« 旅行業界をおびえさせる、韓国人クレーマーの度を越した行状とはニダ~! | トップページ | 東京・銀座の高級ブランド店で、不審な動きを見せる中国人の正体アルヨ~! »

2015/07/24

元従軍慰安婦を主人公にした映画が作られることになったニダ~!

Ba9

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 慰安婦映画、シナリオ公募に298作品

朝鮮日報日本語版 7月23日(木)9時22分配信

 元従軍慰安婦を主人公にした映画が作られることになった。

 CJグループが設立した財団法人CJ文化財団と女性家族部(省に相当)昨年4月から従軍慰安婦をテーマにしたシナリオを公開募集し、応募があった298作品のうち4作品を製作候補シナリオに選定したことを22日、明らかにした。今年9月に韓国の主な制作会社・投資会社が4作品のうち少なくとも1作品を選び、映画化することになる。

 「マツコの戦争」(ウォン・ヨンジン作)という作品は、日本の右翼政党トップの妻マツコ(韓国名:ミジャ)がかつて強制動員された慰安婦だったというストーリーだ。マツコの孫が政界に進出、選挙戦略で「慰安婦はねつ造された歴史だ」と主張したところ、祖母のマツコが自身の過去を告白するという内容。審査員のハン・ヘイン研究員は「日本はかつて自国民も従軍慰安婦として送り込んだ歴史を持つが、政府も被害者もこれをなかったことのように口を閉ざしている。慰安婦に対し妄言を発する人々の祖母が慰安婦だったかもしれないという発想が高得点につながった」と説明した。

 また、審査員の映画監督オ・ギファン氏は「当時の慰安婦の(心の)痛みや傷は癒えておらす、さらに深くなっていくという状況を描いた作品が多数出品された。複数の行政機関に所構わず苦情を言う『苦情の女王』の高齢女性を登場させ、堂々と加害者に謝罪を要求する様子を描いた『I can speak』(カン・ジヨン作)がその代表的な例だ」と述べた。

 厚顔な加害者と生涯自分を恥じて生きなければならない被害者の姿を描いた「国民俳優ムン・ホンニョ」(チョン・ギハク作)、慰安婦として拉致されたが脱出したものの、その間に妹が連れて行かれたと聞いて腕の立つ狙撃手の弟子となり、日本軍に立ち向かうというアクション活劇「ソニ」(チョン・ジャヨン作)も高く評価された。

最終更新:7月23日(木)9時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000823-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 このようにして、歴史は韓国で捏造されるんですね。

 チョーセン人が少女を騙して慰安婦にすると言う、正しい歴史はチョーセン人には描けませんね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

|

« 旅行業界をおびえさせる、韓国人クレーマーの度を越した行状とはニダ~! | トップページ | 東京・銀座の高級ブランド店で、不審な動きを見せる中国人の正体アルヨ~! »

I LOVE 韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/60860380

この記事へのトラックバック一覧です: 元従軍慰安婦を主人公にした映画が作られることになったニダ~!:

« 旅行業界をおびえさせる、韓国人クレーマーの度を越した行状とはニダ~! | トップページ | 東京・銀座の高級ブランド店で、不審な動きを見せる中国人の正体アルヨ~! »