« 「慰安婦狩りなかった」「慰安婦強制連行はなかった」、いわゆる『従軍慰安婦』は戦後に作り上げられた机上の空論ですニダ~! | トップページ | テロは人類の敵アルヨ~! »

2015/11/19

中国政府が一方的にISとウイグル族を結び付け、ウイグル族に対する弾圧を合理化しようとしているアルヨ~!

D3

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 「ウイグル族300人がIS加入」 中国紙報道に一部外電「弾圧の合理化」

朝鮮日報日本語版 11月18日(水)9時11分配信

 米の自由アジア放送(RFA)は16日、パリ同時テロの翌日に当たる14日、中国新疆ウイグル自治区のウルムチ空港の旅客機内でウイグル族2人がテロ容疑で逮捕されたと報じた。中国紙環球時報は、イスラム過激派組織、イスラム国(IS)に加わるウイグル族が増え、中国当局がテロの脅威に苦しんでいると指摘した。

 中国の習近平国家主席は15日、トルコで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の非公式の場で「我々が直面する最大の試練はテロだ」と述べた。外電報道によれば、習主席は「中国も新疆ウイグル自治区のイスラム勢力から深刻なテロの脅威を受けている被害国であり、中国のテロ撲滅も支持してもらいたい」という趣旨の発言も行ったという。中国公安当局は同日、空港、鉄道駅、商業施設、学校でテロ防止策を立て、銃器、危険物などの監視、小包の安全検査を強化すると表明した。

 中国当局がパリ同時テロに敏感に反応したのは、最近ウイグル分離独立運動勢力がISに加わるケースが増えているためだ。マレーシアのアーマド・ザヒド内相は今月1日、「ウイグル族のIS隊員は少なくとも300人いる」と発言した。張春賢・新疆ウイグル自治区共産党委員会書記は今年3月、「最近中国国内のテロで摘発された犯人の相当数がシリアで訓練を受け帰国した中国籍のIS隊員だった」とっ公式に言及した。

 環球時報は、ISに加入を希望するウイグル族は、マレーシアで偽造旅券を入手後、トルコなど第三国を経由し、シリアやイラクに潜入すると伝えた。実際に昨年10月、ISに加わろうとしたウイグル族155人がマレーシアへの不法入国で摘発された。今年4月にはトルコのIS勧誘担当者がトルコの偽造旅券5万冊をウイグル族のIS勧誘のために中国に送ったと語った。

 ウイグル族のIS加入は昨年から急増しているという。昨年7月にISの最高指導者、アブ・バクル・アル・バグダディ容疑者は「ウルムチは強制的に中国に服属させられた」などと1949年に中国がウイグルを統合した歴史に言及し、ウイグル族にIS加入を呼びかけた。

 英週刊誌ザ・ウィークは、中国の指導部が中東で訓練を受けた中国籍のIS隊員による中国での大規模テロを心配していると伝えた。しかし、一部外電は中国政府が一方的にISとウイグル族を結び付けたとし、「中国がウイグル族に対する弾圧を合理化しようとしている」と分析した。

最終更新:11月18日(水)9時11分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000903-chosun-kr

 

 中国は素晴らしいですね。

 ISとウイグル族を結び付け、ウイグル族に対する弾圧を合理化するとは、極悪非道ですね。

 ウイグルより、中国共産党独裁政権によるテロのほうが深刻だと思います~♪catface

 

 

 

 

 

|

« 「慰安婦狩りなかった」「慰安婦強制連行はなかった」、いわゆる『従軍慰安婦』は戦後に作り上げられた机上の空論ですニダ~! | トップページ | テロは人類の敵アルヨ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/62568052

この記事へのトラックバック一覧です: 中国政府が一方的にISとウイグル族を結び付け、ウイグル族に対する弾圧を合理化しようとしているアルヨ~!:

« 「慰安婦狩りなかった」「慰安婦強制連行はなかった」、いわゆる『従軍慰安婦』は戦後に作り上げられた机上の空論ですニダ~! | トップページ | テロは人類の敵アルヨ~! »