« 中国人観光客の非常識な行動を、世界は大目に見るべきだアルヨ~! | トップページ | 北朝鮮の軍事車両による事故が続出しているニダ~! »

2013/03/15

日本軍の残酷さ、凶暴さは強調していいが、日本軍の軍事レベルの高さを示してはならないアルヨ~!

Aa2

※ 画像はイメージです。

“抗日ドラマ”の監督、日本兵の単純なキャラ設定は「日本の漫画を参考にした」―中国メディア

Record China 3月13日(水)20時25分配信

 2013年3月12日、素手で日本兵をなぎ倒すような荒唐無稽な抗日ドラマの氾濫が問題になっている中国で、人気抗日ドラマの監督がその制作裏話を告白した。黒竜江日報(電子版)が伝えた。

 戦前の日本軍を打倒する「抗日劇」と呼ばれるドラマは、中国ではひとつの人気ジャンルとして確立している。しかし、中国のメディアを統括する国家広播電影電視総局は最近になって、乱造される抗日ドラマの娯楽化傾向を批判する通知を下した。その代表格ともいえるドラマ「抗日奇侠」は中国各地で視聴率トップとなり、その続編シリーズの1話あたりの売り上げが200万元(約3100万円)に達するという人気ぶりを示している。

 数々の抗日ドラマでメガホンをとった徐紀周(シュー・ジーチョウ)監督は2009年、自身の第1作となる抗日ドラマ「殺虎口」を史実に基づいて制作した。当時の日本軍のレベルの高さや、中国人の臆病さなどを忠実に描いたところ、当局から2ページ80行以上にわたる修正指示書が届いたという。なかでも日本軍が八路軍を装い、山西省五台山の奥深くまで潜入して八路軍司令部を探すシーンはすべて削除となったが、その理由は
「日本軍の残酷さ、凶暴さは強調していいが、日本軍の軍事レベルの高さを示してはならない」
というものだった。

 徐監督は
「まったくの骨折り損になった」
と嘆き、

「ならば、日本人は全員愚かで単純なキャラクターに描けばいいんだ」
と痛感。このため、2010年の第2作となる抗日ドラマ「永不磨滅的番号」では、悪役となる日本人の人物像を深く考えるのが面倒になったという。このドラマに出てくる
日本人将校・山下奉武の冷静だが突然キレる性格は、日本の漫画「るろうに剣心」に登場する「斉藤一(さいとうはじめ)からインスピレーションを得た」と助監督は話している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:3月13日(水)20時25分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000027-rcdc-cn

 

 中国はすばらしいですね。

 歴史的事実よりも、とにかく日本軍を残虐に描けばよいと言うことですね。

 歴史を鑑としていないのは、一体誰なのでせうね~♪fuji

 

 

 

 

 

 

 

|

« 中国人観光客の非常識な行動を、世界は大目に見るべきだアルヨ~! | トップページ | 北朝鮮の軍事車両による事故が続出しているニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/50761772

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍の残酷さ、凶暴さは強調していいが、日本軍の軍事レベルの高さを示してはならないアルヨ~!:

« 中国人観光客の非常識な行動を、世界は大目に見るべきだアルヨ~! | トップページ | 北朝鮮の軍事車両による事故が続出しているニダ~! »