« 「韓国行きの旅客機に乗るのが不安だ」「命は大切だから韓国旅行は行かない」アルヨ~! | トップページ | 薄汚いチョーセン人がスイーツ世界大会で日本チームを妨害! 日本だけには負けたくないニダ~! »

2011/06/23

中国軍の機密文書の内容は、「パーティーの出演通知」アルヨ~!

B4

※ 画像はイメージです。

中国軍で機密文書を紛失…探し当てたら「パーティーの通知」=南京

サーチナ 6月22日(水)10時56分配信

 中国人民解放軍南京軍区の某通信施設で5月末、機密文書1部の行方が分からなくなっていたことが分かった。軍関係者は懸命に捜索し、同施設にしょぞくする上等兵が個人管理していた書類にまぎれていた同文書を見つけた。確認したところ、紛失した文書に「機密」に該当する内容は含まれていなかったことが分かった。同件で、「何もかも機密扱い」にする、軍の体質に疑問が出た。“不祥事”を出した通信施設の名は、伝えられていない。解放軍報、中国新聞社などが報じた。

 同施設で、保管している文書の確認を実施して、「機密」扱いとして登録されていた文書1部の紛失が分かった。同施設は緊急会議を開き、「完全ローラー方式」の捜索を決定。その結果、上等兵のひとりが保管していた学科試験用の資料の中に紛れ込んでいた同「機密文書」を発見した。

 上等兵は、隊内の文芸スポーツ委員の一員で、春節(旧正月)のパーティーで楽器演奏をした。事前に見せられた出演通知を、まさか機密文書とは思わず持ち帰ったという。

 同施設が「機密扱い」として登録されていた文書の内容を再確認したところ、なんらかの意味で「機密性がある」と考えられる文書は、全体の76%しかなかったという。

 記事は、「機密文書のバブル現象」と批判。軍幹部の間に、
「機密文書と多く関係している方が、自分の地位を高く見せることができる」、
「問題が発生すると責任を問われる。とにかく機密扱いにした方が無難」
などの心理が働くことが原因という。

 同施設内部からも、
「何もかも機密文書扱いにすることで、機密文書の保管の作業で、負担が増大している」、
「機密に対する意識が、かえって薄れている」
と、問題視する声が出ている。(編集担当:如月隼人)

最終更新:6月22日(水)10時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110622-00000028-scn-cn

 

 「パーティーの出演通知」が秘密ってどういう意味なのでしょうか?

 もしかしたら、公にできない秘密のパーティーなのかもしれませんね。

 中国人は、いったい何をしているのでしょうか~♪catface

 

 

 

 

 

|

« 「韓国行きの旅客機に乗るのが不安だ」「命は大切だから韓国旅行は行かない」アルヨ~! | トップページ | 薄汚いチョーセン人がスイーツ世界大会で日本チームを妨害! 日本だけには負けたくないニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/40501098

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍の機密文書の内容は、「パーティーの出演通知」アルヨ~!:

« 「韓国行きの旅客機に乗るのが不安だ」「命は大切だから韓国旅行は行かない」アルヨ~! | トップページ | 薄汚いチョーセン人がスイーツ世界大会で日本チームを妨害! 日本だけには負けたくないニダ~! »