« 大きなトランクの中から、「開けないで~」と人の声が聞こえたアルヨ~! | トップページ | 実際の会場はガラガラだったのに、中国政府系メディアが『満場からの熱烈な喝采』などと“ホラを吹いているアルヨ~! »

2015/09/28

駅員がいないので、みんなで無賃乗車しませうアルヨ~!

C3_2

※ 画像はイメージです。

「駅員いないぞ。しめた、それっ!」・・・無賃乗車多発の上海地下鉄、「無修正画像」公開へ

2015-09-27 15:35

 「近くに駅員はいないようだ。しめた。それっ」――。改札機のバーを潜り抜ける人々。上海市の地下鉄で、長年にわたって続く光景だ。頭を痛めた地下鉄会社は、公開する画像から「モザイク」をはずすことにした。上海紙の新聞晨報が伝え、ネットメディアの新浪網なども転載した。

 上海市地下鉄に設置されている自動改札機は、乗車券や定期券を「正しく使用」すれば、3本セットになった金属棒が回転して乗客が通れる方式だ。乗車券なしでも身をかがめると、金属棒の下を潜り抜けることができる。

 無賃乗車が問題になったのは最近のことではない。2013年にも、地下鉄の改札口の光景を撮影した動画が公開され、評判になった。同動画は改札口のごく一部を撮影しただけだが、料金逃れのために改札機を“スルー”した人は約1分間で16人に達した。

 新聞晨報によると「無賃乗車はますます増加し、人目をはばからない勢い」になった。他の乗客がいても関係ない。むしろ利用者が多く駅員の目が行き届かないラッシュ時に無賃乗車が多発しているという。

 これまでも「正しい乗車」を求めるために、地下鉄会社は微博(ウェイボー、中国版ツイッター)の公式アカウントで、「改札機くぐり抜けの術」で無賃乗車をする人を撮影した写真を公開してきた。しかし顔の部分にモザイクを施していたため「あれじゃ効果がない」などの指摘があった。

 そこで最近になり新たな試みとして、顔写真の「適切な公開」を行うことに決めたという。

 「改札機くぐり抜け」とともに問題になっているのは、満70歳以上の利用者を優待する「敬老カード」の、本人以外の使用だ。

 地下鉄会社は「敬老カード」の不正利用が発覚した場合、金融会社などが利用する「個人信用情報システム」に関連情報を付記することにした。その結果、進学や就職、ローン利用、経営活動などが制限される場合がある。

 開始したのは2014年8月だが、今年(15年)5月12日までに、5971人が不正を摘発され、うち1401人が「個人信用情報システム」に情報が書き込まれた。

 「敬老カード」を不正使用した者は40-50代の無職者が多く、「個人信用情報システム」とは無縁の生活をしている場合が全体の7割以上だった。そのため、抑止力として有効さを疑問とする声がある。(編集担当:如月隼人)

searchina

http://news.searchina.net/id/1590016?page=1

 

 中国は素晴らしいですね。

 無賃乗車がなければ中国ではありませんね。

 むしろ、無賃乗車は中国起源かもしれませんね~♪train

 

 

 

 

|

« 大きなトランクの中から、「開けないで~」と人の声が聞こえたアルヨ~! | トップページ | 実際の会場はガラガラだったのに、中国政府系メディアが『満場からの熱烈な喝采』などと“ホラを吹いているアルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/61795017

この記事へのトラックバック一覧です: 駅員がいないので、みんなで無賃乗車しませうアルヨ~!:

« 大きなトランクの中から、「開けないで~」と人の声が聞こえたアルヨ~! | トップページ | 実際の会場はガラガラだったのに、中国政府系メディアが『満場からの熱烈な喝采』などと“ホラを吹いているアルヨ~! »