« 私たちが韓国軍の軍事力を増強しようと努力するのは、北朝鮮ではなく日本や中国に対する軍事的備えを持つためニダ~! | トップページ | 「超楽しい!」とつぶやいた蒼井そらのミニブログが大炎上アルヨ~! »

2011/09/21

葬儀で楽隊を雇ったら、「今日はよい日だ」を演奏しやがったアルヨ~!

A4

※ 画像はイメージです。

葬儀で遺族ら激怒…楽隊を雇ったら演奏曲「今日はよい日だ」=中国

サーチナ 9月20日(火)14時20分配信

 湖北省武漢氏蔡甸区で、葬儀を巡って遺族らと葬儀会社でトラブルが発生した。地元の政府が調停して19日までに、葬儀会社が遺族側に1200元(約1万4400日本円)の慰謝料を支払うことが決まった。遺族側が葬儀の際に「生楽隊による演奏」を依頼したところ、楽隊が「今天是個好日子(今日はよい日だ)」を演奏しはじめたので、厳粛な儀式が台無しになったという。中国新聞社が報じた。

 遺族の男性によると、なくなったのは父親で、哀悼の意を示したいと思い、葬儀会社に「楽隊による演奏」を依頼した。葬儀の際、最初は荘重な音楽を次々に演奏していたが、途中でなぜか「軽快な曲」に変わった。よく知られている「今日はよい日だ」という曲と分り、遺族や友人など参列者の顔色が変わったという。

 遺族の男性は楽隊に抗議したが、演奏はしばらく続いた。参列者は怒って怒鳴りだした。一部の人は奏者につかみかかり、楽器を壊そうとした。遺族らが楽隊を立ち去らせたので騒ぎは収まったが、その後も厳粛な雰囲気は戻らず、葬儀は台無しになったという。

 遺族は地元政府の工商所に訴え
「苦痛を味わった。慰謝料を請求したい」
と相談した。

 工商所の調べに対して葬儀会社は
「アマチュア奏者を集めた。職業的訓練を受けておらず、素養も低かった。演奏曲も特に指定していなかったので、失敗が発生した」
と、不手際を認めた。

 工商所の調停で、葬儀会社は遺族に謝罪し、慰謝料として1200元を支払うことになった。(編集担当:如月隼人)

最終更新:9月20日(火)14時20分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000046-scn-cn

 

 中国は素晴らしいですね。

 職業訓練がどーこーという問題ではないでしょう。

 民度が低い。ただそれだけですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

|

« 私たちが韓国軍の軍事力を増強しようと努力するのは、北朝鮮ではなく日本や中国に対する軍事的備えを持つためニダ~! | トップページ | 「超楽しい!」とつぶやいた蒼井そらのミニブログが大炎上アルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/41856402

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀で楽隊を雇ったら、「今日はよい日だ」を演奏しやがったアルヨ~!:

« 私たちが韓国軍の軍事力を増強しようと努力するのは、北朝鮮ではなく日本や中国に対する軍事的備えを持つためニダ~! | トップページ | 「超楽しい!」とつぶやいた蒼井そらのミニブログが大炎上アルヨ~! »