« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/27

韓国、大混乱中ニダ~!

A2

※ 画像はイメージです。

光化門広場で引火物質・血書・集団暴行…三一節も衝突懸念=韓国(1)

中央日報日本語版 2/27(月) 8:00配信

 ソウルの真ん中を分ける広場の集会が過激になっている。週末に続いて三一節(独立運動記念日)にもろうそく集会と太極旗(韓国の国旗)集会がともに大規模な都心デモを予告した。特に「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」(弾棄国)が青瓦台(チョンワデ、大統領府)方面への行進を警察にまず申告し、光化門(クァンファムン)広場に集まるろうそく集会側と衝突する可能性も排除できない状況だ。

 25日、ソウル太平路(テピョンノ)から徳寿宮(トクスグン)大漢門を通過して市庁前ソウル広場までは太極旗と星条旗を持って「朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾反対」を叫ぶ人々の声が都市に響いた。この声は清渓(チョンゲ)広場辺りで弱まる。ここからは拡声器を通じた「即刻弾劾、特検延長」というスローガンがより鮮明に聞こえる。

 週末の光化門広場とソウル広場には2つの島が存在した。警察の秩序維持方式も変わった。光化門広場とソウル広場の中間の清渓広場に立ち、カードを持ちながら通行する人たちに「相手側を刺激しないようカードを半分でたたんでほしい」と要求した。ある警察官は弾劾賛成カードを持ったある女性に「このまま向こう(ソウル広場)に行けば事故が発生するかもしれない。理解してほしい」と話した。女性はカードをたたんでかばんに入れた。

 憲法裁判所の最終弁論日が近づき、集会はさらに激しくなった。2リットルのボトルに入れた引火性物質、血書、集団暴行など、その間の集会ではあまり見られなかった物や手段が出てきた。午後3時30分ごろ、ソウル広場では「これが国か、国政壟断を清算しよう」と書かれたビラを配っていたヤンさん(68)が周辺にいた参加者から暴行を受けて病院に運ばれた。ろうそく集会に太極旗集会の参加者が乱入し、「北に行ってしまえ」と叫んだり、太極旗集会にろうそく集会の参加者が「朴槿恵アウト」カードを持って現れ、衝突も見られた。

最終更新:2/27(月) 8:00

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000003-cnippou-kr

 

光化門広場で引火物質・血書・集団暴行…三一節も衝突懸念=韓国(2)

中央日報日本語版 2/27(月) 8:00配信

 ソウル南大門(ナムデムン)警察署はこの日午後2時ごろ、大漢門付近で2リットルの引火性物質2本を所持していた男(68)を立件した。目撃者によると、男は「共産主義者を捕まえるために割腹自殺しにきた」と叫んだという。光化門では全国農民会総連盟が「お前たちの世の中は終わった」という内容の血書を書いた。

 広場の葛藤は日常にも表れている。ソウル九老(クロ)警察署は18日、地下鉄1号線列車の中で「金正恩(キム・ジョンウン)を逮捕するべきかどうか」と尋ねながら乗客の顔を殴った30代の男を逮捕した。この男は太極旗集会に参加しに行くところ、自分を見つめた市民に暴行を加えた。

 ろうそく集会に何度か参加しているというチェさん(60)は「同じ年頃の友人たちが最近になっていわゆる『偽ニュース』をより頻繁に送り始めている。一日に2、3回はある」と話した。チェさんが見せたスマートフォンには「文在寅(ムン・ジェイン)秘密資金暴露記者会見」「コ・ヨンテと秘密場所で会った検察」など出どころ不明のニュースが活発に共有されていた。昨年12月のある時事番組で「応戦集会の資金源は崔順実(チェ・スンシル)被告」という発言をした河泰慶(ハ・テギョン)正しい政党議員は、弾棄国の会員5433人に50億ウォン(約5億円)台の損害賠償請求訴訟にあった。

 26日の光化門広場では、先月7日のろうそく集会で「朴槿恵は内乱事犯」という遺書を残して焼身自殺した僧侶(64)の四十九日行事が行われた。弾棄国は同日、大邱(テグ)で太極旗集会を開いた。27日には憲法裁判所の前で双方の記者会見が予告されている。

最終更新:2/27(月) 8:00

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000004-cnippou-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 コリアウォッチャーの関心がクアラルンプールに向かっている間に、韓国は大混乱状態のようです。

 3月1日には、ソウルで何かが起こるかもしれませんね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/25

福島・仁川チャーター便に一部の韓国人が過剰反応

Ac3

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 「放射能まみれに…」 福島・仁川チャーター便に一部の韓国人が過剰反応

朝鮮日報日本語版 2/24(金) 20:26配信

 「東南アジアに胎教旅行して、奇形児が生まれてしまった。大量の放射能にさらされた飛行機に乗ったということか」

 愛敬グループ系列の格安航空会社(LCC)「チェジュ航空」が、福島-仁川間のチャーター機を運航すると決めたことで、一部の消費者が反発している。福島県では、2011年の東日本巨大地震で原発事故が発生した。ここに飛んでいった飛行機は放射性物質にまみれているかもしれないので不安だという。

 チェジュ航空の福島チャーター便は、福島の旅行会社が韓国に行きたい日本人観光客およそ100人を乗せる航空便を要請したのに伴い、編成された。原発事故の後、アシアナ航空などが就航していた仁川-福島路線は運航が取りやめられ、現在韓国から福島へ向かう定期路線はない状態だ。この飛行機は、3月18日に福島から仁川へ飛び、20日に再び福島へ戻る往復スケジュールを組んでいる。

 17日、あるオンライン育児コーナーには「私たち家族が乗る飛行機が、もしかすると福島に行った飛行機かもしれないという不安があるので、予約を取り消した。今後もチェジュ航空には乗りたくない」という書き込みがあった。ほかのポータルサイトの掲示板にも「一体、日本の旅行会社からいくらもらって、原発が吹き飛んだ場所に飛行機を送るのか」という抗議の書き込みが載った。一部の消費者は「愛敬から出た製品は利用せず、AKデパートにも行かない」と、愛敬に対する不買運動を提案した。

 しかし、こうした懸念は過剰だと専門家らは指摘する。福島空港は、事故が起きた福島第一原子力発電所から直線距離で57キロ離れており、放射線の値はソウルより低い。国家環境放射線自動監視網によると、17日午前6時の時点で、福島空港の放射線の数値は毎時0.07マイクロシーベルトなのに対し、ソウルは毎時0.09マイクロシーベルトだった。あるネットユーザーは「単に福島と往復した飛行に乗っただけで、放射線被ばくするはずがない。杞憂(きゆう)に近い」と書き込んだ。現在、全日空が札幌-福島便、ベトナム航空がハノイ-福島便を定期運航するなど、原発事故後に中断されていた福島との航空路線はかなり再開された。またアシアナ航空やジンエアーも、仁川-福島間の不定期便を運航することがある。

最終更新:2/24(金) 20:26

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00001278-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 反日のためならば、風評被害も当たり前でせうか?

 証拠のない議論をさせたら、チョーセン人が世界一ですね~♪wink

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

朝鮮人強制連行悲劇のシンボルになった「落書き」が、実は捏造であるという事実は韓国社会ではあまり知られていないニダ~!

Ag21

※ 画像はイメージです。

日韓対立煽動に利用された『強制連行の神話』(前編)

Wedge 2/22(水) 12:20配信

 「軍艦島」への関心が高まっている。きっかけになったのは、この夏に韓国で公開予定の映画『軍艦島』である。映画『軍艦島』は日本統治期に長崎県端島(通称:軍艦島。以下軍艦島とする)に強制連行され、炭鉱労働を強要された、それはもう奴隷のように酷使されたという朝鮮人たちを描いた物語である。韓国人が日本の炭鉱労働について持っているイメージといえば、強制連行、飢え、重労働、殴打……など、正に「地獄」のような世界だ。日本側は当時の記録、元軍艦島の住民の証言をもって「地獄」を否定するが、その声は一般の韓国人の耳には届かず、韓国には「軍艦島=地獄」という認識が定着している。

朝鮮人強制連行悲劇のシンボルになった「落書き」

 下に示す動画を見て欲しい。韓国の公営教育放送EBSが2014年12月18日に放送した教養番組「e歴史チャンネル」の1分10秒の部分に登場する場面。番組の導入部分として登場したこの画面で右下に書いてある(消えない傷―強制動員)というのがこの日のテーマだ。

 番組の内容は日本統治期、動員令により軍艦島に強制動員された朝鮮人たちの記録――危険な作業に従事したにも関わらず給料さえもまともに貰えない状況下で酷使され続けたり、あるいは、地獄のような島を脱出しようとして命を失った人々も少なくなかったというものである。

 導入部に登場したこの白黒写真は炭鉱の朝鮮人寮の壁に残されたという朝鮮人の落書きであるが、「お母さんに会いたい」「お腹すいたよ」「故郷に帰りたい」と書かれている。番組の内容を圧縮したような強力なメッセージである。この番組を見た韓国人の多くが日本に対して怒りの感情を抱いたことは間違いないだろう。だが、ここには見逃してはならない大きな問題がある。それはこの写真資料が「捏造」されたものだという問題である。

 実は、この写真は韓国ではよく知られた「写真資料」だ。ずいぶん前から書籍、新聞、TVなどを通じて紹介されているもので、最近でも軍艦島の強制連行についての話をするときには頻繁に持ち出されているものだ。つまり、この話で韓国人が日本に対する反感を抱くようになるために一役買っている「写真資料」なのである。


 尚、この写真は日本でも日本の植民地政策についての写真資料として大手メディアによって紹介されてきた。例えば、毎日新聞社が発行した書籍の中で、朝鮮人に対する日本の過酷な虐待の例として紹介されている。『別冊1億人の昭和史 日本植民地史(1)朝鮮』。だが、この写真資料は、いつ、どのようにして誕生したものなのか。その事実は伏せられたまま、写真だけが独り歩きしているのだ。


軍艦島ではなく福岡県筑豊炭鉱落書きだが それも映画撮影のために作られた「演出」

 実はこの落書きの写真が撮影された場所は軍艦島ではない。福岡県の筑豊炭鉱である。しかし、場所の問題よりももっと大きな問題は、落書き自体が「捏造」であるという点だ。

 この写真が最初に登場したのは1965年。在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮文学芸術家同盟が制作した映画『乙巳年の売国奴』という映画だ。筑豊炭鉱で朝鮮人労働者の痕跡を辿って撮影されたこの映画の中で労働者宿所の壁に書かれていた文字として紹介されたのが、この「落書き」が世に出た契機である。

 その後、この落書きの写真は韓国に渡り、日本の残忍性を示す資料として幾度となくマスコミにより拡散され、韓国全国民の記憶の中に刻まれるに至った。韓国育ちの韓国人であれば一度は見たことのある写真であるといっても過言ではない。

 この写真が捏造だということが明らかになったのは2000年。西日本新聞が報じた1月3日の社会面に大きく掲載された記事には、1965年に映画を撮影していた現場にいたスタッフの「告白」が掲載されている。「告白」によると、撮影時に監督の指示で壁に韓国語で落書きが書かれたのだという。その当時は深く考えてなかったが、後日、それが事実のように広まっているのを見て、真実を伝えなければならないと思ったというのだ。

以下に、元スタッフの告白を一部引用する。

ーー文字を書いた理由は?

元スタッフ 強制連行には映像資料が少ないでしょ。それに(朝鮮人寮は)廃屋で、撮るものがなかった。監督が「(連行されてきた人々の)思いがあった方がいいんじゃないか」と。その他のスタッフも「それがいい」となった。死と隣り合わせの過酷な労働、国を奪われた者の望郷の念を代弁したかった。

ーーなぜ今、事実を語る気になったのか

元スタッフ 二年前に雑誌で壁文字の写真を初めて見た。知人に相談したら、あちこちの本や雑誌に出てると聞いて、驚いた。壁文字は連行された人々の思いを表現しているが、演出が事実として独り歩きすることはよくないと思った。

(西日本新聞 2000年1月3日)

 この問題について、最も詳細に追跡しているのは、在日韓国人在野研究家、金光烈氏の著書『足で見た筑豊:朝鮮人炭鑛労動の記録』(2004)である。金光烈氏はこの本の中で、「落書き」について分析し、それが捏造であることを明らかにしている。

 ここまで、朝鮮人強制連行悲劇のシンボルになった「落書き」が実は捏造であるという話を紹介してきた。だが、これらは韓国社会ではあまり知られていない話とはいえ、日本国内で既に発表された内容である。

 後半は、「落書き」の裏にあるより大きな問題について述べる。この映画が作られた目的と背景についてだ。実は、映画『乙巳年の売国奴』は日本を批判することを目的とした映画ではない。日韓の「和解」を妨害するため作られた映画なのだ。


⇒後編に続く

崔 碩栄 (ジャーナリスト)

最終更新:2/22(水) 12:20


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00010004-wedge-kr
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00010004-wedge-kr&p=2

 

 韓国は素晴らしいですね。

 朝鮮総連の映画で捏造した落書きを利用して日本を貶めるとは、あきれたやつらです。

 捏造されたことが公になっているのに、そのことを伝えないとは、南チョーセン人も捏造体質ですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/22

北朝鮮国内で「金正男氏は敵に殺られた」との噂が拡散する理由ニダ~!

K2

※ 画像はイメージです。

北朝鮮国内で「金正男氏は敵に殺られた」との噂が拡散する理由

2017年2月21日 6時39分 デイリーNKジャパン

 北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件がメディアで報じられたのは、発生翌日の14日の午後。北朝鮮は現地の大使がコメントしている以外に公式の反応を示していないが、そもそも北朝鮮の国営メディアに金正男氏が登場したことは、一度もない。

ドラマ見たら処刑

 しかし正男氏が殺害されたという話は、北朝鮮国内でも相当な範囲に拡散するだろう。その媒介となるのは、第一に市場だ。

 咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、当局は16日から18日まで「光明星節(金正日氏の生誕記念日)の期間はゆっくり休むように」との指示を下し、金正日氏の生誕を祝う歌や踊りの会への参加を促した。

 かつてなら、国家的な記念日に店など出したら、たちまち取り締まりを受け、どんな仕打ちに遭うかわからなかった。ところが今では、市場周辺に平気で露店を出していて、取り締まりもとくに行われないとのことだ。

 人が集まるところでは噂が飛び交うもの。さっそくこんな話が聞かれたという。
「元帥様(金正恩氏)のお兄さん(金正男氏)が海外で活動していて、敵に殺された」
事件の顛末を詳しく知っている人でも、このようにデフォルメして話しているという。うかつに「弟に殺された」などと言って、当局に知れたら命がいくつあっても足りないからだ。

 そして少し時間が経てば、正男氏殺害を報じた韓国のテレビニュースが、USBメモリなどの記録媒体に収められ、北朝鮮国内に持ち込まれる可能性が高い。

 北朝鮮では、韓流ドラマなどを見たのがバレただけで、公開処刑などの重罪に問われる。それでも人々は、密かに見ることを決して止めようとしない。

 この点は、北朝鮮当局も分かっているようで、分かっていないのではないか。マレーシア駐在の北朝鮮大使が、事件について色々とコメントしてしまったのは、国民に対する情報統制では失敗だったかもしれない。

 1990年代までなら、北朝鮮は自国のテロ行為が国際社会に露呈しても、あくまで「敵の謀略」だと言い張った。

 海外の情報から隔絶されている北朝鮮国民の中には、それを信じる人も少なからずいただろう。しかし時代は変わり、情報はインターネットや記録媒体を通じて瞬く間に共有される。密かに持ち込まれた韓国のテレビニュースの中で、自国の大使がコメントする場面を見た人々は、「やっぱり本当なんだ」と確信するに違いない。

 また、北朝鮮には韓国や中国のラジオを密かに聞いて、情報を得ている人が相当数おり、韓国のテレビを見ている人すら存在する。軍事境界線から近いエリアはもちろんのこと、首都・平壌を越え、ソウルから300キロも離れた平安北道博川(パクチョン)や雲山(ウンサン)でも、韓国のテレビが受信できる。

 北朝鮮当局が、正男氏殺害の事実が国内で拡散するのを防ぐ手段はないと言っていいだろう。果たしてこの情報は、北朝鮮国民の胸中にどんな思いを生じさせるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12700461/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 今のこの時代に、情報統制だなんてお笑いですね。

 鎖国状態なのは、北朝鮮の指導部の頭の中だけですね~♪smile

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

韓国政府がテロリストの基準を発表したニダ~!

I6

※ 画像はイメージです。

韓国統一部「金正男氏殺害、北朝鮮媒体がこれをきちんと明かすことはない」

WoW!Korea 2/20(月) 13:51配信

 韓国政府は20日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害に関連し、「今後、北朝鮮媒体がこれをきちんと明かすことはないだろう」とする見解を示した。

 チョン・ジュンヒ統一部スポークスマンはこの日の定例会見で、金正男氏殺害に関連する北朝鮮媒体の報道について「犯罪者が自分自身が犯罪者だと明らかにすることがあるのか。北朝鮮がすべてを明らかにすると考えている人物は誰もいないだろう」と述べた。

 今回の行為を政府が“テロ”と規定したことについては
「基本的には政治的反対者らを警察や秘密要員、軍隊を動員して拉致したり暗殺したりする行為、また裁判なしで収監したり集団虐殺したりするものすべてがテロ行為に入ると国連では見ている」
と説明した。

最終更新:2/20(月) 13:51

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000043-wow-int

 

 韓国は素晴らしいですね。

 ついに、政府自らテロリストの基準を発表してくれました。

 この基準に沿って言えば、安重根も金九も尹奉吉も李奉昌も、みんな立派なテロリストですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/18

韓国で「大したことない」と言われたのに、中国で病院に行ったら「要入院」だったアルヨ~!

E5

※ 画像はイメージです。

韓国で「大したことない」と言われたのに…中国で病院に行ったら「要入院」だった!―中国人観光客

Record china

配信日時:2017年2月18日(土) 7時30分

 2017年2月14日、信息時報によると、中国広東省在住の母親が韓国旅行中に子どもの身に起きたトラブルに怒りをあらわにしている。

 同紙に訴えを寄せたのは広州市に住む張さんだ。今月上旬に5日間の日程で祖父母、姉と団体ツアーで韓国を訪れた張さんの息子はスキー中に足を負傷、現地では「大したことない」と言われたが、帰国後に骨折していることが分かったという。当時、本人と一緒にいた祖母は「防護ネットに衝突して物が孫の足に落ちて来て…。腫れたのでスキー場の救護室で包帯を巻いてもらい、その後救急車で病院に行った。それはもう痛がって…」と振り返り、医師が書いた韓国語の診断書を見た現地ガイドからは「大したことはありません。ちょっと擦っただけです」と聞かされたと説明。ガイドは「孫を連れてすぐに帰国したい」と訴える祖母に「大したことないですから」と強い口調で応じ、病院で薬が出なかった理由については「韓国の医師は薬を処方しません」と話したという。

 結局、張さんの息子は病院でギプスをされ、ホテルで休養。「骨折、要入院」が告げられたのは帰国翌日に国内の病院で診察を受けた時のことだった。張さん一家は
「面倒なことを避けるためにガイドがけがの程度をごまかしたのかもしれない。旅行会社は事故当日から昨日まで誠意らしいものを示さなかった」
と憤りを示しているが、会社の広報担当者は
「ガイドは規定に沿って業務をこなし、医師の指示もはっきりと伝えた」
とコメント、
「医師から薬は出なかったし、休息を取るようにとの指示だった」
と話し、保険に入っていなかった張さん家族のために保険金に代わる見舞金を支払う手続きを急いでいることを明らかにした。この件について、同市の弁護士は
「全ての状況を見て双方の責任を判断する必要がある。本当にけがの程度を偽っていたのであれば、張さん側は保険未加入でも旅行会社に賠償金を請求できる」
と指摘している。(翻訳・編集/野谷)

http://www.recordchina.co.jp/a164236.html

 

 韓国は素晴らしいですね。

 骨が折れているのに「大したことはない」と言い切るなんて、あり得ないですね。

 ケンチャナヨ精神は健在ですね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/16

ベランダの床から大量のごみは断熱のために入れたニダ~!

C4

※ 画像はイメージです。

ベランダの床から大量のごみ!驚きの事態に韓国の工事会社がまさかの言い訳=韓国ネット「衝撃的」「韓国という国が分からなくなってきた」

2017年2月16日 7時10分 Record China

 2017年2月15日、韓国・YTNによると、韓国でこのほど、修理工事を行った家の中の至る所から大量のごみが見つかるという驚きの事件が発生し、ネットユーザーの間に衝撃が広がっている。

 韓国・江原道春川にあるマンションに住む韓国人夫婦は一昨年、結婚を機にマンションの修理を行った。ところが最近、驚きの事実が発覚した。下の階で水漏れが起きたため、管理会社の職員2人とベランダの床を開けたところ、ガスボンベや電線、蛍光灯、たばこの吸い殻、ガラスなどのごみがぎっしり詰まっていた。修理工事をした際に出た建築廃棄物などがそのまま埋められていたという。同夫婦はすぐに工事会社へ抗議の電話をした。しかし、担当者から返ってきた答えは
「断熱のために入れた」
という驚くべきものだった。同夫婦は別の会社に依頼してベランダのごみを除去したものの、その後、浴室などの他の場所からも大量のごみが発見された。また、最初の電話以降、工事会社との連絡は途絶えており、警察も消費者保護機関も身動きが取れない状況だという。

 この報道に、韓国のネットユーザーからは
「断熱のためなら断熱材を入れていくべき。呆れた言い訳だ」
「衝撃的。被害者はその夫婦だけではないはず」
「最近、韓国という国が分からない」
「中国と張り合うつもり?」
「韓国の警察は本当に役立たず。逮捕して厳しく処罰するべき」

など、驚きや批判の声が相次いだ。その他、
「工事会社に全てを任せる方が悪い。家の中を修理する時は横でずっと監視していないと!」
「工事会社のほとんどが同じことをしているよ。韓国では当たり前のことだから特に驚かない」

などの声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

http://news.livedoor.com/article/detail/12680114/

 

 韓国は素晴らしいですね。

 「韓国では当たり前」なら、しょうがないですね。

 断熱には、断熱材を使ってほしいですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/15

「優勝馬を当てろ!」 小学生の息子を14時間監禁したニダ~!

S4

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 「優勝馬を当てろ!」 小学生の息子を14時間監禁 /済州

朝鮮日報日本語版 2/14(火) 10:56配信

 ソ被告(63)は2008年、済州市内の自宅に祈とう部屋を作った。さまざまな宗教団体で活動した経験があり、瞑想(めいそう)や修業によって将来を見通すことができるようになると信じていたからだ。競馬にはまっていたソ被告は祈とう部屋を作って妻に一日中「祈とう・瞑想して優勝馬を予想しろ」として「競馬祈とう」を強要した。妻が拒否すれば暴力を振るった。ソ被告の3人目の妻だったAさんは結局、2013年に家を出てしまった。

 すると、ソ被告はAさんとの間に生まれた、当時小学校6年生の息子に、翌週のレースに出場予定の騎手と競走馬の番号を覚えさせ、一日14時間にもわたり「優勝馬を当てろ」と脅した。息子が嫌がると木刀で殴り、優勝馬を当てられなければ顔を殴ったり、首を絞めたりした。息子の頭から血が出るほど暴力を振るっても病院に連れて行かなかった。

 14年に息子が中学校に入学した後も、ソ被告は「父の看病」を理由に息子をよく欠席・早退させた。生計給与の条件付受給者(生活保護受給者に相当)であるソ被告は、地域内の勤労保持型自活勤労事業に申請だけして仕事をしないまま出勤簿に虚偽の署名をして、27回にわたり59万ウォン(約6万円)を受け取ったこともあった。

 ソ被告は1992年にBさんと結婚して娘が3人生まれたが、2001年からBさんと娘に「競馬祈とう」を強要、暴行を続けた。当時8歳と9歳だった娘2人は毎日午前5時から一日平均7-8時間祈とうさせられた。これが発覚、ソ被告は06年7月から2年間、刑務所に服役したが、出所後に結婚した3人目の妻Aさんと息子にまた「競馬祈とう」を強要したことになる。

 済州地裁のキム・ジョンミン部長判事は13日、児童福祉法違反などで起訴されたソ被告に懲役4年6月を言い渡し、80時間の児童虐待治療プログラム履修を命じた。キム判事は「被害者たちは一生、傷を抱えて生きていくしかない」と述べた。

最終更新:2/14(火) 10:58

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00001066-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 子供を監禁して競馬を予想させるって、馬鹿ですか?

 仕事もしないで、何をしているのでせうかね~♪horse

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

スタート後に選手紹介!? 未熟な運営、平昌五輪に課題浮き彫りニダ~!

D2

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) スタート後に選手紹介⁉ 未熟な運営、平昌五輪に課題浮き彫り=スピードスケート世界選手権

朝鮮日報日本語版 2/13(月) 8:22配信

 9日から行われていた2017国際スケート連盟(ISU)スピードスケート種目別世界選手権(江陵スピードスケート競技場)が12日、幕を下ろした。各国の選手やコーチング・スタッフたちは大会施設や氷質にはほぼ満足している様子だった。ISUのヤン・ダイケマ会長(72)=オランダ=も12日、韓国人記者との懇談会で、
「小さな電光掲示板が2つしかなかったのが残念だが、大会は非常に順調かつ無事に行われた」
と評価した。

 しかし、平昌冬季五輪1年前の「リハーサル」的に行われた大会としては運営が未熟だったとの指摘も少なくなかった。各国選手やコーチング・スタッフが最も不便さを訴えたのは輸送に関する問題だった。車で1時間の距離にある公式宿泊施設(襄陽)と競技場(江陵)を行き来するシャトルバスが5台しかなく、運行間隔が30分・1時間・1時間15分などと不規則だったためだ。カナダ代表チームの関係者は
「翌日のシャトルバス運行時間が前日夜になってやっと決まるなど、練習予定を立てるのに支障があった」
と語った。基本中の基本である意思疎通ができず、運営に不便さを感じる事態もあったという。あるISU関係者は
「選手の宿泊施設や輸送に関する問題を担当する組織委員会担当職員が英語ができず、別の担当者の助けを借りていた」
と述べた。道案内するボランティアが観客席の位置を正確に知らずに迷う姿もしばしば見受けられた。

 全世界に生中継される五輪だったら恥をかきそうな一幕もあった。大会初日の9日、女子3000メートルの試合で、「レディ(用意)」という号令があった後に一足遅れで場内アナウンサーが選手を紹介したことだ。

 専門家の多くが
「平昌のハードウェアは完成段階にある。今後は大会運営に関心を注がなければならない」
と指摘してきた。今回の大会を通じて、こうした指摘が正しいことがあらためて証明された。組織委関係者は
「大会中に明らかになった問題点を把握し、完ぺきな五輪になるような計画を立てる」
と語った。

最終更新:2/13(月) 8:22

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000513-chosun-spo

 

 韓国は素晴らしいですね。

 スタート後に選手紹介をされても困りますね。

 韓国は本当にオリンピックをやるつもりがあるのでせうかね~♪chick

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安重根はテロリストニダ~!

G7

※ 画像はイメージです。

「安重根義士テロリスト論争」に対する韓国富平警察署の立場

中央日報日本語版 2/13(月) 11:35配信

 安重根(アン・ジュングン)義士の左手の掌印が「テロ予防ポスター」に使われて論争を巻き起こしている。

 11日、ツイッターで仁川富平(インチョン・プピョン)警察署が製作・配布した「テロ予防ポスター」写真が急速に広がった。

 あるツイッターのユーザー「これ、私だけ変だと思うだろうか」として問題を提起した。

 引き続き「誰が見ても安重根義士の手だが、これをテロ予防ポスターに入れるのが適切なものか」として自身の意見を書き込んだ。

 中国ハルビン駅で伊藤博文を暗殺した安重根義士がテロリストというニュアンスを漂わせているということ。

 これに対し、仁川富平警察署の関係者は中央日報との電話インタビューで「『テロに関するすべての行動をやめろ』という意味で手の平を入れたものだが、専門家ではなかったので手の平をそのまま入れることができず、ネット上の写真をキャプチャーしたようだ」と話した。

 引き続き「あいにく(それが)安重根義士の手の掌印だった。入念に確認できず、見逃したようだ。貶めようとした意図はない。20部程度を自主製作して5部程度仁川富平地下商店街に貼った」とし、「誤解の余地があり、該当ポスターを回収する措置を取っている」と立場を明らかにした。

最終更新:2/13(月) 11:35

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000022-cnippou-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 安重根がテロリストというのは世界の常識です。

 やっと韓国も世界の常識というものがわかってきたようですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

韓国の地下鉄駅にある食堂の驚くべき衛生状態ニダ~!

G2

※ 画像はイメージです。

韓国の地下鉄駅にある食堂の驚くべき衛生状態報道も、ネットからは「他の店も似たようなもの」の声多数

2017年2月11日 23時50分 Record China

 2017年2月9日、韓国・YTNによると、ソウルの一部地下鉄駅構内にある駅職員や一般市民が利用する食堂に、違法営業や衛生管理の不備などの問題が多いことが分かった。

 ソウルの地下鉄2号線・新村(シンチョン)駅構内にある食堂では、市民が平然と食事をする中、天井には雨漏りの跡のような黄色い染みが、換気扇周りには黒いほこりの塊が、そしてごみ箱の上に堂々と調理器具が置いてある。2号線・忠正路(チュンジョンノ)駅の構内食堂も同様で、調理師らは衛生用の手袋も着けず、紙幣を触った手で料理を盛り付けているとのこと。

 この2駅を含め、ソウルメトロが管理する水西(スソ)駅や乙支路3街(ウルチロサムガ)駅など5カ所の構内食堂で、衛生管理に問題があることが確認された。現行法上、一度に50人の食事を提供できる規模でないため区役所への営業届け出の義務がなく、自治体の管理が行き届いていないのだ。

 一方、一度に50人以上が利用可能な4号線・蘆原(ノウォン)駅にある構内食堂では、区役所に営業届けを出さずに10年以上も違法営業を続けていたことが分かった。これについて駅関係者は
「昔は営業届けを出さないのが普通だったが、営業するには届けを出さなければならないということで、去年届け出た」
と話している。

 管理監督責任のあるソウルメトロは、内部監査でこのような事実が明らかになるも、50人未満の食堂は届け出の責任がないとして、積極的な衛生管理に乗り出していない。

 この報道に、韓国ネットユーザーからは
「これは食堂の問題というより、設備を提供するソウルメトロが改善しないのが問題」
とソウルメトロの責任を指摘するコメントや、
「他の食堂に比べて特別悪いとは思わない」
「食堂の厨房は大体そんなもの。知ったら食べられなくなる」

とするコメント、
「それよりも明洞(ミョンドン)や鐘路(チョンノ)=いずれもソウル中心部の繁華街=の違法屋台の撤去が先」
「ここは社会マニュアル自体がない超適当なヘル朝鮮(地獄のような韓国)だから。何でも適当なんだ」

と、問題は別のところにあるとするコメントが数多く並んだ。

 一方、少数意見の中には
「食堂で働く人にも生活がある。稼いだところで大した額でもないし、これ以上税金を取らないで」
と食堂側を擁護するコメントや
「日本の駅構内の食堂に行ってみて。きれいでおいしい店も多い」
と日本と比較するコメントもあった。(翻訳・編集/松村)

http://news.livedoor.com/article/detail/12662156/

 

 韓国は素晴らしいですね。

 そんなホコリだらけのところでご飯を食べたら、ご飯を食べているのか、ホコリを食べているのかわからなくなるんじゃないですかね。

 チョーセン人はウンコを食べすぎて味覚がバカになっているんじゃないですかね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

HIV陽性の患者に使用された医療用チューブを使い回しして、患者5人がHIVに感染したアルヨ~!

I11

※ 画像はイメージです。

中国の公立病院で患者5人がHIV感染、医療器具の使い回しで

ニューズウィーク日本版 2/10(金) 12:10配信

<中国・杭州市の公立病院で、医療スタッフが手術に使用したチューブを使い回し、患者5人がHIV感染。あまりに杜撰な医療ミスに、ネット上には不安の声が>

 今週、中国・杭州市の公立病院で、患者5人がHIV(エイズウイルス)に感染していたことがわかった。病院の職員が、本来なら廃棄するべき医療器具を使い回していたために感染が広がった。

 英BBCの報道などによると、浙江省の省都・杭州市にある省管理の公立病院で、HIV陽性の患者に使用された医療用チューブを使い回していた。病院側は声明で、感染に関係した職員5人を懲戒免職などの処分にしたことを明らかにした。

 「手術の際に使用されたチューブがそのまま放置され、他の手術に使われて感染が起こった。これまでに患者5人のHIV感染が確認されている」と病院側の声明で説明され、「重大な医療ミス」だったことを認めている。

 声明では、これ以上に感染が広がっているかどうかはわかっておらず、どの患者が治療を受けているかも明らかにされていない。しかし感染した患者には賠償金が支払われるという。

 中国では2001年に、河南省で輸血用血液の杜撰な取り扱いによって、3~4万人の人たちがエイズウイルスに感染している。感染者からの献血が混入した血液が、多数の人に輸血されたことで感染が拡大していた。

 「省が運営するレベルの病院でさえ基本的なルールが守られていない。一般市民は誰を信用すれば良いのか?」。中国のSNS「微博(ウェイボ)」では、不安を訴えるユーザーの声が投稿されている。

エレノア・ロス

最終更新:2/10(金) 12:10

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00186113-newsweek-int

 

 中国は素晴らしいですね。

 医療用チューブを使いまわしするなんて、あり得ないですよね。

 そんなに経費を節約しないと、経営が成り立たないのでせうかね~♪happy02

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/10

昭和天皇に向けて手りゅう弾を投げた反日テロリストの記念館を建てるニダ~!

E5

※ 画像はイメージです。

昭和天皇の暗殺試みた独立運動家の記念館、ソウルに建設へ=「税金はこのように使うべき」「もっと早くに建設すべきだった」―韓国ネット

Record china

配信日時:2017年2月9日(木) 11時10分

 2017年2月8日、韓国のテレビ局KBSによると、日本の統治下で朝鮮独立運動を展開した運動家の記念館がソウル市龍山区に建設されることが分かった。

 龍山区のソン・ジャンヒョン区長は同日、李奉昌(イ・ポンチャン)の旧家があった区内孝昌洞に60平方メートル規模の記念館を2018年までに建設、近くに「歴史公園」を造成する計画を明らかにした。李奉昌は1932年、昭和天皇に向けて手りゅう弾を投げるなどした独立運動家だ。

 また同区では今月14日、伊藤博文を暗殺したことで知られる安重根(アン・ジュングン)の死刑宣告日(判決日)に合わせた行事が予定されている。前日の13日には、孝昌公園内にある安重根の位牌を祭る家廟(かびょう)に団体献花をした後トークコンサートを開催、14日に「安重根最後の願い」とする映像をSNSで配信するという。

 ソン区長は「龍山区は金九(キム・グ。朝鮮の独立運動家)先生はもちろん、李奉昌義士など7位牌の先烈墓地と安重根義士の家廟がある護国都市」とし、「安重根義士追悼行事と義士記念館建設によって、龍山区の歴史を正す事業が進展するだろう」と語った。

 龍山区のこのような動きに、
「税金はこのように使わねばならない」
「素晴らしい決定だ」
「もっと早くに建設すべきだった」
「日本に対抗して独立のために戦った愛国烈士の魂をたたえることこそ、積極的に勧奨されるべきことだ」

など、多くの肯定的な意見が寄せられた。(翻訳・編集/三田)

http://www.recordchina.co.jp/a163127.html

 

 韓国は素晴らしいですね。

 テロリストを褒めたたえて記念館を建てるなんて、韓国らしいですね。

 韓国はテロとの戦いを続ける世界にケンカを売ってますね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/09

未確認飛行物体の正体はドラえもんだったニダ~!

T11

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 韓国西海上空に未確認飛行物体、その正体は「ドラえもん」の…

朝鮮日報日本語版 2/8(水) 9:53配信

 韓国軍が最近、西海(黄海)の公海上空に出現した「ドラえもん風船」を未確認飛行物体と誤認し、戦闘機まで出撃させていたことが分かった。

 先月12日、西海の公海上空で未確認の航跡がレーダーに映り、正体を確認したところ「ドラえもん」の風船だったという。韓国軍の関係者が7日に明らかにした。当時は、1月9日に中国の軍用機およそ10機が済州島南方で韓国の防空識別圏を侵犯する事件が起きていたことから、韓国軍が警戒態勢を維持していた。

 当時の状況は、大邱空軍基地を飛び立ったF15K戦闘機の編隊が、西海上空で未確認の飛行物体を捉えたことで始まった。戦闘機のパイロットは、物体について「関心航跡」(航空機が通過した痕跡をつなげたライン)を宣言し、韓国空軍の中央防空統制所(MCRC)に追跡を依頼した。韓国軍は
「当時、防空統制所は飛行物体の存在を全く把握できておらず、F15Kが肉眼で判別するため近接飛行に乗り出して初めて『ドラえもん風船』だったことが分かった」
とコメントした。

 韓国軍の関係者は
「大型風船が偏西風に乗って移動したものであって、どこから飛んできたのか確認はされなかった。大型風船や天灯(スカイランタン)が風に乗って韓国の領空に入り込むことはたびたびある。中国から飛んできた可能性がある」
と語った。

最終更新:2/8(水) 10:05

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000992-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 ドラえもん風船を確認するために、戦闘機をスクランブル発進させたんですね。

 チョーセン人は愉快な人たちですね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/08

中国で「製造日」が翌月の飲料、村民は怖くて飲めなかったアルヨ~!

B5

※ 画像はイメージです。

中国で「製造日」が翌月の飲料、村の支給品に村民は怖くて飲めず―河南省

2017年2月8日 6時40分 Record China

 2017年2月6日、中国では村役場が福利厚生の一環として村民に食料品を支給することがあるが、このほど河南省鄭州市の村で支給された飲料に村民が困惑している。澎湃新聞網が伝えた。

 村民によると、今年の旧正月(1月28日)前、役場は約150世帯に飲料1ケース、食料油、小麦粉などを支給した。これまで役場が食料品を支給したことはなかったため村民らは一様に喜んだが、支給された飲料を飲もうとした村民の1人が問題を発見した。

 食料品が支給されたのが1月21日だったが、飲料の底に印字されていた「製造年月日」は2月10日だったのだ。村民らは飲料を飲む勇気がなかったが、捨てるのももったいないためそのまま放置しているという。

 問題の飲料について役場関係者は、「知り合いが買い付けたもの」とし、問題があることは把握していなかったと説明。さらに、飲料メーカーは、「この商品は新商品でまだ正式に市場には出回っていないもの。どういうルートで役場に販売されたのかは現在調査中だ。製造年月日の印字は、おそらく従業員の操作ミスだろう」と述べた。一方、この問題に対して現地の食品安全関連部門は、「一部の商品は食品安全法に違反しており、詳細は現在調査中」と語っている。(翻訳・編集/内山)

http://news.livedoor.com/article/detail/12644957/

 

 中国は素晴らしいですね。

 製造日の表記が未来の食品って、不思議ですね。

 中国では食品の製造日の偽装が蔓延しているってことですね~♪happy02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国、人権派弁護士に拷問 40時間休まず聴取、暴行…、水もろくにもらえず、怒鳴られ、脅されたアルヨ~!

A3

※ 画像はイメージです。

40時間休まず聴取、暴行… 中国、人権派弁護士に拷問

朝日新聞デジタル 2/6(月) 23:52配信

 2015年夏に中国で人権派弁護士らが一斉に拘束された事件で、逮捕された弁護士の1人が取り調べ中、当局から拷問や虐待を受けていた、と面会した弁護士が明らかにした。精神的に追い込まれた状況で罪を認める調書にサインさせられたが、本人は無罪を主張しているという。

 拷問などを受けていたのは、15年7月に拘束された湖南省の謝陽弁護士(45)。ネット上で政府や司法機関、法制度などを攻撃したとして、昨年12月に国家政権転覆扇動罪で起訴された。1月、弁護人として5日間にわたって面会した陳建剛弁護士(37)らが、本人から聞き取った内容をネット上に公開した。

 面会記録と陳弁護士の話によると、謝弁護士は湖南省の公安当局に拘束された後、40時間以上休みなしで取り調べを受けた。その後も1週間は、ほぼ連日20時間ほど取り調べられ、睡眠時間は2時間ほどだった。

 拷問や虐待の態様は様々だ。肉体的には、足が宙に浮く状態でイスに座らされ、下半身は腫れてマヒ状態に。カメラの死角で殴る蹴るの暴行を受けたり、周りから一斉にたばこの煙を吹き付けられたり。水もろくにもらえず、怒鳴られ、脅されていた。「罪を認めなければ、大学で働く妻や友人も苦しめるぞ」といった脅しなど精神的なプレッシャーも受けていた。

 謝弁護士は途中、休憩を求めたが認められず、3日目には泣き出すなど精神的におかしくなった。それでも休ませてもらえないため、当局の要求通りに罪を認める文章を書き、署名した。当局は、売名目的か金銭目的か共産党に反対する目的か、三つのうちのどれかの動機を自供するよう求めてきた。後から内容の訂正を求めても、全く認められなかったという。

朝日新聞社

最終更新:2/7(火) 6:19

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000002-asahi-int

 

 中国は素晴らしいですね。

 人権無視は中国の十八番ですね。

 それでも中国が好きな日本の人権派は頭がおかしいですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/06

中国がカンボジアに国家予算の5%もの「爆援助」 カンボジアは、 まさにいま中国に喰われようとしているアルヨ~!

Ad11

※ 画像はイメージです。

中国がカンボジアに国家予算の5%もの「爆援助」

NEWS ポストセブン 2/5(日) 16:00配信

 南シナ海を自らの版図に組み込むべく、中国人民解放軍は人工島増設を進めている。国際秩序をかき乱す暴挙に他ならない。一方で、東南アジア諸国(ASEAN)が一枚岩で抗議できないのは、中国が彼らの急所を握っているからでもある。このたびジャーナリストの安田峰俊氏が訪れたカンボジアは、 まさにいま中国に喰われようとしている。

 * * *

 熱帯の日差しがヘルメットを焼いた。バイクのエンジンをふかし、過重積載のトラックとトゥクトゥクの群れが渦巻く環状交差点に突っ込む。私が目指すは、街の北東のトンレ・サップ川(メコン川の支流)に架かる全長約710mの「日本・カンボジア友好橋」(通称・日本橋)だ。

 いざ日本橋に差し掛かると、路面の老朽化が激しく穴ぼこだらけで難渋した。いっぽう、左手には建設直後の新橋が並行して伸び、対向車両が快適なドライブを楽しんでいる。やがて渡り切った場所に待っていたのは、中国製の巨大な電光掲示板と五星紅旗がはめ込まれた華々しい記念モニュメントであった──。

 ここはカンボジアの首都、プノンペンだ。かつて泥沼の内戦に苦しんだ同国だが、近年は目覚ましい勢いで復興が進み、毎年7%以上のGDP成長率を誇る「東南アジア最後のフロンティア」として注目を集めている。1990年代初頭、明石康氏を代表とするUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が国内の混乱を収拾し、その過程で邦人2人が殉職するなど日本との縁も深い。

 トンレ・サップ川に初代の日本橋が架かったのは1966年だ。この橋は内戦時代にポル・ポト派により爆破されたが、日本は1994年に無償資金協力を通じて橋を再建した。現地では結婚写真の撮影場所に使われるなど、両国の友好と復興のシンボルとして長らく愛されてきた。

 だが、近年は経済発展に伴う交通量の激増や経年劣化で、橋の再整備を求める声が出ていた。そこで登場したのが中国である。

 2015年10月、かねてからカンボジア政府への有償借款契約に合意していた中国は、なんと日本橋と完全に並行する形で「中国・カンボジア友好橋」を建設する。現在は市街方面に向かう上り車線を中国橋、下り車線を日本橋で分担して運用されている。


 目立つ場所に記念碑ひとつ見つからない日本橋と比べ、中国側のモニュメントは巨大だ。知らぬ人が見れば、両橋とも中国が作ったように見えるだろう。

  「現場はプノンペン市にとって重要な幹線路。現在、ODA事業として日本橋の改修工事計画も進行中です。この工事の際に交通が途絶せずに済むので、中国橋の存在にメリットもある。カンボジア国民にとってはよい結果になっています」

 国際協力機構(JICA)現地事務所の関係者は語るが、釈然とせぬ思いは残る。

 ちなみに中国橋の建設が決定した2010年は、中国の対カンボジア年間援助額が、従来最大の援助国・日本の額を上回った年だ。以前はODAを受け取る側だった中国だが、ここ10年ほどで開発途上国を対象に「爆援助」を展開。中国の対カ年間援助額はその後も伸び続け、2014年度には日本の約2.7倍に達した。

 もちろん、カンボジアの復興はよろこばしい。だが、大部分が無償援助である日本に対し、中国の援助は9割が有償借款(つまり借金)となっている。現在のカンボジアはそんな中国のカネに「国家予算の約5%」(JICA関係者談)を頼る状況である。

 この「爆援助」による大規模なインフラ整備事業で儲けるのは中国企業だ。元JICAカンボジア事務所長の松田教男氏は話す。

  「中国企業の工事は安価だが、事前調査や資材の吟味・安全対策などを軽視しがち。一方、インフラの耐久性への意識が希薄なカンボジア当局は、壊れる可能性を無視して初期費用が安価な中国企業に引き寄せられる。結果、すぐに劣化する道路や橋の修理を当局が中国企業等に何度も依頼し、結果的に高くつくのです」

 頭金は安いが、中国企業にメンテナンス費を延々とむしられる構図である。

 中国橋の走り心地は古い日本橋より良好だったが、築1年の割には汚れや劣化が目に付いた。やがてはこの橋も、中国にカネをもたらし続ける“永久機関”に変わるかもしれない。

※SAPIO2017年3月号

最終更新:2/5(日) 16:00

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00000022-pseven-cn
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00000022-pseven-cn&p=2

 

 中国は素晴らしいですね。

 カンボジアを食い物にしようとする中国は強欲ですね。

 日本も中国を食い物にするような援助をすればよかったですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

在韓インド人タレントが韓国で経験した詐欺被害の話ニダ~!

M14

※ 画像はイメージです。

韓国人たちを赤面させた、ある在韓インド人の告白=韓国ネット「同じ韓国人ながら恥ずかしい」「詐欺師はどこの国にもいる」

Record china

配信日時:2017年2月4日(土) 12時50分

 2017年2月2日、韓国・ニュースエンは、韓国在住20年のインド出身タレント、ラッキーの告白が韓国の人々を恥じ入らせたと報じた。

 JTBCテレビの人気バラエティー番組「言うがままに」の1日の放送に出演したラッキーは、時に「韓国人よりも流ちょう」と言われる韓国語で、韓国や韓国文化への愛情と韓国での自身の暮らしについて語った。語られたエピソードのうち特に注目を集めたのが、ラッキーが韓国での生活に適応するまでの苦難の歴史だ。

 苦労は1996年の訪韓直後、ソウルでの部屋探しの時から始まる。大学近くに月70万ウォン(約6万9000円)で下宿を借り生活を始めたラッキーだったが、後になって同じような部屋に住む韓国人の友達に家賃を聞くと、15万ウォン(約1万5000円)と格安だったそう。家主に「詐欺ではないか」と訴えたものの「70万ウォンでオーケーしたのは自分だろう」と言い返され、逆に自分のミスだったのかと感じたという。

 金銭のトラブルはこの後も続いた。2000年代、本格的にテレビでの活動を始めたラッキーが、当時のマネジャーに金を貸した時のことだ。マネジャーの母親の手術費として400万ウォン(約39万3000円)を渡したのだが、後になって金を返してほしいと言うと、相手は返金を要求されたことに怒り出したという。

 この話に韓国人出演者らはそろって顔を赤らめたといい、ニュースエンは「こうしたタイミングにわれわれ皆が反省し、共生とは何なのかを振り返ってみるべきではないか」と呼び掛けた。

 この記事に、韓国のネットユーザーからも
「同じ韓国人ながら本当に恥ずかしい」
「金を借りたら返そうね」
「駄目な韓国人のために、なぜ僕が恥ずかしがらなきゃいけないのか…」
「韓国のありのままを改めて見せてくれたね。世知辛い世の中であることは事実。個人個人の認識を変える必要がありそうだ」

などの反応が多数寄せられている。

 一方で、
「韓国だからではなくて、人が住む所どこでも同じだと思うよ。インドもね」
「どの国にも詐欺師はいるはず。それにこの話は韓国人全員のことじゃない」
「僕らもインドに行ったらもっとひどい詐欺に遭うと思う」

など、記事の内容に不満を漏らす声も目立った。(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/a162066.html

 

 韓国は素晴らしいですね。

 詐欺師しかいない韓国らしいエピソードですね。

 「チョーセン人を見たら、詐欺師と思え!」ですね~♪wink

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

「日本軍が慰安婦を集団殺害」と韓国国定の歴史教科書に記述されるニダ~!

G5

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 「日本軍が慰安婦を集団殺害」 韓国国定歴史教科書に記述へ

朝鮮日報日本語版 2/1(水) 11:04配信

 韓国教育部(省に相当)が31日、「来年から使われる中学校・高校用検定歴史教科書で、『大韓民国樹立』と『大韓民国政府樹立』という表現をどちらも使えるようにしたい」という立場を表明した。国定歴史教科書では「大韓民国樹立」と表現したが、検定教科書ではどちらの表現を使っても許容するという。また今年3月の新学期から「研究校」で使用する国定教科書(中学校歴史1・2、高校韓国史)の最終本も、31日に併せて公開された。教育部は「昨年11月28日の現場検討本公開以降、韓国国民やメディアなどから寄せられた意見を反映させ、計760件の修正を行った」と発表した。

■国定教科書の最終本も公開

 31日公開された国定教科書最終本の修正内容は、近現代史が396件(近代252件、現代144件)と最も多く、次いで先史・古代(196件)、さらに高麗時代(82件)、朝鮮王朝時代(60件)の順だった。最大の争点になった現代史分野では「国定教科書に反対する市民団体や学界などの意見を反映させて大幅に修正した」と教育部はコメントした。

 まず、植民地時代の記述が大幅に強化された。従軍慰安婦に関しては「水曜デモ1000回を記念して平和の少女像が建立された」(中学校歴史)、「(慰安婦が)日本軍に集団殺害されることもあった」(以下、高校現代史)などの内容が追加された。また、親日行為について具体的な事例も示された。現場検討本には、売国など五つの行為が単純に羅列されているだけだったが、最終本には「売国行為(乙巳〈いっし〉五賊)、抗日運動の弾圧行為(密偵、警察、間島協助会など)」のように、各行為の具体的な事例を盛り込んだ。さらに高校韓国史の教科書には、金九(キム・グ)暗殺の事実についての記述も細かく追加された。

 朴正煕(パク・チョンヒ)時代に起きた個別の事件についての記述も修正した。朴正煕政権美化という批判があったセマウル運動(韓国の農村改革運動)関連では「官主導の意識改革運動になっていく中で」と批判的記述を追加した。1967年の「東伯林(東ベルリン)スパイ事件」に関しても、「捜査機関の人権弾圧については説明していない」という批判を受け入れて「中央情報部が捜査の過程で多くの拷問や人権弾圧をほしいままに行い」という記述を追加した-と教育部は説明した。

 また、光復(日本の植民地支配からの解放)直後に活動した反民族行為特別調査委員会(反民特委)の限界も明示した。現場検討本(高校)では「反民特委はおよそ680件の反民族親日行為の事案を取り扱ったが、実刑が言い渡されたのはおよそ10件にすぎなかった」という記述になっていたところ、最終本では「実刑が言い渡されたのはおよそ10件にすぎず、親日派の清算は不十分だった」と修正された。被害者など関連団体が「縮小・歪曲(わいきょく)した記述」と反発していた1948年の済州4・3事件についての内容も補完された。現代グループの鄭周永(チョン・ジュヨン)、柳韓洋行の柳一韓(ユ・イルハン)など実業家に関する部分については「主観的な記述は排除した」と教育部は説明した。

■野党・市民団体は反発

 最大野党「共に民主党」の兪銀恵(ユ・ウンヘ)議員や都鍾煥(ト・ジョンファン)議員など野党側は31日「最大の問題だった朴正煕大統領の美化部分は依然として9ページもあるなど、一つも変わらなかった」「教育部は直ちに国定教科書を廃棄すべき」という声明書を出した。ソウル市のチョ・ヒヨン教育監(教育委員会の教育長に相当)は「教育部が国民的批判を意識してやや修正・補完を行ったが、全方位的批判を免れるため新たな記述を付け加えるという形で修正しただけ。国定教科書政策の廃棄のみが、韓国の歴史教育を生かす事業」と主張した。

最終更新:2/1(水) 11:04

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00001152-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 デタラメを書かせたら、韓国の歴史の教科書が世界一ですね。

 チョーセン人に歴史を語る資格はないですね~♪happy02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/03

「6歳で従軍」 中国版紅白「春晩」、出演者の経歴で騒動になっているアルヨ~!

D4_2

※ 画像はイメージです。

「6歳で従軍?ウソだ」 中国版紅白、出演者経歴で騒動

朝日新聞デジタル 1/31(火) 22:37配信

 27日夜に放送された中国版の紅白歌合戦「春節聯歓晩会」(春晩 )で、「共産党の元革命戦士」として紹介された男性について、「6歳で従軍していたことになり、あり得ない」とネット上で一時、騒動になった。

 春晩は旧暦の大みそかに放送される国民的番組。番組中、「民族の英雄の一人」として紹介された86歳の男性は、従軍中に使っていたというカスタネットのような楽器を使い、軍をたたえる歌を披露。当初は番組の公式ブログで「老紅軍」(共産党の軍隊「紅軍」に参加した元兵士)として紹介された。

 だが、紅軍は1937年の第2次国共合作で「八路軍」などに改編されていたことから、ネット上で「ウソだ」「6歳より前に参加していたなんてすごすぎる」などと、皮肉交じりの批判が噴出した。

 放送した中国中央テレビは別の番組の中で、「男性は14歳で八路軍に参加した」と紹介しており、単純ミスとみられるが、春晩では軍や国家を賛美する内容が多かったため、それに対する反発も批判に拍車をかけたようだ。同テレビはその後、紹介を「老文芸戦士」に改めた。(北京=延与光貞)

朝日新聞社

最終更新:1/31(火) 22:37

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000109-asahi-int

 

 中国は素晴らしいですね。

 もはや中国国民も騙せなくなった中国中央テレビ。その権威も地に落ちたでせうか?

 中国最期の日も近いですね~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »