I LOVE 韓国

2017/07/28

韓国でフィクション映画「軍艦島」が公開 スクリーン独占に批判ニダ~!

K1

※ 画像はイメージです。

韓国で話題作「軍艦島」が公開初日に97万人動員 スクリーン独占に批判も

7/27(木) 12:26配信 みんなの経済新聞ネットワーク

 韓国で7月26日に公開された映画「軍艦島」が公開初日に97万人以上の観客を動員し、これまでの記録を更新した。(カンナム経済新聞)

 同作品は、朝鮮半島が日本統治下にあった時代、長崎県・端島(別名=軍艦島)に強制徴用された朝鮮人が命懸けで島を脱出しようと試みる姿を描く。監督はリュ・スンワンさん。配給は韓国最大の投資配給会社「CJ E&M」。

 韓国映画振興委員会のデータによると、今月26日に97万352人が同作を鑑賞し、公開初日の観客数最多記録を樹立。この日の売上額シェアは71.4%に達し、事前試写会の観客を含めた累計観客動員数は99万1811人となった。これまでの公開初日動員数の最多は、先月公開されたトム・クルーズさん主演作「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」で、87万2965人を動員した。

 同作品は、初日に計2027スクリーンで1万174回上映され、スクリーン占有率は37.1%、上映回数占有率は55.3%だった。ネット上では同作のスクリーン独占について問題提起する声も多く見られる。映画監督のミン・ビョンフンさんは自身のSNSで「独占を超え、これは狂気だ。新記録を超えてギネスに上がらなければいけない。共生は、期待もしない。ただ、一抹の良心はなければならない。恥を知れ」と書き込み注目された。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:7/27(木) 12:26
みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000032-minkei-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 スクリーン独占って、この映画以外見てはいけないって感じですね。

 まるで独裁国家みたいですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/27

韓国人男性との結婚は禁止ニダ~!

D7

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) カンボジアでは「韓国人男性との結婚」「日本刀所有」はNG

7/26(水) 10:49配信 朝鮮日報日本語版

 「カンボジアで禁止されている10のこと」リストには、韓国の男性との結婚禁止が含まれているという。

 カンボジアの現地メディア「プノンペン・ポスト」は今月6日、「カンボジアで禁止されている10のこと」というタイトルの記事を載せた。禁止リストに挙げられている10の行為には、外国メディアやNGO(非政府組織)による有権者への選挙直前のアンケート調査、台湾・チベット国旗の掲揚などが含まれている。

 また、アンコールワットなど観光地での外国人観光客のいたずら、タイ産鶏肉の輸入、コメを原料とした酒も禁止されている。極めて残忍な犯罪に使われるという理由で、日本刀(サムライ・ソード)の所有も禁止された。母乳の販売もできない。カンボジア女性の一部は、ボディビルダーやガン患者、授乳ができない他国の女性などに母乳を販売して家族を養っていたが、関連産業が大きくなると、カンボジア政府はこれを禁じた。

 大衆歌謡の一部も禁止対象に上った。独裁政権でしばしば見られるように、政権が不穏書籍や禁止曲を指定して表現の自由を制限し、社会のコントロールを試みているものとみられる。

 さらに目を引くのは、韓国に関連した項目があることだ。禁止リストの10番目は「韓国の男性との結婚禁止」だった。カンボジア政府は、韓国人男性と結婚する女性のほとんどが人身売買の被害者とみて、結婚を禁じたのだ。同国政府は、2010年にもこのような措置を取った。

最終更新:7/26(水) 10:49
朝鮮日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00001105-chosun-kr

 

 カンボジアは素晴らしいですね。

 日本もカンボジアを見習って、同様の法律を作るべきですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/26

元慰安婦の葬儀が「グー」?韓国国会議員の笑顔の記念写真が物議

I18

※ 画像はイメージです。

元慰安婦の葬儀が「グー」?韓国国会議員の笑顔の記念写真が物議=韓国ネット「人の道に背く行動」「議員辞職に値する」

レコードチャイナ 2017年7月25日 20時40分 (2017年7月26日 08時10分 更新)

 2017年7月25日、先ごろ老衰のため亡くなった韓国の元慰安婦・金君子(キム・グンジャ)さんの葬儀には、韓国政界の要人や俳優らが駆け付けたと日本でも報じられたが、こうした中、葬儀場で撮られた韓国の国会議員らの「記念写真」が物議を醸している。韓国・イーデイリーなどが伝えた。

 問題の写真は25日、韓国のネット掲示板やSNSで公開され広まった。写真のセンターに写るのは、金さんの葬儀場を訪れた与党・共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)・孫惠園(ソン・ヘウォン)両議員2人とも両手の親指を「グー」という感じで立てて満面の笑み、周りに写る10人ほどの弔問客たちも親指を立てたりピースサインをしたり、公開された写真ではモザイク処理してあるものの、やはりカメラに笑顔を向けているようだ。

 写真の笑顔は、多くの人を集めた達成感から出た表情なのかもしれないが、ネット上では
「弔問に行ってVサインまでして写真を撮るなんて」
「葬儀場は証拠写真を撮る場じゃない」
「人として、親指を立てるのはなしだろう」
「これは絶対あり得ない。議員辞職に値する」

など、一行の行動をマナー違反や常識外れだと批判する声が相次ぎ上がっている。

 また、
「まるで誰かのファンミーティングをほうふつとさせるよ」
「言われなければ、まるで祭りに出掛けた人たちの写真かと思う」
「まさか芳名帳に『ありがとうございます』って書いてないだろうな」

などの声も。

 さらには
「ひどい。これが国と言えるか?」
「こんな人の道に背く行動がニュースにならずSNSで広まるなんて、この国はいまだにまともじゃなさそうだ」

と、国会議員の「非道」を国の問題として捉える意見もあった。

 こうした批判を受け、孫議員は「記念写真」を撮ったいきさつについて
「金君子さんの葬儀場に弔問客が少なく寂しいという話を聞き、心ある人は一緒に弔問しようとフェイスブックで呼び掛けた」
「(午後)10時を過ぎても残っていた人たちと一緒に写真を撮った」

と文書で説明。また、
「追悼の雰囲気に合わないポーズをした点は軽率だった。その場を片付けて最後に撮った写真で緊張感がなかった。おわびする」
と謝罪の意を表明した。(翻訳・編集/吉金)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170725/Recordchina_20170725091.html

 

 韓国は素晴らしいですね。

 故人が誰であれ、葬儀場で笑顔で記念撮影とはあきれた話ですね。

 慰安婦が死んだのが、そんなにうれしいのですかね~♪good

 

 

 

 

 





韓国与党議員、亡くなった慰安婦被害者の焼香所で“サムズアップ”認証ショット

7/26(水) 8:12配信 中央日報日本語版

韓国与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)・孫惠園(ソン・ヘウォン)議員が今月24日、旧日本軍慰安婦被害者の故金君子(キム・クンジャ)さんの焼香所で両手の親指を立てる“サムズアップ”記念写真を撮って非難を浴びた。

孫議員は京畿道城南市盆唐(キョンギド・ソンナムシ・プンダン)のチャ病院に設けられた焼香所を訪れ、弔問客と一緒に撮影した写真数枚をフェイスブックに掲載したが、このうち“サムズアップ”写真が非難の的になった。

SNSを中心に、
「一生苦痛を受けて亡くなった方の焼香所で認証ショット遊びをするのは非人間的行為ではないか」
「まともな精神状態なのか」
などの非難があふれ、国民の党は国会倫理委員会への回付を求めた。

問題が大きくなると、宋議員と孫議員は25日、それぞれ
「慰安婦被害者のために物心両面から努力してくださった国民の皆様に本当に申し訳ない」
「追慕の雰囲気に合わないジェスチャーを取った点は私が軽率だった」
と謝った。孫議員は問題になった写真をフェイスブックから削除した。

最終更新:7/26(水) 8:42
中央日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000005-cnippou-kr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8歳で強制連行されたと言ってるけど、計算が合わないニダ~!

D4

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 強制徴用:8歳で上山田炭鉱行き、手記「死地を越え帰郷まで」が教養図書に指定

7/25(火) 8:30配信 朝鮮日報日本語版

 日本による植民地統治期の強制徴用体験をつづった「死地を越え帰郷まで」が文化体育観光部(省に相当)の「教養図書」に指定された。勤労挺身隊のおばあさんと共にする市民の会が24日、明らかにした。

 同書は全2巻で、5月26日に90歳で死去した李相業(イ・サンオプ)氏の手記であり、8歳だった1943年に旧三菱鉱業の上山田炭鉱(福岡県)に強制徴用された過程を書かれている。

 同書には日本による植民地統治期の強制連行問題に取り組む「朝鮮人強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動」の矢野秀喜事務局長による文章も収録されている。矢野事務局長は日本政府が2015年に軍艦島など朝鮮人強制徴用の現場となった施設がユネスコの産業遺産に登録されたことに強く反対した。

 このほか、同書には李相業氏が「地獄のような場所」と表現した上山田炭鉱に関する追加調査資料も添えられた。

 同書は全国の図書館、学校、社会福祉施設など約5300カ所に配布された。

 市民の会関係者は「日帝時代(植民地統治期)の強制労働の実情を明らかにした本が全国の学校などで読まれることを期待している。被害者が経験した苦痛と当時の真実が世の中に知られるきっかけになるのではないか」と話した。

最終更新:7/25(火) 8:45
朝鮮日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000597-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 2017年で90歳なら1927年生まれですが、1943年に8歳なら1935年生まれですね。

 計算が合いません。また、話がデタラメだからでせうね~♪chick

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/25

慰安婦の真実に関する動画を見て感想文を書かせる、韓国の大学教員募集要項が波紋を読んでいるニダ~!

G2

※ 画像はイメージです。

慰安婦を中傷する動画を見て感想文を?韓国の大学教員募集要項が波紋=「韓国人として怒りを覚える」「この大学は廃校だな」―韓国ネット

2017年7月24日 13時30分 Record China

 2017年7月24日、韓国・ノーカットニュースは、韓国の私立大学が教職員募集の際、応募者に対し従軍慰安婦を中傷する内容の動画を見た感想文を提出させていたことが分かったと報じた。

 私立の短期大、全州紀全(チョンジュキジョン)大は今月7日、教職員採用のために、「2017年度2学期教職員招聘(しょうへい)公告」を大学のホームページに掲載した。公告文には問題の動画「李栄薫(イ・ヨンフン)教授の『幻想の国-慰安所の女性たち』」へのリンクが含まれており、これを見た上で、A4用紙3枚以内にまとめた本人の意見書を1部提出することなどが応募条件として記されていた。

 ソウル大名誉教授を務める経済学者の李氏は、今年3月にインターネット放送で公開した「幻想の国-慰安所の女性たち」で、従軍慰安婦を風俗業と表現、
「(慰安婦を)性奴隷とする説は根拠が非常に不十分であり、見直さなければならない」
と述べていた。

 また慰安婦について、
「契約を結んだ上で、それなりに法的な形式を取って連れて来た。就職詐欺という、一つの奴隷狩りではなく(中略)時代的感覚に基づいており、違法なものばかりではなかった」

とし、
「高労働高収益の産業において、(借金返済のため労働を強いられる)債務奴隷的な状況は起きなかった」
とも語っていた。

 李氏は2004年にも、テレビの討論番組で
「従軍慰安婦は商業目的を持った公娼だった」
と発言し、波紋を巻き起こしていた。

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは
「同じ韓国人として、このような教授がいることに怒りを覚える」
「学問の陰に隠れて真実を隠蔽(いんぺい)し、国民をばかにしている」
「こんな人が韓国の最高学府の教授とは情けない」

など、李氏への批判の声が多く寄せられた。

 また、
「この大学は廃校だな」
「教職員募集だけの問題じゃなくて、大学自体の問題」

など、李氏の動画を採用試験に用いた大学への批判の声もみられた。(翻訳・編集/三田)

http://news.livedoor.com/article/detail/13378945/

 

 韓国は素晴らしいですね。

 感想文を書くだけで、その動画の内容に同意する必要はないのに、ここまでヒステリックに批判されるとは、異常ですね。

 南チョーセンには、言論と思想の自由はないですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

韓国人向け日本語教材に「父親がやくざです」

A22

※ 画像はイメージです。

(朝鮮日報日本語版) 実践的? 韓国人向け日本語教材に「父親がやくざです」

7/23(日) 6:06配信 朝鮮日報日本語版

 とんでもない表現が掲載された「実戦日本語」の例文がインターネット上で話題を呼んでいる。

 16日、インターネットのある掲示板に『サユリの実戦日本語』というタイトルの書き込みが写真と共にアップされた。写真にはある日本語教材の内容の一部が写っている。

 その例文を見ると、「相手がケンカをふっかけてきた時にうまく回避するための言葉」という項目の下に「父親がやくざです」「殴ってください。慰謝料が必要なので」などと書かれている。

 また、「電車で偶然、痴漢に会った時」という項目の下には「あなたの妻と友達です」という例文が、「相手にケンカを売る前に確認する言葉」という項目の下には「ハワイへ行け」という例文が紹介されている。

 これを見たネットユーザーたちは「やはり会話はさまざまな状況を想定しなければ効率が上がらない」「完ぺきな生活日本語だ」などと書き込んでいる。

最終更新:7/23(日) 6:35
朝鮮日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00001689-chosun-kr

 

 韓国は素晴らしいですね。

 「父親がヤクザです」って、韓国人向けなら実践的でしょうか?

 言葉を覚えるには、その人にふさわしい例文で覚えることが一番ですね~♪wink

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

チョーセン人はゴキブリな件ニダ~!

D5

※ 画像はイメージです。

「外国人はゴキブリ」で「東南アジア人は糞」…韓国で続々と生まれる差別用語

2017年7月18日 13時25分 S-KOREA

 韓国人の人種差別が深刻さを増している。

 それを顕著に示しているのが、近頃、韓国で外国人を卑下する造語が急増していることだ。

 韓国メディア『東亜日報』によれば、去る7月10日、アイドルのコンサートを見た一人の学生が、こんなことを口走ったらしい。

 「海外のファンたちはひどすぎる。これだから“ウェクィ”と言われるんだよ…」

外国人はゴキブリ

 彼が語った「ウェクィ」とは、10~20代の若者の間で流行している外国人を卑下する造語。

 「ウェグギン(外国人)」と「バクィボルレ(ゴキブリ)」を合わせた言葉だ。

 もともとは特定のアイドルグループの熱狂的なファンを指していたが、外国人ファンを指す言葉として使われるようになった。

 さらに現在は、「韓国に迷惑をかける外国人」に向けて使われるようにもなっている。

 韓国のインターネット掲示板では、ある外国人が「韓国人たちが私に“ウェクィのくせに”と言ってくるんだけど、どういう意味?」と質問を投げたこともあった。

 外国人たちはその意味を理解すると、「あまりに攻撃的だ」「人種差別じゃないのか」と怒りをあらわにしていた。

日本人を卑下する言葉も

 外国人を卑下する新語はほかにもある。

 パキスタン人に対しては、上述の「バクィボルレ(ゴキブリ)」と合わせて「バクィスタン」「パクィボルレ」といった造語で中傷。ベトナム人は「ベトナムイン(人)」を省略して「トナムイ」と卑下している。

 さらに「トン(糞)」と「ドンナム(東南)アジア」を合わせた「トンナムアジア」という言葉まで存在する。

 また「寿司女」などのように日本人を「寿司~」と誹謗する言葉や中国人を卑下する「チャンケ~(中華~)」という言葉も使われている。

 もっとも、こうした差別的な言葉を使うのは若者ばかりではなく、最近はソウル市立大の教授が「クロンボ」「シロンボ」と公に発言して処分を受けている。

「多文化なんて虚構。不幸になるだけだ」

 こうした風潮について、韓国では意見が分かれている。

 反対派の意見としては「いずれ自分たちに跳ね返ってくるんだ。人格を整えよう」「多文化国家となったこの時代に生きていながら人種差別発言をするのは適切ではない」「秩序を守れない当事者が問題であって人種差別は別の問題だ」といったものがあった。

 その一方で、「差別とは機会を与えないことを言うのであって、ダメな行動を指摘することは差別ではない」「多文化なんて虚構。不幸になるだけだ」「日本に行ってみたら中国人観光客は秩序を守ろうと努力していたよ。安く訪れる団体客を少なくすれば彼らの秩序も良くなるんじゃないか?」といった擁護派の意見も見られた。

「外国人を人格的に無視し、差別する」

 いずれにしても韓国人の人種差別が存在していることは事実だが、当然ながらこうした社会の空気には外国人も嫌悪感を抱いている。

 例えば昨年10月にソウル市がソウル在住の外国人2500人を対象に行ったアンケート調査で「ソウルのイメージが悪くなった」と答えた人々の回答理由では、「社会的開放及び抱擁が不十分」(25.5%)と「(外国人を)人格的に無視し、差別する」(20.4%)といった外国人への差別的風潮がほぼ半数に達している。

 このように韓国に蔓延する人種差別について、ユン・インジン高麗大学社会学科教授は警鐘を鳴らす。

 「発展レベルが低い国家を低く評価する、我々の中の“位階化された人種序列”が再び顕在化してきている。中国や東南アジアは以後も政治・経済的に協力しなければならない地域であるのだから、政府と社会が対策を講じなければならない」

 この指摘はもっともだが、それは裏を返せば、現時点では人種差別に対する対策が整っていないということでもある。

 一日でも早く対策が講じられることを願うばかりだ。

(文=S-KOREA編集部)

http://news.livedoor.com/article/detail/13352146/

 

 韓国は素晴らしいですね。

 ヘイトスピーチだの、チョーセン人をゴキブリと言うなとかいいますが、南チョーセンではきっちり外国人のことをゴキブリと言ってるんですね。

 ここら辺がチョーセン人の卑劣で傲慢なところですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のノーベル平和賞受賞者・劉暁波氏の死去に沈黙する韓国・文在寅政府ニダ~!

A17

※ 画像はイメージです。

【取材日記】中国のノーベル平和賞受賞者の死去に沈黙する文在寅政府

7/17(月) 9:06配信 中央日報日本語版

 中国民主化の運動家でありノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が息をひきとった翌日である14日。彼の死去に対する韓国政府の立場を外交部に尋ねた。「検討中」とか「悩んでいる」という回答が終日繰り返された。夕方になってようやく出した政府の立場は簡単だった。「韓国政府は彼が歩んできた道についてよく知っている。彼の永眠を祈って遺族にも哀悼の意を伝える」。

 「彼が歩んできた道」に対する説明や評価はなかった。劉暁波氏の名前もなかった。

 その他に公式声明や論評、政府高位要人の公開発言もなかった。政府の立場を問い合わせしてこそ外交部当局者がこのような2行の内容を教えてくれた。

 劉暁波氏は最後の瞬間まで民主化と人権運動に対する所信を屈しなかった中国最高の知性であり、良心だった。そのような彼に対して政府は公開的な哀悼の意も表明しなかった。全世界を驚かせたろうそくの力、それから誕生した政府、人権弁護士出身大統領、国際的人権専門家が外交部長官である国で民主主義と人権守護のために一生を捧げた彼の死に沈黙した。

 苦々しく思っていたことが思い出した。2010年ノルウェーのノーベル平和賞委員会が劉暁波氏を受賞者として選んだとき、中国政府は各国に「授賞式に参加しないように」と圧迫した。韓国は結果的には慣例通りにノルウェー駐在大使が参加したが、その過程が問題だった。外部の要人まで集めて諮問を求め、大使より格を下げて出席させる方針を検討するなど、人権問題に中国の顔色をうかがうような印象を与えた。

 当時、このようなことを悩んだといって中国が韓国に有り難く思ったのだろうか。今、劉暁波氏の死去に対して政府が公開立場の表明を自制するからといって中国が高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の配備に対する報復をやめると思うだろうか。答えは簡単に予想できるだろう。中国との政治・経済的関係は当然重視すべきだ。だが、いかなる代償を払っても我々が守るべき価値は見せなければならない。中国が「この問題だけは韓国にいくら圧力をかけても効果がない」と気付かせる程度を決めるのは我々の役割だ。

 ノルウェーは劉暁波氏がノーベル平和賞を受けた問題で中国から養殖サケ輸入禁止という報復措置を強いられたが、原則を曲げなかった。「人権とサケを代えることはできない」という当たり前の名分のためだった。政府に問いたい。我々が決して代えることのできない価値は何だろうか。

ユ・ジヘ/政治部記者

最終更新:7/17(月) 9:06
中央日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000004-cnippou-kr

 

 韓国・文在寅新政権は素晴らしいですね。

 劉暁波氏の死去に対して、何もコメントしないなんて何を考えているのでせうか?

 結局、この人たちにとって、民主も人権も選挙のための道具にすぎないんですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

授業中に自慰行為、変わり果てた韓国の教室ニダ~!

N5

※ 画像はイメージです。

【萬物相】授業中に自慰行為、変わり果てた韓国の教室

 新たに赴任した女の先生が教室に入ってくると、学校の一陣会(校内の不良グループ)の生徒一人が露骨にセクハラを始める。「先生、先生の胸はどうしてそんなに大きいんですか」「触ってもいいですか」。驚いた教員が「本当にお前たちときたら」と言ったまま、次の言葉が見つからず、そそくさと教室を後にする。子どもたちは一斉に拍手を送る。チョ・ジョンレ氏の小説『草花も花だ』に出てくる1シーンだ。作家は孫たちを育てながら崩れゆく公教育の現場を目の当たりにしたという。

 少なくとも作家チョ氏の同世代にとって、先生とはそんな存在ではなかった。ソウル大学のパク・トンギュ名誉教授は、小学生時代の女性教員を次のように回想する。「ゴムの草履を買うことができず、友だちにいじめられ、校庭にも出ていくことができなかったが、先生が近づいてきて私の背中をさすっては、涙を流した」。また、ソ・ジョンジュ氏は『初恋の詩』で「私は12歳だったが、きれいな先生があまりにも大好きでした」と書いた。女性教員は、姉や叔母のような存在で、時には母のような方だった。

 今では想像すらできないくらいに変わり果ててしまった。先日、大田のある中学校の教室で想像もできないような出来事が発生した。女性教員が教壇で授業している最中に、9人の生徒が自分の身体の一部を触って淫乱な行為をしていたというのだ。高校の男子生徒が女性教員の肩に手を乗せ「お姉さん、付き合おうよ」と声を掛け、中学の体育の時間には「先生、パンツを準備してきてください」という。今では小学生までが女性教員の机の上に「セックスしよう」といった文章をいたずらついでに書き残すという。韓国教員団体総連合会(韓国教総)に届け出された内容だ。

 全国49万人の教員のうち、70%を女性教員が占めている。小学校の教員の実に77%が女性で、初めから男性教員を採用しない学校もある。ただでさえ教師の権威が揺さぶられている最近は、女性教員の受難の時代と言えるだろう。一部では「思春期のいたずら」として聞き流そうとする動きもあるが、今では度を越えてしまった。いくら幼い生徒たちのやることだとしても、犯罪に近い。1758人の女性教員を対象にアンケート調査を行ったところ、70%がセクハラを経験したと回答した。

 一昨年、全羅北道のある高校生は、女性教員に質問するふりをしてスカートの中を撮影し、捕まった。同生徒は、中学時代にも同じことをやった経験があるという。誤った行動が繰り返されるのは、韓国の教育のどこかに穴が開いてしまったという証拠だ。大田の中学校の教室で9人が「悪いこと」をしている間、残りの生徒たちは羞恥心、恐れ、怒りのような複雑な感情を抱いていたはずだ。しかし、多くの場合は沈黙を決め込む。セクハラに対する教員からの通報は年に約100件というものの、実際にはもっと多いだろう。教員は恥ずかしくて届け出できないし、生徒は見て見ぬふりをする。犯罪と暴力に目をつぶった教室。これが大韓民国の未来であるようで恐ろしい。

アン・ソクペ論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/14/2017071401667.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/14/2017071401667_2.html

 

 韓国は素晴らしいですね。

 教室でセクハラが蔓延しているようでは、韓国の教育はおしまいですね。

 韓国の未来が楽しみですね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

お笑い韓国軍、軍の防弾チョッキの“致命的な欠陥”を見て見ぬふりニダ~!

G9

※ 画像はイメージです。

韓国国防部、軍の防弾チョッキの“致命的な欠陥”を見て見ぬふり?=韓国ネットに衝撃「本当の敵は北朝鮮ではなく国防部」

2017年07月14日 19時00分 Record China

 2017年7月13日、韓国・JTBCによると、韓国の国防部が「拳銃の弾で穴が開く防弾チョッキ」の前面部分だけを改善して軍に配布していたことが分かり、韓国社会に衝撃が広がっている。

 韓国国防部は昨年、拳銃の弾で穴が開いてしまう民間業者の防弾チョッキを不正納入し、2年間で3万5000着を軍に配布していたことが明らかとなり、批判を浴びた。その後、国防部は性能改善に取り組み、開発過程で「動きにくい」との意見が出たことを受けて横の部分を切断した“分離型”の防弾チョッキを作った。

 問題は衝撃が広く分散される“一体型”とは違い、細かく分かれた防弾チョッキは防弾性能が落ちてしまうという点。JTBCが類似のサンプルで実験を行った結果、わき腹に受けた弾2発は共に、通過基準(44ミリ)の約2倍である84.5ミリが変形した。

 実際の戦闘において、側面の防弾性能は非常に重要となる。米法務省の報告書によると、銃撃による死亡者のうち50%以上が側面から弾を受けている。

 しかし、国防部は側面の性能問題が取り沙汰されると、先月末に側面の性能テストを除外するよう国防規格を変更してしまった。さらに、側面の防弾性能が不十分な現在の防弾チョッキ2万4000着を追加で購入する方針を明らかにした。

 これに関し、国防部は「来年からは防弾性能を向上させた防弾チョッキを納入する」と明らかにしたが、既存の防弾チョッキについては何の対策もないという。

 この報道に、韓国のネットユーザーからは
「戦争が起きたら1番に逃げ出す国防部の高官たち。自分たちが着ることはないからそのままにしているのだろう」
「国防に関する不正は国家反逆罪として厳重に扱い、死刑に処すべき」
「韓国の国防部はアマチュアが集まる場所なの?」
「韓国国民の本当の敵は北朝鮮ではなく国防部」

など国防部への厳しい声が相次いでいる。

 また
「お笑い韓国軍がまた期待どおりの行動をしてくれた」
「政権が変わっても国防部はそのまま…」

などと嘆く声も。

 そのほか
「弾が貫通するのになぜ着る?動きにくくなるだけなら着ない方がまし」
と指摘する声や、
「防弾テストは入札会社の社長が実際に着て試す方式にしよう」
と提案する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-184449/

 

 韓国は素晴らしいですね。

 弾が貫通する防弾チョッキを、何故注文するのでしょうか?

 お釈迦様でも理解できないでせう~♪chick

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧