« サッカーW杯予選で韓国人スタッフがイラン選手を殴ったニダ~! | トップページ | トルコの反政府デモ隊を排除するために使用された催涙弾は、韓国企業が製造・輸出したものだったニダ~! »

2013/06/21

生きている犬を「感電させる」「熱湯に入れる」「皮をはぐ」 犬1万頭を殺して食べる「犬肉祭」が残酷すぎると激しい非難を浴びているアルヨ~!

Ab2

※ 画像はイメージです。

犬1万頭を殺して食べる「犬肉祭」に非難殺到、広西チワン族自治区で毎年夏至の日に開催―中国

Record China 6月20日(木)12時30分配信

 2013年6月18日、英紙・ガーディアンによると、中国・広西チワン族自治区玉林市で毎年開催される「犬肉祭り(狗肉節)」が、「あまりにも残酷すぎる」との理由で国内外から激しい非難を浴びている。19日付で環球時報(電子版)が伝えた。

 中国南部の小さな町は今、年に1度の「犬肉祭り」の準備に追われている。玉林市民にとって、毎年夏至の日に犬の肉を食べるのは大事な伝統行事の1つ。多くの市民がこの伝統文化を大切にしており、夏至の日には「犬肉火鍋」やアルコール度数の高い酒の売り上げが大幅に増える。

 動物愛護団体によると、毎年「犬肉祭り」のために約1万頭の犬が殺されているというその方法は、生きている犬を「感電させる」「熱湯に入れる」「皮をはぐ」といった極めて残忍なものだネット上に公開されている写真を見ると、皮をはがされた犬の死体が店の軒先につるされており、その他の犬の死体がそばの路上に山積みになっている。

 中国では犬の肉は昔から冬の滋養強壮や血液の循環を整える薬剤として珍重されてきた。動物愛護団体は犬を食べる行為そのものを阻止するため、さまざまな抗議活動を行ってきた。香港のNGO(非政府組織)は、「犬肉祭り」で食べられる犬の多くが各地で盗まれたもので、不衛生なトラックの荷台に押し込められて玉林市まで運ばれており、狂犬病や伝染病のリスクが高いと強く抗議している。これに対し、玉林市は
「『犬肉祭り』で食べられる犬は現地の農民が飼育したものだ」
と反論している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:6月20日(木)12時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000015-rcdc-cn

 

 中国はすばらしいですね。

 夏に犬肉を食べるのは中韓共通なんですね。

 残酷な中国人を感電させ、熱湯に入れ、皮をはいでみたいですね~♪dog

 

 

 

参照)動物保護団体が「犬肉の消費を減らそう」、理由は不衛生な犬肉を流通させないため―中国

XINHUA.JP 6月20日(木)10時22分配信

 【新華網】中国・北京で17日、動物保護団体などが記者会見を行い、不衛生な犬肉が市場に出回らないよう、各地の「犬肉祭り」や違法な犬肉製品の生産・販売を取り締まるよう呼びかけた。

 中国では犬肉業者が街中の犬を勝手に殺し、その肉が違法に市場に出回っている。正規のルートを通じていない犬肉は衛生基準を満たしていないものもあり、重大な社会問題となっている。

 主催側は、各地で開催される「犬肉祭り」がこうした闇取引を横行させる元凶になっていると指摘。そのため、各地方政府や消費者に「犬肉の消費量を適度に減らす」よう呼びかけたほか、監督機関に対し「食肉や肉加工品のトレーサビリティ制度を厳しく執行してほしい」と訴えた。

(翻訳 鄭来/編集翻訳 小豆沢紀子)

最終更新:6月20日(木)10時22分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000018-xinhua-cn

|

« サッカーW杯予選で韓国人スタッフがイラン選手を殴ったニダ~! | トップページ | トルコの反政府デモ隊を排除するために使用された催涙弾は、韓国企業が製造・輸出したものだったニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/52111431

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている犬を「感電させる」「熱湯に入れる」「皮をはぐ」 犬1万頭を殺して食べる「犬肉祭」が残酷すぎると激しい非難を浴びているアルヨ~!:

« サッカーW杯予選で韓国人スタッフがイラン選手を殴ったニダ~! | トップページ | トルコの反政府デモ隊を排除するために使用された催涙弾は、韓国企業が製造・輸出したものだったニダ~! »