« 北朝鮮機だと思って射撃したら民間機だったニダ~! | トップページ | 極道みたいな中国の役人、「サシで勝負せんかい」と脅されたアルヨ~! »

2011/06/20

同僚を斧で殺害した後、死体の一部を食べ、残りは市場で羊肉と偽って売った話は本当だったニダ~!

E3

※ 画像はイメージです。

北朝鮮の食糧難による人肉事件、本当の出来事だった―韓国メディア

サーチナ 6月20日(月)11時12分配信

 脱北者支援と対北朝鮮布教活動をしているカレブ宣教会は19日、北朝鮮の人民保安省(現人民保安部)が2009年6月発刊した「法闘争部門従事者のための参考書」を入手し、韓国紙・国民日報を通じて公開した。

 これまで北朝鮮内部消息筋や脱出者などを通して流れ出た「人肉事件」の存在を裏付ける文書であり、北朝鮮内の信じられないような事件が実際に存在した可能性が高いと、複数の韓国メディアが伝えている。

 この文書では、刑法や民法、刑事訴訟法などに関連した実際起きた犯罪および事故721件を例に挙げ、犯罪者をどのように処罰すべきかを説明している。北朝鮮当局が体制威嚇犯罪を防ぐために、全国人民保安部署(警察署に相当)に出したと推定される。

 経済難と食糧難による犯罪が最も多く、
「労働災害で身体障害者になり、警備員として働いていたある男性が、空腹に勝つことができず、同僚を斧(おの)で殺害。その後、死体の一部を食べ、残りは市場に羊肉と偽って売り、摘発された」
という内容が見られた。

 また、麻薬が一般住民に広範囲に流布しているという事例や、韓国や西欧の文化が公然と広がっていることを立証する事例、偽札が横行しているとの事例もあった。

 国民日報は、北朝鮮住民の生活が北朝鮮政府の公式資料を通じて確認されたのは今回が初めてであり、韓国内では今後、北朝鮮人権法制定をめぐる論議も大きくなる見通しであると伝えた。(編集担当:李信恵・山口幸治)

最終更新:6月20日(月)12時48分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000024-scn-kr

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 好き嫌い言わずに何でも食べなければいけませんね~♪pig

 

 

 

 

 

|

« 北朝鮮機だと思って射撃したら民間機だったニダ~! | トップページ | 極道みたいな中国の役人、「サシで勝負せんかい」と脅されたアルヨ~! »

中国の人食い伝説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/40471555

この記事へのトラックバック一覧です: 同僚を斧で殺害した後、死体の一部を食べ、残りは市場で羊肉と偽って売った話は本当だったニダ~!:

« 北朝鮮機だと思って射撃したら民間機だったニダ~! | トップページ | 極道みたいな中国の役人、「サシで勝負せんかい」と脅されたアルヨ~! »