« 北朝鮮の新スローガン「理想郷」か「キノコの国」かニダ~!  | トップページ | 10日以上ベッドを共にした新婦が、男だったアルヨ~! »

2015/02/18

消防署員の耐火服がニセモノだったニダ~!

B7

※ 画像はイメージです。

消防署員の命綱…特殊耐火服5300着がニセモノ=韓国

中央日報日本語版 2月17日(火)10時24分配信

 性能検査さえ受けなかった消防用特殊耐火服5300余着が全国消防署員に支給されていたことが一歩遅れて確認された。国民安全処は、このために問題になった5300余着を含め最近納品された1万9000余着すべてを着用しないように一線の消防署に通知した。どの耐火服が検査を受けていないのか判別できないためだ。問題になった耐火服はD社とK社の2社が2年前から調達庁の入札を経て市や道に供給したものだ。2社が納品した耐火服のうち一部で、韓国消防産業技術院(KFI)の製品認定検査を受けていないことが発覚した。納品会社は耐火服が火炎や高温に耐え切れるのか確認する製品認定検査を必ず経なければならない。

 安全処は調達庁が契約した耐火服1万9300余着と製品認定検査を通過した耐火服の数量を比較した。その結果、5300余着が検査をせずに納品されたことが明らかになった。だが、「不良耐火服」がどれかは識別できないでいる。すでに火災現場で使われたものもあり、消防署員が安全の確認されていない「不良耐火服」を着用して消火活動にあたったと言える。

 安全処関係者は「調査対象耐火服にある合格表示が似ていて耐火服の真偽を判別できなかったため消防署員の安全を考え1万9000余着すべて着用しないようにした」とし「納品会社2社を検察に告発して190億ウォン(約20億円)かけて耐火服の再購入を進めている」と話した。ある消防署員は「情報提供がなかったら安全が検証されていない耐火服をずっと使っていただろう」としながら「調達庁を通じて納品され、一着数十万ウォンもする耐火服のニセモノが出回っていても政府が知らずにいたとは話になるか」と批判した。

最終更新:2月17日(火)10時24分中央日報日本語版

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000008-cnippou-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 耐火服がニセモノでは、消火作業はできませんね。

 こいつらは一体何がしたいのでせうか?

 ただ、人の命を守るつもりがないことだけはわかります~♪lovely

 

 

 

 

 

 

関連記事)【取材日記】消防署員の耐火服まででたらめな韓国

中央日報日本語版 2月17日(火)16時5分配信

 「軍人が自身の小銃と防弾服の性能を信じられなければ戦場で保身を図るほかなくなるでしょう。消防署員が耐火服を信じられなければ火のそばに接近しようとしますか。遠くから水を放つだけなら、その被害は国民が受けるのではないですか」

 10年余り前、火災現場で知り合った消防署員イさん(47、消防警)が16日朝、激昂した声で電話をかけてきた。性能検査を受けなかった特殊耐火服5300余着が全国消防署に供給され、政府が関連会社から納品された1万9300余着全ての使用を中止させたという記事を見て怒り心頭の状態だった。彼は「耐火服は消防署員の命を守るだけでなく、結局は国民の命を守る服」と繰り返し話した。

 耐火服は市や道の消防本部が調達庁を通じて購入する。企業は納品前にひとつひとつ韓国消防産業技術院(KFI)の検査を受けなければならない。ところがここ2年間は2社が5300余着を検査を通さず納品した。認証を受けたように合格印まで押した。このような事実は「調達庁が契約した数量」と「KFIで検査を通過した数量」を照らし合わせることによって明らかになった。検査通過件数より納品物量が5300着余り多かったのだ。認証検査には1着あたり3万540ウォン(約3300円)がかかる。調達庁は納品会社がこの費用を惜しんだものと推定している。

 調達庁の摘発は情報提供から始まった。競争企業か内部関係者かは分からないが、この情報提供がなかったとすれば認証が偽造された耐火服は今後もずっと納品されていたかもしれない。調達された装備が正規商品なのかどうかを確認するシステムが政府になかったということだ。

 この消防警によると、最近支給された耐火服を着ることができなければ、一部の消防署員は非番である同僚の耐火服を着て出動しなければならない。彼らは服を借りて着るたびに欲にくらんだ業者と無能な役人たちをののしるだろう。問題の企業等は「製品には欠点はない。納品期日に合わせようとしたところ、検査を省略することになった」と言い張っているようだ。実際に性能には問題がないのかもしれない。だが、すでに消防署員の信頼にはひびが入った。現場に出動した消防署員が火の中で情熱を傾ける前に、着ている耐火服を見つめながら躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。

 韓国では年間平均7人の消防署員が殉職する。人口に比べて消防署員の殉職率は日本の2.6倍になる。装備の不良もこの比率を押し上げる一因となっている。危険の第一線で命を賭けて仕事をする彼らに耐火服一着もまともに用意することができないこの国が恥ずかしい。

 捜査に着手した検察が耐火服関連企業だけでなく、KFIや市・道の消防本部装備調達関係者も捜査し、内部者の加担がなかったどうかまで明らかにすることを望む。国民の命の代わりに自分の欲を満たそうとした者を必ず探し出さなければならない。

イ・サンオン社会部門記者

最終更新:2月17日(火)16時5分中央日報日本語版

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000022-cnippou-kr

|

« 北朝鮮の新スローガン「理想郷」か「キノコの国」かニダ~!  | トップページ | 10日以上ベッドを共にした新婦が、男だったアルヨ~! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/58968737

この記事へのトラックバック一覧です: 消防署員の耐火服がニセモノだったニダ~!:

« 北朝鮮の新スローガン「理想郷」か「キノコの国」かニダ~!  | トップページ | 10日以上ベッドを共にした新婦が、男だったアルヨ~! »