« 中国は正義の味方、カンフーパンダだアルヨ~! | トップページ | 朴大統領が日本の円安政策を批判したニダ~! »

2014/11/17

日本市民団体が法務省文書から慰安婦強制連行を確認したニダ~!

H9

※ 画像はイメージです。

日本市民団体が法務省文書から慰安婦強制連行を確認

WoW!Korea 11月14日(金)23時29分配信

 第2次世界大戦当時、旧日本軍が慰安婦にするため女性を強制連行したという戦後の裁判記録を日本政府が調査して内部報告を行なっていたことが確認された。

 日本の市民団体で構成された「日本軍慰安婦問題解決全国行動」の説明によると、法務省は軍事裁判でBC級戦犯とされた戦犯の裁判記録から、慰安婦の強制連行があったという内容が記された裁判記録を発見し、旧日本軍による慰安婦問題への関与を認めて謝罪した1993年の河野談話発表前に内閣官房に報告したという。

 当時法務省は、第2次大戦時に旧日本軍がインドネシア・ジャワ島に設置した慰安所に関連した日本軍将校と軍務員など10人に対する裁判記録を検討した後、「いわゆる従軍慰安婦問題の調査結果について」というA4用紙4枚の文書を作成していた。

 法務省は事件にかかわった日本軍少佐が、オランダ人女性が売春に応じないことを認識しながらも脅して売春を強要したという事実が認められ、死刑の宣告を受けたと報告した。判決は、女性が自発的に慰安所で仕事をする前提で慰安所設置が許可されたため、女性を慰安婦として連行すれば条件違反だが、少佐がこれに配慮しなかったと判断した。

 別の陸軍中将は部下や民間人が女性を抑留所から慰安所へ連行し、売春を強制するなど、戦争犯罪を行った事実を知っていた、また知ることができたにもかかわらず黙認したという理由で懲役12年の判決を受けた。

 法務省は判決文の内容を調査し、慰安所運営のために女性を連行して抑圧することがあったことが確認されたと報告した。保管されている裁判記録のほとんどが、裁判を行った国家から正式に入手したものではなく、被告人や遺族、弁護人などを通じて確保したものであり、原本資料との同一性が確認されなかったというただし書きを付けた。

 同団体は法務省が作成した報告書を情報公開請求により確保した。同報告書は、安倍第1次内閣当時の2007年3月に、政府が発見した資料には軍や官憲による強制連行を直接示すような記述は発見されなかったとして、強制連行の存在を否定したことと矛盾するものであり、今後、議論になるものとみられる。

Copyrights(C)wowkorea.jp

最終更新:11月14日(金)23時29分WoW!Korea

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000074-wow-kr

 

 売国奴は素晴らしいですね。

 反論しないと認めたことになってしまうといけないので、反論させていただきます。

 これは白馬事件(スマラン事件)の資料のようですね。

 戦時中、軍の上層部からは植民地の女性を強制連行して慰安婦にしてはいけないと言う命令があったのですが、それを守らなかったのがスマラン事件です。

 ですからこれは国や軍の犯罪ではなく、個人の犯罪です。

 だから、死刑になったんですよね。

 反日売国市民団体やチョーセン人は、これを植民地の全域で行われていたことにしたいようですが、あくまでこれは一部の不届き者の犯罪です。

 植民地の全域で同じようなことが行われていれば、同じように植民地の全域で大変な数の死刑が行われていなければいけませんね。

 反日売国市民団体はもっと勉強しないといけませんね~♪delicious

 

 

 

|

« 中国は正義の味方、カンフーパンダだアルヨ~! | トップページ | 朴大統領が日本の円安政策を批判したニダ~! »

従軍慰安婦はいない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/58003068

この記事へのトラックバック一覧です: 日本市民団体が法務省文書から慰安婦強制連行を確認したニダ~!:

« 中国は正義の味方、カンフーパンダだアルヨ~! | トップページ | 朴大統領が日本の円安政策を批判したニダ~! »