« 韓国人俳優が日本のレストランで、店員の「キムチ」の発音の間違いを指摘したニダ~! ついでに竹島の領有権も主張したニダ~! | トップページ | 漫画「スラムダンク」を勝手にアプリ化、中国の著作物に対する意識の低さを象徴する事件アルヨ~! »

2011/02/17

明日は明日の風が吹く? 近視眼的な中国人、目の前の利益を追求するアルヨ~!

A4

※ 画像はイメージです。

「今日は今日、明日は明日」の中国企業人、品質管理は二の次!―米国人実業家

Record China 2月16日(水)12時56分配信

 2011年2月14日、米国人ポール・ミドラー氏は台湾・台北市で著書「あくどい帝国」を発表した。中国本土で20年にわたり事業を続けてきたミドラー氏が、「世界の工場」中国の低コストの秘密を語っている。中国時報が伝えた。

 中国製造業のルールは往々にしていたちごっこになるという。クライアントが品質を求めれば求めるほどメーカーは手を抜く。工場には品質管理スタッフがいるが意味はなく、クライアントは独自の検査スタッフを送らなければ意味がない。

 指摘されれば問題を改めるが、指摘されなければ品質を落とすことで浮いたお金をポケットに入れる。問題製品をたくさん作ってしまってからクライアントが発見。受け取りを拒否しても問題はない。どこかに引き取り手はいるものだ。

 こうした問題を経て、多くの外国人ビジネスマンは、なぜ中国本土の工場は信用を重んじないのかと疑問に思っている。この問題に対するマドラー氏の回答は「政治の影響」というもの。中国共産党がある日突然、ビジネスのルールをすっかり変えてしまうかもしれない。

 そうした不安感がビジネスマンに「今日は今日、明日は明日」という近視眼的な発想を与え、信用を積み重ねて長期のビジネスを成功させるよりも、短期的なリターンを求めるようにさせているという。(翻訳・編集/KT)

.最終更新:2月16日(水)12時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110216-00000012-rcdc-cn

 

 自由と責任って、表裏一体の言葉だと思うのですが、無責任な中国人はそんなことどうでもいいようですね。

 これも中国共産党の指導の賜物でしょう。

 こんなデタラメな国が、いつまでもGDP世界第二位でいられるわけがないですね~♪smile

 

 

 

 

 

 

|

« 韓国人俳優が日本のレストランで、店員の「キムチ」の発音の間違いを指摘したニダ~! ついでに竹島の領有権も主張したニダ~! | トップページ | 漫画「スラムダンク」を勝手にアプリ化、中国の著作物に対する意識の低さを象徴する事件アルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/38894941

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は明日の風が吹く? 近視眼的な中国人、目の前の利益を追求するアルヨ~!:

« 韓国人俳優が日本のレストランで、店員の「キムチ」の発音の間違いを指摘したニダ~! ついでに竹島の領有権も主張したニダ~! | トップページ | 漫画「スラムダンク」を勝手にアプリ化、中国の著作物に対する意識の低さを象徴する事件アルヨ~! »