« チョーセン人はゴキブリな件ニダ~! | トップページ | 金正恩の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱いので、戦争になればいきなり核兵器を使ってくるニダ~! »

2017/07/19

中国が検閲強化して、「くまのプーさん」がネットから消えるアルヨ~!

C2

※ 画像はイメージです。

中国が検閲強化か、「くまのプーさん」ネットから消える

7/19(水) 10:36配信 CNN.co.jp

北京(CNN) 中国でこの数日の間に、「くまのプーさん」がインターネットから姿を消した。習近平(シーチンピン)国家主席をプーさんになぞらえる画像が出回ったことなどから、当局が検閲強化に乗り出したと思われる。

 英紙フィナンシャル・タイムズは17日、くまのプーさんが友人のトラの「ティガー」と並んで歩く画像を、習主席と米国のオバマ前大統領が並んで歩く2013年の画像と並べて掲載した。

 これはインターネットを通じて以前から出回っていた画像だった。その後も中国のユーザーは、習主席をプーさんに見立てた画像を相次いで投稿。習主席と安倍晋三首相が握手する画像をプーさんとロバの「イーヨー」の画像に並べたり、オープンカーから半身を出して立つ習主席を車の上に立つプーさんに見立てたりしていた。

 しかしインターネット検閲を強化する中国当局に、このユーモアは通用しなかった。

 中国の大手ソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」では、習主席とオバマ前大統領をプーさんとティガーに見立てた画像をユーザーがグループチャットに投稿しても、他のユーザーには表示されなくなった。

 17日のフィナンシャル・タイムズの1面に掲載された画像も、この規制の対象となっている。ただし1対1のチャットには、現時点では規制は及んでいないようだ。

 微信からはプーさんと仲間たちをあしらった絵文字も削除された。

 中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」では、「くまのプーさんと習近平」を検索すると、中国語でも英語でも、「法規制に従って結果は表示されません」というメッセージが出る。

 18日夕までには、中国語で「くまのプーさん」というフレーズをコメントに投稿することもできなくなった。

 ただ、各国のメディアや米国のコメディー番組が「プーさん禁止」を取り上げて注目が高まる中で、微博のコメント制限は18日夜までに解除されたとみられる。

 プーさんの絵本や玩具などの商品は、今も中国のネット通販で販売されている。

 一方、中国で放送されたCNNのニュース番組は18日を通して、プーさん禁止の話題が報じられるたびに画面が暗転した。

 規制強化の発端になったのは、13日に死去した中国の反体制活動家、劉暁波(リウシアオポー)氏の写真だったという説もある。妻と並んで立ち、パジャマ姿でほほ笑む劉氏が手に持っていたのは、プーさんのマグカップだった。

最終更新:7/19(水) 10:36
CNN.co.jp

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-35104404-cnn-int

 

 中国は素晴らしいですね。

 くまのプーさんを検索禁止にするなんて、プーさんはテロリストではないのにね。

 中国共産党独裁政権って、肝っ玉が小さいですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« チョーセン人はゴキブリな件ニダ~! | トップページ | 金正恩の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱いので、戦争になればいきなり核兵器を使ってくるニダ~! »

I LOVE 中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/340260/71183130

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が検閲強化して、「くまのプーさん」がネットから消えるアルヨ~!:

« チョーセン人はゴキブリな件ニダ~! | トップページ | 金正恩の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱いので、戦争になればいきなり核兵器を使ってくるニダ~! »