« クリム書体は日本のものだから、使っちゃいけないニダ~! | トップページ | 慰安所はチョーセン人が経営していたニダ~! »

2015/08/04

男児の心臓に針が刺さっていたアルヨ~!

H5

※ 画像はイメージです。

泣きやまない生後7カ月の乳児、検査で判明した驚きの理由とは―中国

Record China 8月3日(月)14時0分配信 

 2015年8月1日、中国河南省信陽市で先月、生後7カ月の乳児の心臓に刺さっていた縫い針の摘出手術が行われた。中国メディア・大河網が伝えた。

 突然大泣きを始めて、少しも泣きやむ様子を見せない7カ月の男児。発熱を繰り返すようになったため、両親は男児を病院に連れて行った。

 河南省胸科医院の田振宇(ティエン・ジェンユー)心臓外科副主任は、「男児はただちに手術が必要なほど危険な状態にあった」と話す。検査の結果、男児の心臓に針が刺さっていることが判明した。心臓からの出血や感染症の併発、肺や食道の損傷がいつ発生してもおかしくない状況だった。

 針の摘出手術が先月5日に行われた。針は奇跡的に右心室の壁の部分に刺さっており、手術は1時間で終了した。摘出されたのは長さ4.5センチの縫い針で、一部にサビが生じていた。そのうちの4センチが心臓部分に突き刺さっていた。男児は同31日に無事退院したが、なぜ心臓に縫い針が刺さっていたのか、その原因は不明だ。男児の家族は、「手作りの掛布団に縫い針が刺さったままだったのかもしれない」と話している。(翻訳・編集/本郷)

最終更新:8月3日(月)14時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000032-rcdc-cn

 

 中国は素晴らしいですね。

 心臓に縫い針が刺さっていたのなら、泣き止まなくて当然ですね。

 でも、何故心臓に縫い針が刺さっていたのでせうね? 中国なら何が起きても不思議ではありませんがね~♪wink

 

 

 

 

|

« クリム書体は日本のものだから、使っちゃいけないニダ~! | トップページ | 慰安所はチョーセン人が経営していたニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/61015673

この記事へのトラックバック一覧です: 男児の心臓に針が刺さっていたアルヨ~!:

« クリム書体は日本のものだから、使っちゃいけないニダ~! | トップページ | 慰安所はチョーセン人が経営していたニダ~! »