と削除しているアルヨ~! | トップページ | 抗争、恐喝、暗殺、殺人事件…、「中国人に注意」世界中で犯罪犯す中国人アルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/38862096

この記事へのトラックバック一覧です: 「インテル好きだけど日本人は嫌い」、長友のインテル移籍、なぜか中国のネットで波紋を広げているアルヨ~!:

« 「次は中国の番だ!」「中国のムバラクを追放しよう!」、中国当局はネット上に流れる政府批判を次々と削除しているアルヨ~! | トップページ | 抗争、恐喝、暗殺、殺人事件…、「中国人に注意」世界中で犯罪犯す中国人アルヨ~! »