« 援助交際の申し込みに激怒、21歳韓国女性アイドルが警察に捜査依頼を出したニダ~! | トップページ | 慰安婦像撤去ができない「朴槿恵」大統領に教えたい前例があるニダ~! »

2016/01/15

学問の自由より慰安婦が大事ニダ~!

P3

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 「学問の自由より人格権」 朴裕河教授に賠償命令=「帝国の慰安婦」裁判 

朝鮮日報日本語版 1月14日(木)8時45分配信

 日本軍による従軍慰安婦被害者を「自発的な売春婦」などと記述した『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授に名誉を傷つけられ、人格権を侵害されたとして、慰安婦被害者9人が損害賠償を求めた裁判で、ソウル東部地裁は13日、朴教授に原告1人当たり1000万ウォン、計9000万ウォン(約875万円)の賠償金を支払うよう命じる原告勝訴の判決を言い渡した。

 問題の著書は、2013年8月に初版が発行された当時から慰安婦問題について、これまで知られていた事実とは異なる記述が論議を呼んだ。慰安婦被害者9人は「朴教授が著書で我々を『売春婦』とか『日本軍の協力者』などと売り渡した」と主張し、14年6月に原告1人当たり3000万ウォン、計2億7000万ウォン(約2625万円)の損害賠償を求める訴えを起こした。

 ソウル東部地裁は「日本政府と日本軍が慰安婦を募集、運営する上でで直接的、間接的に介入した事実は国連のさまざまな報告書、河野談話、国内外の学術研究結果などで認められている。それに基づけば、朴氏が著書に記述した内容中32カ所が虚偽事実に該当するか、極めて一部にすぎない事実を一般化して断定しており、慰安婦被害者の名誉を毀損し、人格権を侵害した」と判断した。

 ソウル東部地裁は本の記述のうち、「慰安婦の大多数はからゆきさん(日本人慰安婦)の後裔」「アヘンを軍人と共に使用したのはむしろ楽しむためだった」などとした10カ所を虚偽事実の摘示による名誉毀損に当たるとした。判決は「こうした記述は朝鮮人慰安婦が本人の選択で慰安婦になり、経済的代価を受け取って性売買を行う売春用従事者であるかのように暗示するもので、慰安婦被害者の社会的評価を阻害している」と指摘した。

 判決はまた、「慰安婦が軍人の戦争遂行を助けた愛国的存在」「慰安婦は軍人と同士的関係にあった」「性の提供は日本帝国に対する愛国を意味する」などといった朴教授の主観的意見22カ所について、慰安婦被害者の人格権を侵害したと指摘した。判決は「愛国」「協力」「同志」「戦争遂行」といった表現は若干の誇張という域を超え、慰安婦が被害者だという事実自体をねじ曲げていると判断した。

 朴教授は裁判の過程で憲法が保障する学問と表現の自由を掲げ、「本は日本を適切に批判するためのものであって、慰安婦問題には反論も含め、あらゆる事実を客観的に検証する姿勢が必要だ」と主張した。しかし、判決は「歴史的人物が生存している場合には人格権の保護が学問の自由に対する保護よりも相対的に重視される」と朴教授の主張を退けた。学問の自由が持つ限界を超え、他人の人格権を侵害したと判断した格好だ。

 今回の損害賠償訴訟とは別に、ソウル東部地検は昨年11月、朴教授は名誉毀損の罪でも在宅起訴しており、20日に初公判が開かれる。今回の判決は刑事裁判にも影響を与えるとみられる。

 慰安婦被害者のイ・オクソンさん(89)らは判決後に記者会見し、「裁判所は事件の重みと慰安婦被害者が受けた精神的ショックを十分に認めて判決を下したと思う」と歓迎した。しかし、一部には学者による学問上の記述を司法的な審査の対象にするのは学問・出版の自由に対する侵害につながるとする意見も存在する。

最終更新:1月14日(木)8時48分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000834-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 学問の自由より慰安婦の心情が大切とは驚く判決です。

 韓国は自分と違う意見を抹殺する、ファシズム国家ですね~♪

 

 

 

 

関連記事)(朝鮮日報日本語版) 「国民感情に従った判決」 朴教授著書出版社が裁判所を批判

朝鮮日報日本語版 1月14日(木)8時49分配信

 従軍慰安婦問題に関する『帝国の慰安婦』を執筆した朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授は13日、本の内容が慰安婦被害者の名誉を毀損したというソウル東部地裁の判決について、「裁判の結果を承服しかねる。控訴する」と述べた。

 朴教授は本紙のインタビューで、「学者として十分に研究を行い、資料を調査して書いたもので、本の内容に虚偽事実や名誉毀損に当たる部分はないと思う」と主張した。

 朴教授は「本全体を読めば、慰安婦被害者を批判しようとしているわけではないことが分かるが、一部の都合の悪い話だけ選び出して批判しているのが残念だ。そうした社会的ムードならば、学者が新たな主張と学説を明らかにするのは難しい」と指摘した。

 朴教授はまた、「本の問題とは別に(慰安婦被害者が暮らす施設)ナヌムの家と以前から対立があった。生前にナヌムの家の人々を批判した故ペ・チュンヒさんと私が親しかったせいだ」とも述べた。朴教授は「ナヌムの家が私を快く思っていないところに慰安婦支援団体を批判する内容が含まれたこの本が出版されるや、民事・刑事訴訟を仕掛けたものだ。近くウェブサイトを作成し、今回の裁判過程であったことを詳細に明らかにする計画だ」と話した。

 本を出版した出版社「根と葉」とチョン・ジョンジュ代表(53)も「本に描写された慰安婦の姿が自分の考える慰安婦のイメージとは異なるという理由で被害者に対する名誉毀損だと断定するのは誤りだ。裁判所が本に対する深い理解がないまま、慰安婦被害者の主張と国民感情に従った判決を下したと言え残念だ」とコメントした。

 チョン代表は「本に出てくるように日本軍の慰安婦の中には生計を立てるための慰安婦もいるのに、全ての慰安婦を『日本が銃剣で脅して性奴隷にした韓民族の純潔な少女』だというふうに定義すれば、他の観点は受け入れられなくなる。偏見で学問と表現の自由が侵害されてはならない」と主張した。

 一方、日本の菅義偉官房長官は同日、判決についての記者団の質問に対し、「一般論で言えば、いかなる国であっても『表現の自由』を保障することが重要だと思う」と語った。

最終更新:1月14日(木)9時21分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000847-chosun-kr

|

« 援助交際の申し込みに激怒、21歳韓国女性アイドルが警察に捜査依頼を出したニダ~! | トップページ | 慰安婦像撤去ができない「朴槿恵」大統領に教えたい前例があるニダ~! »

従軍慰安婦はいない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/63466951

この記事へのトラックバック一覧です: 学問の自由より慰安婦が大事ニダ~!:

« 援助交際の申し込みに激怒、21歳韓国女性アイドルが警察に捜査依頼を出したニダ~! | トップページ | 慰安婦像撤去ができない「朴槿恵」大統領に教えたい前例があるニダ~! »