« 今日のお昼ご飯は、スイカとバナナの炒め物アルヨ~! | トップページ | キルギス共和国が自国女性と韓国人男性との国際結婚を禁止する方案を検討していやがるニダ~! »

2013/10/07

中国でワイロで逮捕された日本人に、額が少なすぎるアルヨ~!

A9

※ 画像はイメージです。

中国で贈賄で逮捕された日本人“額が少なすぎ”=中国版ツイッター

【社会ニュース】 2013/10/06(日) 16:13 

 自動車マフラー最大手「フタバ産業」の元専務が中国の公務員へ贈賄を渡したとして、不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。中国メディアの財経網が中国版ツイッター・微博で同報道を伝えたところ、大きな反響が見られた。

 財経網によれば、フタバ産業の元専務は、2002年ごろから多くの中国公務員に賄賂を贈り、その合計額は5000万円に上るという。警察によれば違法操業を見逃してもらうために賄賂を渡していたとされ、
「中国での事業展開に賄賂は欠かせなかった」
と供述しているという。

 同報道に対して、微博ユーザーからは、
「たったの5000万円で何ができる?」、
「5000万円ぽっちだなんて、中国の公務員をバカにしてないか?」
など、賄賂額が少なすぎとの意見が多く寄せられた。中国の腐敗の程度を垣間見ることのできるコメントだ。

 “中国での事業展開に賄賂が欠かせなかった”という点は多くのユーザーも認めるところのようで、
「郷に入りては郷に従えがもっとも良く体現された例」、
「わが国で何かするのに“贈り物”が必要ないわけがない。まったくの悪習だ!」
などのコメントもあった。

 微博ユーザーの怒りの対象は賄賂を受けた公務員にも向けられ、
「こいつは売国奴だ」、
「11年で5000万もらっていたなんて、それでも愛国公務員と言えるのか?」、
「この公務員は祖先に顔向けできるのか!?」
など非難の声が相次いだ。

 腐敗が進んだ中国にとって、贈収賄での逮捕は大きなニュースではない。7月に収賄罪などで執行猶予2年付きの死刑判決を受けた元鉄道相の劉志軍被告の場合、総額約6460万元(約10億7000万円)相当の賄賂を受け取っていたという。(編集担当:畠山栄)

サーチナ/searchina

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1006&f=national_1006_027.shtml

 

 中国は素晴らしいですね。

 「郷に入り手は郷に従え」なら、中国ではワイロを送って当然ということでせうか?

 中国で商売をすること自体が間違いだったのでせうね~♪catface

 

 

 

 

 

|

« 今日のお昼ご飯は、スイカとバナナの炒め物アルヨ~! | トップページ | キルギス共和国が自国女性と韓国人男性との国際結婚を禁止する方案を検討していやがるニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/53510747

この記事へのトラックバック一覧です: 中国でワイロで逮捕された日本人に、額が少なすぎるアルヨ~!:

« 今日のお昼ご飯は、スイカとバナナの炒め物アルヨ~! | トップページ | キルギス共和国が自国女性と韓国人男性との国際結婚を禁止する方案を検討していやがるニダ~! »