« 中国の「落書き広告」文化が、世界進出を果たしたアルヨ~! | トップページ | PSYの新曲ミュージックビデオは「放送不適格」ニダ~! »

2013/04/18

「紙のないトイレ」について考えてみるアルヨ~!

F5

※ 画像はイメージです。

国際化には程遠い中国の公衆トイレ、トイレットペーパーがないのは「盗まれるから」―米誌

Record China 4月17日(水)8時40分配信

 2013年4月12日、米外交誌フォーリン・ポリシーは「中国の国際化を問うトイレットペーパー論争」と題した記事を掲載した。15日付で環球時報が伝えた。

 2012年、中国証券監督管理委員会の郭樹清(グオ・シューチン)会長は、中国証券の国際化問題を話し合っている最中に、
「ここのビルのトイレにはトイレットペーパーがない。盗まれるのが怖いからか?われわれは毎日国際化を語っているが、この委員会から国際化すべきじゃないのか?トイレにトイレットペーパーすらないのに、何が国際化だ」
と発言し、一同を驚かせた。

 中国人はトイレに紙を持参する。トイレにトイレットペーパーがないのは当たり前の光景だ。2001年から2011年まで、私は中国の病院を10カ所以上訪問したが、トイレにトイレットペーパーが備え付けられていたのは、北京市内にある病院の特等室のみ。その他の部屋やその他の病院のトイレにはトイレットペーパーも石鹸も置いてなかった。理由を関係者に聞くと
「無料で提供すると持ち去られるから」
という答えが返ってきた。

 中国が今直面している問題は、こうした小さなことからも浮かび上がってくる。中国衛生部は石鹸とトイレットペーパーの常備を国内すべての病院に命令することができないのか?あるいは命令を下しても、病院側がこれを無視しているのか?トイレットペーパーの購入費が流用されているのか?いずれにせよ、これらは中国の政府機関の弱体化を表している。

 山東省のあるメディアは、前述の郭会長の発言を紹介し、同会長の率直な物言いと実行力を称賛。
「その場にいた人々は全員あ然としていたが、会長の言葉でやっとわかったようだ。証券監督管理委員会のビルにはその後、トイレットペーパーは常に備え付けられている」
と報じた。
(翻訳・編集/本郷)

最終更新:4月17日(水)8時40分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130417-00000004-rcdc-cn

 

 中国はすばらしいですね。

 急いでトイレに入って紙がなかったら困りますね。

 紙がなかったら、手で拭くしかないですよね~♪catface

 

 

 

 

 

|

« 中国の「落書き広告」文化が、世界進出を果たしたアルヨ~! | トップページ | PSYの新曲ミュージックビデオは「放送不適格」ニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/51269870

この記事へのトラックバック一覧です: 「紙のないトイレ」について考えてみるアルヨ~!:

« 中国の「落書き広告」文化が、世界進出を果たしたアルヨ~! | トップページ | PSYの新曲ミュージックビデオは「放送不適格」ニダ~! »