« ソウルの伝統家屋村に中国人が大挙、ポイ捨てに路地で大便もアルヨ~! | トップページ | ベトナムの食堂に「中国人に売るものはない」と書かれた張り紙アルヨ~! »

2016/08/02

北朝鮮の核実験施設周辺で健康被害続出ニダ~!

A6

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 北朝鮮の核実験施設周辺で健康被害続出

朝鮮日報日本語版 8月1日(月)10時10分配信

 北朝鮮は2006年から今年1月まで核実験を4回強行したが、実験が行われた咸鏡北道吉州郡豊渓里周辺では住民の間で原因不明の頭痛や突然の体重減少、感覚機能の低下など、さまざまな症状が出ていることが調査により明らかになった。核実験場の周辺住民はこれらの症状を「鬼神病」と呼んでいるという。ところが北朝鮮政府は一連の症状の原因が核実験にある可能性を周辺住民に全く伝えておらず、現地出身の脱北者は韓国に来て初めて、これら健康被害の原因が放射能にあることを知らされるという。北朝鮮の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記や現在の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が現地周辺を視察したとの報道はこれまで1回もないが、これも放射能に伴う健康被害を避けるためとみられる。

 韓国で活動する脱北者団体「統一ビジョン研究会」が、北朝鮮で行われた1-3回目の核実験を間近で経験した吉州郡吉州邑出身の脱北者13人から聞き取り調査を行ったところ、彼らは全員が健康面の異常を直接経験しているか、あるいは現地で症状が出た住民を直接見たと回答していた。彼らが住んでいた吉州邑は核実験場のある豊渓里からわずか27キロしか離れていない。調査によると13人中6人は1回目の核実験(2006年10月)を間近で経験し、5人は1回目と2回目(09年5月)、2人が1回目・2回目・3回目(13年2月)を経験してから脱北した。4回の核実験を全て経験した脱北者は今回の聞き取り調査ではいなかった。

 3回の核実験を経験した40代の男性(2015年7月脱北)は「13年夏ごろから吉州郡全域で、体がだるく、食べてもやせ細り、頭痛に苦しむなど原因不明の症状に苦しむ人たちが出始めた」「現地ではこれらの患者たちについて『鬼神病にかかった』といううわさが広まっていた」などと伝えた。この男性は「鬼神病患者たちは症状がひどくなっても治療が受けられなかったため、占い師などを訪ねるしかなかった」とも証言している。

~~ 以下省略 ~~

最終更新:8月1日(月)13時30分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00000856-chosun-kr

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00000856-chosun-kr&p=2

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00000856-chosun-kr&p=3

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 健康被害が出ているにもかかわらず、認めないなんて、北朝鮮らしいですね。

 そのうち、北朝鮮全土が人の住めない場所になるまで、核実験を繰り返すのではないですかね~♪catface

 

 

 

 

 

 

|

« ソウルの伝統家屋村に中国人が大挙、ポイ捨てに路地で大便もアルヨ~! | トップページ | ベトナムの食堂に「中国人に売るものはない」と書かれた張り紙アルヨ~! »

I LOVE 北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/66790317

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験施設周辺で健康被害続出ニダ~!:

« ソウルの伝統家屋村に中国人が大挙、ポイ捨てに路地で大便もアルヨ~! | トップページ | ベトナムの食堂に「中国人に売るものはない」と書かれた張り紙アルヨ~! »