« 中国では文化大革命の狂乱のさ中に、恐ろしい「人肉宴席」の犠牲となった人々がいたアルヨ~! | トップページ | 「覚せい剤」ナシでは、仕事がはかどらないニダ~! »

2016/05/15

平壌の国際マラソン大会での、北朝鮮の不正行為を南ア監督が暴露したニダ~!

C6_2

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 平壌の国際マラソン大会、北のトンデモ行為を南ア監督が暴露

朝鮮日報日本語版 5月14日(土)8時5分配信

 先月10日に北朝鮮の平壌で開かれた「万景台賞国際マラソン大会」で、北朝鮮の選手がオリンピック参加資格を得るため不正行為を行った、という主張がなされている。

 問題のマラソン大会に参加した南アフリカ共和国のデウォルド・ステイン監督が電子メールで暴露したこの内容は、最近「レッツラン・ドットコム」に掲載された。記事を書いたのは、陸上競技に関する米国の週刊誌『レース・レザルト・ウイークリー』のデビッド・モンティ記者。

 ステイン監督によると当時、北朝鮮のラ・ヒョンホ選手とリ・グァンボム選手が、オリンピック出場資格を得るためレースの途中でコースから外れ、近道を走ったという。両選手は同大会で、それぞれ2時間15分45秒(4位)と2時間16分25秒(5位)を記録し、オリンピック出場資格を得た。ステイン監督は
「35キロ地点まで7位と8位を走っていた2人が、突然4位と5位でゴールした。35キロを過ぎたある地点でコースを外れ、近道を走ったものと見られる」
「4-6位を走っていた選手らは、自分を追い抜く北朝鮮の選手を見ていないという」
と主張した。

 さらにステイン監督は、今回の大会ではゴール前で発生した事故のため、2位を走っていた北朝鮮のパク・チョルグァン選手が優勝したと語った。エチオピアのケテマ・ベケレ・ネガサ選手はパク選手を30メートル引き離し、トップを走っていたが、途中で大会関係者の車がコース内に入り込み、ネガサ選手がこの車を誘導車と勘違いしてその方向に走っていってしまい、ゴールが遅れたという。

最終更新:5月14日(土)8時5分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160514-00000411-chosun-kr

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 北朝鮮のマラソン大会なら、この程度のインチキは当たり前でせうか?

 そもそも北朝鮮でマラソン大会を行うこと自体が間違いなのでせう~♪pig

 

 

 

 

 

|

« 中国では文化大革命の狂乱のさ中に、恐ろしい「人肉宴席」の犠牲となった人々がいたアルヨ~! | トップページ | 「覚せい剤」ナシでは、仕事がはかどらないニダ~! »

I LOVE 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/65477326

この記事へのトラックバック一覧です: 平壌の国際マラソン大会での、北朝鮮の不正行為を南ア監督が暴露したニダ~!:

« 中国では文化大革命の狂乱のさ中に、恐ろしい「人肉宴席」の犠牲となった人々がいたアルヨ~! | トップページ | 「覚せい剤」ナシでは、仕事がはかどらないニダ~! »