« 日本のメディアが韓国は人糞酒を飲む国と紹介し、韓国で物議になっているニダ~! | トップページ | ダライ・ラマ14世の生家を中国当局が改修したら、原形をとどめない姿になったアルヨ~! »

2013/08/27

大型車を迂回させるための監視所が、料金を徴収して外部の大型車を乗り入れさせていたアルヨ~!

D4

※ 画像はイメージです。

進入禁止のはずだった…大型車監視所がいつのまにか料金所に=南京

サーチナ 8月26日(月)11時16分配信

 江蘇省南京市内で、住宅街への大型車の進入を禁止するために設けた監視所が、いつのまにか「進入のための料金徴収所」になっていたことが分かった。中国新聞社が報じた。

 場所は南京市の江寧東麒路の近くの住宅街への入り口。大型トラックが住宅街の道路を猛スピードで通過するので危険であり、道路の傷みも激しいとして、外部からの大型車両の乗り入れを禁止することにした。監視所設け、24時間体制で人を配置した。

 住宅街は抜け道になっているが、住人に関係のない大型車両は迂回(うかい)させるはずだった。ところが最近になり、同監視所では10-15元(約160-240円)の料金を徴収して、外部の大型車を乗り入れさせていたことが分かった。たばこ1箱で通す場合もあったという。

 同地区の共産党委員会の書記は、「24時間体制で人を配置している。ちゃんと給料も払っている。個人的に料金を取ることは絶対に認められない。調査して責任を追及する」と述べた。(編集担当:如月隼人)

最終更新:8月26日(月)12時28分サーチナ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000014-scn-cn

 

 中国はすばらしいですね。

 監視所が料金所になってたんじゃしょうがないですよね。

 言われたことと違うことをするのが中国人ですね~♪lovely

 

 

 

参考記事)大型車を迂回させる見張り所、ニセ料金所に早変わり=通りたければ「たばこ1箱」払え―江蘇省南京市

Record China 8月26日(月)15時10分配信

2013年8月26日、中国江蘇網によると、江蘇省南京市江寧区東麒路付近の泉水路は、毎日多くの大型トラックが猛スピードで行き来している。住民の安全を守るために、現地の関連部門は道に障害物と見張り所を設置し、トラックを迂回させるようにしている。しかし、この見張り所の職員が「通行料」を取り、トラックを通していたことがわかった。

問題の見張り所の前には、数本の鉄を溶接して作られた移動式の障害物が置かれている。当直の老人は、「ここを通りたければ通行料を払うか、たばこを1箱渡しなさい」と言った。通行料は10元(約160円)か15元(約240円)で、この老人と知り合いの場合は通行料を払う必要はないようだ。まさに、偽の「料金所」となっている。

付近に住む陳(チェン)さんは、「見張り所があるところでは、職員に金を払えば通してもらえる。これでは、以前のように住民が危険にさらされたままだ」と話す。

現地当局の王(ワン)書記は「見張り所は住民の安全のために、われわれが設置したもの。通行料を取ることは許されていない。職員が勝手に通行料を取っているなら、徹底的に調べて是正する」としている。(翻訳・編集/北田)

最終更新:8月26日(月)15時10分Record China

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130826-00000020-rcdc-cn

|

« 日本のメディアが韓国は人糞酒を飲む国と紹介し、韓国で物議になっているニダ~! | トップページ | ダライ・ラマ14世の生家を中国当局が改修したら、原形をとどめない姿になったアルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/53040771

この記事へのトラックバック一覧です: 大型車を迂回させるための監視所が、料金を徴収して外部の大型車を乗り入れさせていたアルヨ~!:

« 日本のメディアが韓国は人糞酒を飲む国と紹介し、韓国で物議になっているニダ~! | トップページ | ダライ・ラマ14世の生家を中国当局が改修したら、原形をとどめない姿になったアルヨ~! »