« 墓泥棒が墓室に閉じ込められて、警察に助けを求めてきたアルヨ~! | トップページ | 「中国は、儒教、仏教、道教が浸透した温かな社会である」と社説に書いたら、ネットユーザーに失笑されたアルヨ~! »

2013/12/06

「まばたきができない!」 中国で韓国人整形医の“ミス”が頻発しているニダ~!

Aa6

※ 画像はイメージです。

「まばたきができない!」 韓国人整形医の“ミス”が頻発=渡中の目的は「手術の練習」―中国

Record China 12月4日(水)22時14分配信

 2013年12月3日、人民日報によれば、中国での資格を持たない三流の韓国人整形医が、「手術の練習」を目的に中国にわたり、執刀していたことが分かった。

 遼寧省瀋陽市に住む22歳のある女子大生は、8000元(約13万6000円)を支払って整形術を受けたが、口の回りが醜く変形していまい、友人にも家族にも見せられないありさまになってしまった。また、ある女性は10万元(約170万円)もの費用をかけて整形したが、顔の左右のバランスが悪くなり、賠償を求めて飛び降り自殺を図る騒動も起きている。

 28歳のある女性は「韓国式二重まぶた」の広告にひかれ、3万元(約50万円)支払って手術を受けたが、術後に抜糸すると、まばたきができなくなっていた。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が切断されてしまったためだった。後日、女性は病院に苦情に訪れたが、すでにもぬけの殻だったという。

 遼寧省美容美髪協会の程利国(チョン・リーグゥオ)会長は、広告では“超一流”というふれこみの韓国人美容整形医が、実は二流、三流の医師だったというケースが多発していると指摘。
「一流の医師は韓国でも少なく、そうした医師は忙しくて中国にやってくる暇などない」
と話す。中国にやって来るのは、多くが整形医の職に就いたばかりの若い医師で、経験を得るための「練習」が目的だという。同会長は
「これらの医師は入れ替わりが激しく、仲介者も固定されていないので、手術で問題が起きても責任を追及できないケースが多い」
と注意を促している。(翻訳・編集/岡田)

最終更新:12月4日(水)22時14分Record China

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131204-00000041-rcdc-cn

 

 韓国人は素晴らしいですね。

 三流の整形医が中国で手術の練習をするって、なかなかですね。

 やはり手術の練習をするなら、中国が一番ですね~♪happy02

 

 

 

 

|

« 墓泥棒が墓室に閉じ込められて、警察に助けを求めてきたアルヨ~! | トップページ | 「中国は、儒教、仏教、道教が浸透した温かな社会である」と社説に書いたら、ネットユーザーに失笑されたアルヨ~! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/54156500

この記事へのトラックバック一覧です: 「まばたきができない!」 中国で韓国人整形医の“ミス”が頻発しているニダ~!:

« 墓泥棒が墓室に閉じ込められて、警察に助けを求めてきたアルヨ~! | トップページ | 「中国は、儒教、仏教、道教が浸透した温かな社会である」と社説に書いたら、ネットユーザーに失笑されたアルヨ~! »