« 「安重根はテロリスト」、日本の官房長官の発言に韓国が猛反発しているニダ~! | トップページ | 従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 金が目的だったニダ~ »

2014/01/23

テロリストは、個人的な政治目的のために暴力する人のことニダ~!

Ab7

※ 画像はイメージです。

【取材日記】安倍首相、安重根記念館に行くべき

中央日報日本語版 1月22日(水)9時29分配信

 安重根は大韓国人だ。彼の遺墨もそう語っている。しかし彼は大韓国人ではなかった。すでに世界の人だった。東洋を離れて人類の大義、すなわち平和と自由を死で実践していった大物だ。21日、中国のハルビン駅構内にある「安重根記念館」で感じた記者の所感だ。違う、そこで会ったすべての中国人の老若男女、さらには一部の外国人までが同じ考えだった。

 例外があるとすれば、歴史を直視することも反省するすべも知らない安倍政権だろう。日本の菅義偉・官房長官が20日、安重根義士を「テロリスト」と呼んだ。彼は「テロリスト」の意味から再び学ぶべきだ。英語の辞典でこの単語は「政治的な目的のために計画的に暴力を、特に殺人や爆弾を使う人(A terrorist is a person who uses violence、especially murder and bombing、in order to achieve political aims)」と定義されている。

 菅官房長官の論理のとおりならば、安義士が個人的な政治目的のために伊藤博文を狙撃したということだ。だが、その答がまさにこの展示館にある。ここに展示された110点余りの資料は、明らかなファクトで安義士の偉業の目的を雄弁に物語っている。アジアを血の海にした日本帝国主義の残忍な侵略戦争に対する狙撃であり、人類平和を渇望する1人の若い将軍の意気だったということだ。

 中国側も安義士写真の下に「東洋平和の創意者」という文を掲げて、「狙撃」が平和を大切にした末のものだったという点を明確に明らかにしている。実際もそうだった。端的な例が、旅順の監獄で死刑執行前の安義士が、日帝に東洋平和論の執筆を終えたいから死刑執行の日時を延期してほしいと要求した資料だ。しかし日帝はこれを拒否して死刑執行を押し切る野蛮性を見せた。

 資料室には、安義士の平和思想に魅了されて彼の遺墨の一点をもらおうとする日本の官員たちが続出したという資料もある。これは日本自らも安義士の挙事に個人的な政治目的がなかったことを認めたものといえる。

 世界のどの時代、どこのテロリストが死刑直前に人類平和のための執筆をこれほど渇望したことがあっただろうか。だから言う話だが、安倍首相と彼の閣僚は安重根記念館に必ず一度行ってみるべきだ。行って、客観的資料を見て、安義士をテロリストと呼ぼうが義士と呼ぼうが好きにすればいい。それが義のために割腹するという日本の伝統文化、侍精神ではなかったか。

チェ・ヒョンギュ北京特派員

最終更新:1月22日(水)9時29分中央日報日本語版

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000005-cnippou-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 はたして、テロリストは「個人的な政治目的のために活動する人」のことなのでせうか?

 例えば、9.11テロを実行したタリバンのテロリストは、個人的な政治目的のために活動していましたっけ?

 『タリバン』はイスラム原理主義の『集団』ですよね。

 タリバンは集団の意思としてテロを行っているわけです。

 だからテロリストは個人的な政治目的のために活動する人のことではありません。

 こうやって話をすり返るのがチョーセン人のやり口ですね。

 皆さんもチョーセン人のウソにだまされないでください。

 所詮、人殺しの言い訳なんて、聞くに値しないですよね~♪smile

 

 

 

 

|

« 「安重根はテロリスト」、日本の官房長官の発言に韓国が猛反発しているニダ~! | トップページ | 従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 金が目的だったニダ~ »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/54706177

この記事へのトラックバック一覧です: テロリストは、個人的な政治目的のために暴力する人のことニダ~!:

« 「安重根はテロリスト」、日本の官房長官の発言に韓国が猛反発しているニダ~! | トップページ | 従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 金が目的だったニダ~ »