« 中国が世界の国家革新指数を発表したアルヨ~! | トップページ | 中国国内で毎年消費される食肉用の犬は1000万匹に達するアルヨ~! »

2015/07/11

夏だ! プールに行こう!

L3

※ 画像はイメージです。

恐怖すら感じるプールの不衛生さ=尿、痰、たばこ、虫、カエル…、水の入れ替えは1年に1回―広東省広州市

Record China 7月10日(金)10時3分配信

 2015年7月9日、新快報は中国広州市のプールの衛生事情について伝えた。

 暑い日が続くなか、最近、プールをめぐって中国人の間で、夏の混雑したプールがどれだけ不衛生かといった嘆きが話題になっている。新快報の記者が取材した結果、いくつかの問題点が浮上した。

 まず、水質の問題。広州市の衛生部門が公開している水質のデータによると、2012年は231のプールのうち、水質が基準をクリアしていたのはわずか55%。2013年は337カ所を調査して64.1%、2014年は366カ所を調査して69.4%で、依然として3割が基準を満たしていない。

 次に漂流物の問題だ。プールには、枯れ葉やハエなどの昆虫のほかに、カエルが泳いでいるケースもあるという。記者が市内のプールを調査したところ、虫の死骸や頭髪、食品の袋なども漂っている。利用者によると、プールの管理者はこうした漂流物の除去に積極的ではなく、クレームがあって初めて網を持ってすくいに来るという。

 利用者のマナーも指摘されている。子どもがプールの中でおしっこをしてしまうことは大きな問題の1つだ。ある女性によると、プールで小さい男の子が母親に「おしっこしたい」と言うと、母親はそのままプールの中でするように言ったという。また、プールサイドで喫煙している人のたばこの灰がプールに落ちたり、プールの中に痰を吐いたり、プールに入る前の消毒用プールに入らない客も多い。

 このほか、資格を持たない監視員が監視を行っていることや、プールの水の交換には莫大(ばくだい)な費用がかかるため、水をすべて入れ替えるのは1週間に1回、ひどいところでは1年に1回というところもあるという。広州市第一人民医院の医師は、水質に問題があるプールでは目や皮膚、耳、呼吸器、腸などさまざまな病気のリスクが高まるとしている。(翻訳・編集/北田)

最終更新:7月10日(金)10時3分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000025-rcdc-cn

 

 中国は素晴らしいですね。

 中国人の衛生感は侮れないですね。

 中国のプールに行って変な病気にならないように注意しませう~♪wave

 

 

 

 

 

|

« 中国が世界の国家革新指数を発表したアルヨ~! | トップページ | 中国国内で毎年消費される食肉用の犬は1000万匹に達するアルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/60689837

この記事へのトラックバック一覧です: 夏だ! プールに行こう!:

« 中国が世界の国家革新指数を発表したアルヨ~! | トップページ | 中国国内で毎年消費される食肉用の犬は1000万匹に達するアルヨ~! »