« 北朝鮮のサーカスは、世界で最も残忍なサーカスだニダ~! | トップページ | 「マクドナルド」は検索禁止用語アルヨ~! »

2012/06/03

ある韓流ドラマが、5年前のドラマのワンシーンを使い回ししていたニダ~!

B8

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) KBSの時代劇、5年前の作品シーン使い回し

朝鮮日報日本語版 6月1日(金)13時5分配信

 最近韓国のKBS第1テレビで放送が終了した時代劇『広開土太王(クァンゲトテワン)』が2007年に同じチャンネルで放送された時代劇『大祚栄(テジョヨン)』の一部画面を使い回していたことが判明し、論議を呼んでいる。

 問題の場面は、今年4月15日に放送された『広開土太王』第88話で、高句麗軍が後燕の宿軍城を攻撃するシーンだここで高句麗軍が投石機に火の玉を装填する場面、火の付いた矢を放つ場面は、07年9月16日放送の『大祚栄』第106話に登場する安市城奪還戦の場面と同一だった。『広開土太王』の演出を担当したディレクターは、『大祚栄』の演出も担当していた。

 KBSの映像使い回しは、視聴者によって発見された。放送終了後、KBSの視聴者掲示板
「戦闘シーンが全く同じだった」
という書き込みがあったことがきっかけだった。
別の視聴者も
「一緒に『広開土太王』を見ていた息子が『大祚栄』のシーンと同じだというので、確認してところ、本当にそのまま使い回しだった」
と書き込んだ。時代劇ファンの掲示板などでも

「音響効果などを一部編集したのを除けば、百パーセント使い回しだ」
といった意見が相次いだ。

 『広開土太王』の制作陣は31日、本紙の電話取材に対し
「現代ドラマで必要に応じて資料画面を使うように、前に撮影しておいた画面で補ったものだ」
と使い回しを認めた。
その上で
「時間と制作費に制約があり、以前の画面を使用したが、画面の背景などは補正した」
と説明した。しかし、他局のドラマ担当ディレクターは

「時間不足などに追われていたとしても、同じ放送局で、あるドラマの画面を他のドラマに使用するというのは想像できないことだ」
と話した。

最終更新:6月1日(金)13時17分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120601-00001235-chosun-kr

 

 韓流ドラマって、こういう風に作られているのですね。

 韓流ドラマって、どれも一緒だと思っていたら、画像を使い回しにしていたからなんですね~♪pig

 

 

 

 

  

  

|

« 北朝鮮のサーカスは、世界で最も残忍なサーカスだニダ~! | トップページ | 「マクドナルド」は検索禁止用語アルヨ~! »

韓流ブームの真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/45493733

この記事へのトラックバック一覧です: ある韓流ドラマが、5年前のドラマのワンシーンを使い回ししていたニダ~!:

« 北朝鮮のサーカスは、世界で最も残忍なサーカスだニダ~! | トップページ | 「マクドナルド」は検索禁止用語アルヨ~! »