I LOVE 北朝鮮

2017/07/21

北朝鮮が核・ミサイル開発にGDPの4分の1を使用したニダ~!

C6

※ 画像はイメージです。

北、核・ミサイル開発にGDP4分の1(30億ドル)を使用=GDPに対する国防費規模”世界一”

7/21(金) 15:15配信 WoW!Korea

 北朝鮮が核・ミサイル開発に最大30億ドルを使用したとの主張が提起された。国内総生産(GDP)に対する国防費使用規模は、世界最大である。

 米国の声(VOA)は、北朝鮮が核・ミサイル開発に少なくても10億ドルから最大30億ドルを使用したと推算されると21日、明かした。

 これを前に、韓国国防部は金正恩(キム・ジョンウン)政権が発足した2011年末から昨年7月まで、北朝鮮が発射した弾道ミサイル31発の費用が9700万ドルに達すると推算した。

 なお、核・ミサイル開発に対する北朝鮮の投入規模は、GDPに対して最も高い。米国国防部の統計によると、北朝鮮は2004年から11年間、購買力評価(PPP)基準GDPの平均23.3%を国防費に投入。これは、国家全体GDPのほぼ4分の1が使用されていることになる。

最終更新:7/21(金) 15:15
WoW!Korea

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000044-wow-int

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 GDPの4分の1を核・ミサイル開発に使うなんて、バカですね。

 東アジアの安定化のために、日本もGDPの4分の1を使って、核・ミサイル開発をしませうかね~♪fuji

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

金正恩の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱いので、戦争になればいきなり核兵器を使ってくるニダ~!

L3

※ 画像はイメージです。

金正恩氏の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱い

2017年7月20日 12時29分 デイリーNKジャパン

 米国の軍事専門メディアであるミリタリー・ドット・コムは14日、「世界の軍隊ワースト10」と題した記事を掲載。その中で北朝鮮の軍隊を第3位に挙げている。

「性上納」が横行

 この記事がワースト1位としたのは、中米のコスタリカだ。

 といっても、同国は1949年に憲法で常設軍を廃止しており、警察と治安部隊を除けば軍事力を持たない。単純な軍事力比較なら、こうした結論が出るのは当たり前と言える。

 ワースト2位は、腐敗しきったイラク軍だ。

 米英などが大金を投じて強化に取り組んできたにもかかわらず、イラク軍は大した兵力を持っていないと指摘している。

 一時は、5万人もの実在しない「幽霊兵」に給料が支払われていたこともある。兵士のいない軍隊に仕事ができるはずもなく、おかげで国土を武装勢力「イスラム国」に席巻されてしまった。

 そして、北朝鮮である。

 この記事が北朝鮮をワースト3に選んだ理由は、早い話が「見かけ倒し」であるということだ。

 外国向けの宣伝映像には丈夫そうな体格の兵士、立派な装備、十分な食料が収められているが、実際にはヘナヘナで、訓練よりは建設作業ばかりしていると指摘している。

 これは、たしかにそのとおりだ。いま、北朝鮮で最も飢えているのは軍隊だと言われており、とても戦争どころではないのが本当のところだ。

 また、軍隊内では人事などを巡ってワイロが乱れ飛び、女性兵士に対しては「マダラス」と呼ばれる性上納の強要が横行している。

 軍紀も何も、あったものではないのだ。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為)

 朝鮮半島では2015年8月、北朝鮮がしかけた地雷で韓国軍兵士が吹き飛ばされた事件を巡り、南北の軍事対立が激化した。一歩間違えれば戦争というところまで行ったのだが、最終的には対話で衝突を回避している。

 しかし、それは北朝鮮と韓国が、五分五分の立場で行きついた結果ではない。戦争の準備などまったく出来ていない北朝鮮が、装備と士気の充実した韓国軍の圧力に押し切られたのだ。

 ただ、「北朝鮮などどうってことない」とタカをくくっていて良いのかと言えば、それもまた違う。

 金正恩党委員長は2015年8月の屈辱を経て、核兵器開発をスピードアップさせたものと見られる。北朝鮮の経済力からして、核兵器と通常兵器の強化を同時に進めるのはムリだ。金正恩氏は今後も、核兵器に「一点張り」する路線を捨てないだろう。

 それはつまり、万が一戦争になれば、いきなり核兵器を使ってくる可能性が高いということなのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13361860/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 戦争になれば、いきなり核兵器を使うって、戦術としてどうなのでせうね。

 常識の通じない国は、世界一の困ったちゃんですね~♪happy02

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

金日成の健康法は少女からの輸血や少女との入浴ニダ~!

P8

※ 画像はイメージです。

金日成の健康法は少女からの輸血や少女との入浴など

7/16(日) 16:00配信 NEWS ポストセブン

 絶対的権力と富を手に入れた独裁者が、最後に求めるのが不老不死の肉体だ。己の命のためなら手段を選ばない。北朝鮮の初代国家主席・金日成の「生への執着」はどんなものだったのか。

 金日成は、健康管理、長寿に異常な執着心を持っていた。そんな金日成のために1976年に設立されたのが通称「金日成長寿研究所」。そこでは西洋医学と一線を画す、驚きの北朝鮮独自の医療技術が日々、研究されていた。後年、脱北した同研究所の研究者らにより金日成が試みたという健康法が明かされている。

 そのひとつが、北朝鮮北部から選抜された十代の処女たちからの輸血。処女の血には、白血球やヘモグロビン、良質なたんぱく質が豊富に含まれているからだという。処女の出身地が北部に限定されていたのは、「アメリカの侵略に遭わなかったため、血が汚れていない」という理由だった。少女たちは金日成との入浴も強要された。彼女たちから発散されるホルモンを吸収するためだという。

 また研究所では、鹿の角や高麗人参などを使用した精力増強剤のほか、冬虫夏草やオットセイのペニスなどを成分とする老化防止の秘薬も開発されていた。研究員らは、「それら秘薬の効果を確かめるため、金日成と同様の肥満体型の幹部たちを集めて人体実験を行っていた」ことを明かしている。

 国家の優秀な人材を総動員し、金に糸目を付けず妙な健康法に明け暮れた独裁者は82歳でこの世を去った。当時の北朝鮮男性の平均寿命67歳を大幅に上回る長寿だった。

※SAPIO2017年8月号

最終更新:7/16(日) 16:24
NEWS ポストセブン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170716-00000016-pseven-int&pos=1

 

 金日成は素晴らしいですね。

 健康法が少女からの輸血や入浴って、まさに変態の極みですね。

 北朝鮮のロイヤルファミリーは、みんな変態ですね~♪wink

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

殺人事件もほったらかし…、金正恩の「無能警察」の実態ニダ~!

O2

※ 画像はイメージです。

殺人事件もほったらかし…金正恩氏の「無能警察」の実態

2017年7月14日 6時35分 デイリーNKジャパン

 韓国の警察当局は3日、ゴルフ場から47歳の女性を拉致し殺害、遺体を遺棄した容疑で男女カップルと、男のまたいとこの合計3人の容疑者を逮捕した。事件が起きたのは先月24日午後8時半ごろ、遺体が発見されたのは3日後の27日午後6時ごろだった。事件発生から容疑者検挙までわずか6日のスピード逮捕となった。

 韓国社会を驚愕させたこの事件の一部始終をメディア報道で見ていた、韓国に来て3年目の脱北者チャンさんは、韓国警察の動きの素早さに驚くと同時に、北朝鮮の保安署(警察)の無能ぶりを嘆いたと、韓国の北朝鮮専門メディアであるニューフォーカスが報じている。

 北朝鮮の保安署は、汚職の温床である。例えば、金正恩党委員長が売春取り締まりを厳命しても「どこ吹く風」だ。犯罪組織はワイロを駆使して保安員(警察官)を懐柔。むしろ用心棒として味方につけるなどして、売春ビジネスはいっそう組織化され、拡大しているのだ。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち)

 しかし、さすがに重大事件が発生したらそれなりの捜査をするだろう――そう思いきや、実態は違った。北朝鮮では殺人事件が起きても、保安署はほとんど何もしようとしないという。

 保安署の監察保安員がやって来て現場を確認し、証拠写真を何枚か撮影、容疑者の痕跡があれば軍用犬を放って追跡させるのがすべてだ。

 また、電力事情が劣悪であるため、監視カメラの使用は労働党の施設などを除けばほぼ不可能だ。そもそも、一部の例外を除けば、容疑者の情報が公開されることもなければ、メディアで報道することもない。ましてや公開捜査番組など考えられない。かくして、容疑者が逮捕されることはほとんどないという。

 2016年11月に鴨緑江を越えて脱北した、両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)出身のキムさんは、身近で起きた殺人事件とその捜査について語った。

 キムさんがまだ北朝鮮にいた頃、甲山(カプサン)峠でヤギ4頭を連れていた女性が刺殺される事件が起きた。女性は2人の子どもを育てるために、山村でヤギを買い付け、国境まで連れて行って売る仕事をしていた。

 女性が1500元(約2万5000円)の現金を持っていたことから、近隣住民は、甲山峰(カプサンボン)の周辺で勤務している朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士の仕業に違いないと噂したが、確たる証拠が見つからず、容疑者の検挙には至らなかった。

 ただでさえ悔しい思いをしていた被害者遺族の感情を逆なでしたのは、保安署の心無い接し方だった。

 担当保安員は、被害者の家族を保安署まで呼び出し、事件の報告書を上部に提出しなければならないとの理由をつけて、何日にもわたり事情聴取を行った。被害者の心情など考えず、ズケズケ質問してくる担当保安員に、被害者の夫は我慢できず激しく怒鳴りつけた。

 この話を聞いた近隣住民は、「犯人も捕まえられないばかりか、遺族を苦しめている」などと保安員を非難したという。

 役立たずと非難される北朝鮮の保安署は、普段一体何をしているのだろうか。

 住民の思想動向の調査、住民の統制、韓流ドラマを見ていた人を摘発する、いちゃもんをつけてワイロをせびるなどなど、およそ住民から喜ばれるようなことはしていない。
犯罪捜査を熱心に行うのは、金正恩党委員長を批判するビラが撒かれたり、金日成主席が現地指導に訪れたことのある工場などから物が盗まれたりした場合など、ごく限られたケースだけだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13335139/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 殺人事件もほったらかしでは、永遠に治安が良くなるわけがないですね。

 北朝鮮はすでに国としての体をなしてないですね~♪pig

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

北朝鮮で餓死者が続出しているのに、誰も責任を取らないニダ~!

A8

※ 画像はイメージです。

北朝鮮で餓死者が続出…金正恩氏の「失政」原因でも「本人は知らん顔」

2017年7月10日 6時40分 デイリーNKジャパン

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は9日、北朝鮮で食糧事情が悪化し餓死者が続出しているもようだと、現地関係者の証言を交えて報道した。

 咸鏡北道の情報筋はRFAに対し、「最近、新ジャガイモの収穫期にもかかわらず、飢え死にする人が増えており、人々はまたもや『苦難の行軍』が訪れるのではないかと不安がっている」と話した。「苦難の行軍」とは1990年代後半、数十万人とも言われる餓死者を出した大飢饉のことだ。

「人肉事件」も

 この情報筋によると、「6月末、富寧(プリョン)郡の倉坪里(チャンピョンリ)で、両親を失い、親戚の家に預けられていた幼い2人兄弟が飢え死にする悲劇があった。また、同郡内の舞袖里(ムスリ)などで2組の老夫婦が相次ぎ死体で見つかり、住民が衝撃を受けている」という。

 「富寧区域は古茂山(コムサン)セメント工場で知られる場所だが、地域全体が石灰岩の上に乗っているような土地で、農業にまったく適さない地域。交通も不便で行商人も寄り付かない陸の孤島だ」(情報筋)

 情報筋はまた、「餓死する人は、ほかの地域でも出ている。とくに山間部の住民は市場での商売にアクセスできずにいるため、このような事態が発生しやすい」としている。

 しかしこの報道内容を見る限り、餓死者が発生している原因は、北朝鮮国内で食べ物が不足しているためではないようだ。実際、情報筋は次のように語っている。

 「餓死者が発生する根本的な原因は、今年初めから住民の移動を厳重に禁じているために、食べ物が国内に行き渡っていないから。また昨年、電力不足のため農産物の脱穀が十分にできず、そのまま流通させてしまったことも一因になっている」

 北朝鮮ではかつて、食べ物は国の配給システムにより、個々の国民にもたらされていた。しかし、現在ではこれが実質的に崩壊しており、人々は市場で商売を行うなどして現金収入を得て、食べ物を購入しなければならない。

 ところが、都市部周辺にはこうした市場が数多くあるものの、山間部などの住民は当局の移動制限により、ここにアクセスすることができない。移動に必要な許可証(旅行証)を入手するには多額のワイロが必要だが、それを稼ぐ術もない。また、住民に購買力がないとあって、行商人さえ立ち寄ってくれないというわけだ。

 つまり、こうした理由により餓死者が続出しているのならば、その原因は明らかに金正恩党委員長の失政にあると言えるのだ。

 金正恩氏は過去にも、同様の失政を犯した前科がある。2012年4月、自分の権力継承を祝うどんちゃん騒ぎのために首都・平壌に食料をかき集め、そのあおりを受けて、短期間に大量の餓死者が発生。「人肉事件」さえ多発する事態を招いたのだ。

(関連記事:北朝鮮「大規模イベント」の裏に隠された悲劇…食糧「消滅」で人肉事件も)

 北朝鮮では昔から、失政が事故や災害の被害を拡大する事例が相次いできた。金正恩氏もまた、前任者たる祖父・金日成主席や父・金正日総書記と同様、民の苦しみを顧みることを知らない独裁者というわけだ。

 前出とは別の消息筋は、次のように話している。

 「昨年の大水害で被害を受けた茂山(ムサン)郡でも最近、相次いで餓死者が出た。それなのに、ミサイルを打ってばかりの金正恩に対し、住民の間から怨嗟の声が上がっている。商売でも出来るように移動制限を少しだけ緩めてくれれば、飢え死にする人は出ないだろう。食べ物が行き渡らず人民が苦しんでいるのに、金正恩はまったく眼中にないのだ」

http://news.livedoor.com/article/detail/13314956/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 国民がいくら死んでも気にしない金正恩では、永遠に餓死者がなくならないような気がします。

 やがて、北朝鮮には誰もいなくなるでせう~♪pig

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/04

金正恩の核兵器のターゲットは韓国ニダ~!

A3

※ 画像はイメージです。

朝鮮半島 - 亡命した北朝鮮の元高官「金正恩、核兵器のターゲットは韓国」

2017年7月4日 12時0分 大紀元

 亡命した北朝鮮の朝鮮労働党元党幹部、李正浩(リ・ジョンホ)氏(59)は、最近、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューに応じ、北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル開発について、その最終ターゲットが米国ではなく、韓国であると主張した。

 李氏が北朝鮮で所属していたのは、金正恩・朝鮮労働党委員長とその一族の統治資金と外貨稼ぎを管理する核心機関「39号室」。李氏はインタビューを通して、金正恩政権の粛清の残忍さ、また指導部の資金状況など秘密を暴露した。

数百人が銃殺、数千人が粛清

 李氏は脱北する2014年まで、北朝鮮・朝鮮労働党「39号室」のトップとして、同組織傘下の大興総局船舶貿易会社の社長と、貿易管理局の局長などの要職を務めた。

 2002年、北朝鮮で経済、文化、建設部門で功労者に与えられる称号「努力英雄」を授かるほど当局の信頼を得ていた李氏だったが、2014年に金正恩政権下の粛清を見て、亡命を決心したという。

 李氏は、金正恩政権の残忍さについて語った。「私が亡命した2014年は、とても恐しい時期だった。 張成沢氏(元国防副委員長で金正恩氏の叔父)は処刑され、高位級幹部たちにも大規模な処刑と粛清が行われ、側近たちと家族を含む数百人も銃殺、数千人が粛清された。知り合いだった多くの幹部たちが無惨に銃殺された。私たち家族はこれ以上、そのような悲劇を見たくなかった」。

 李氏は2014年10月に韓国に亡命し、2016年3月に米国に渡った。現在は妻と2人の子供とともにワシントンDCに住んでいる。

核の脅威 韓国に向けられたもの

 李氏は、VOAのインタビュアーから、北朝鮮の核兵器は対米脅威ではなく、韓国に向けられているとの可能性について問われると、李氏は「事実」と答えた。

 「もし北朝鮮高位指導部が(国際社会の)制裁の圧力に耐えられなくなった場合、最後の手段として、韓国に核兵器を使って朝鮮半島の統一を試みるだろう。彼らの核の攻撃目標はずっと韓国だ。これは明確な事実」と答えた。

 現在、北朝鮮の核・ミサイル攻撃に対抗するため、米軍の高高度迎撃ミサイル(THAAD)の韓国配備が進められているが、その過程は順調ではない模様。

 消息通によると、米国は年内に韓国への配備を完成するよう努めている。文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領はすでにTHAAD配置のための環境影響評価を指示し、最短でも1、2年はかかる見通し。

太陽政策も敵対する北朝鮮指導部

 文政権の発足後、新政権の対北朝鮮政策は米国の唱える「強力な制裁」と正反対を見せている。文政権はいわゆる「太陽政策」を用いて関係回復を試み、「民間の援助と交流」に向って推進し、南北経済協力の象徴と呼ばれる「開城工業地区」を再開しようとしている。

 李氏はこのような現政権の政策について、「北朝鮮は過去の金大中政権の同政策を、体制を崩壊させようとする行為とみなして敵対し、逆に韓国からの資本を奪い取る実用主義政策に切り替えた」と述べ、北朝鮮指導部の考え方を伝えた。

中国の制裁に対する疑念

 北朝鮮を分析する専門家の多くは「中国が重要な役割を果たす」とのトランプ政権に同意しているが、対北制裁措置をとるとの中国の意向には、疑念を抱いている。

 「中国が実際に、北朝鮮とのエネルギー輸出入に制限を掛けるという証拠はなく、むしろその逆だ」と米国シンクタンク・民主防衛基金の北朝鮮問題専門家アンソニー・ラギエロ氏はVOA韓国の取材に答えた。

 実際、中国税関総署が6月23日に発表した国・地域別の輸出入統計月報で、北朝鮮向け輸出は1~5月累計で、13億2399万ドルで、前年同期比32%増となった。

 李氏は、「中国の戦略目標は米国とは異なるため、中国が米国と同様の対北制裁を科すとは考えにくい」と述べた。

(翻訳編集・齊潤)

http://news.livedoor.com/article/detail/13289492/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 南チョーセンには、「北が同じ民族に核を使うはずがない」と言っている人もいますが、まったく根拠がないことがわかりましたね。

 北の核で崩壊する南チョーセンって、楽しそうですね~♪smile

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/24

正恩氏、あらゆる違法行為で稼いだ金でぜいたく品を購入しているニダ~!

P8

※ 画像はイメージです。

「正恩氏、あらゆる違法行為で稼いだ金でぜいたく品購入」

6/23(金) 15:07配信 中央日報日本語版

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が国際社会から強力な制裁を受けているにも関わらず豪華な生活をしていることが分かった。

 米国CNNによると、金正恩はことし4月、平壌(ピョンヤン)で開かれた金日成(キム・イルソン)105周年誕生日記念閲兵式にメルセデス・ベンツS600リムジンに乗って登場したほか、最近では豪華な白のヨット「プリンセス95MY」と高級洋酒、豪華スキー場を作るための装備を購入した。

 国連も2014年の報告書で北朝鮮が2012年一年で海外からぜいたく品を購入するために6億4580万ドル(約718億4270万円)を使ったと明らかにしたことがある。2012年の北朝鮮総収入額39億3000万ドルの16%に相当する規模だ。

 CNNは専門家の言葉を引用して「このような莫大な規模のぜいたく品の購入に必要な資金は主に金正恩の貯金箱(piggy bank)から出ている」と伝えた。北朝鮮が銀行のハッキングや武器販売、麻薬取り引き、貨幣偽造などあらゆる違法行為を通じて稼ぐ裏金の大部分が金正恩のポケットマネーに流れているということだ。

 このような不正資金は北朝鮮の核開発やミサイルプログラムにも一部使われているが、金正恩は党と軍幹部の忠誠心を維持するためにこの裏金で乗用車や高級時計を購入してプレゼントしているというのが専門家の主張だとCNNは伝えた。

最終更新:6/23(金) 15:09
中央日報日本語版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000045-cnippou-kr

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 北朝鮮は国が違法行為をしているわけですから、悪質ですね。

 北朝鮮の不法行為を止めるためには、核攻撃しかないのでせうかね~♪wink

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/27

北朝鮮紙「米国が正しい選択するまで核兵器作る」ニダ~!

H3

※ 画像はイメージです。

北朝鮮紙「米国が正しい選択するまで核兵器作る」

聯合ニュース 5/26(金) 16:16配信

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮・朝鮮労働党機関紙の労働新聞は26日、米トランプ政権が四つの対北朝鮮政策方針を確定・公開したことを受け、「米国が正気に戻って正しい選択をするまで、核兵器と打撃手段をさらに多く作り出す」と主張した。

 労働新聞は「朝米対決戦で最後の勝利はわれわれのものだ」というタイトルの論評を掲載し、「われわれが叩けばそのまま殴られて灰にならねばならないのが米国の避けられない運命」と強弁した。

 同紙は「トランプは米国の運命をさらに険悪な状況に陥れている」とし、「実現不可能で荒唐無稽な妄想に陥り、前任者の朝鮮に対する敵視政策にこだわって米国を極端な状況に追いやっている」とトランプ大統領を名指し批判した。

 また、「核の威嚇・恐喝に明け暮れてわれわれを力で圧殺しようと息巻いている」とし、「米国の脆弱性は表れるだけ表れ、その滅亡は時間の問題」と力説した。

 さらに、北朝鮮と米国のパワーバランスが完全に変わったと主張。中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験成功に触れながら「これまでは米国がわれわれを核で脅し、恐喝したが、今はわれわれが米国を軍事的に圧迫している」と強調した。

 米国はこのほど、最終的には米朝対話で問題を解決するとの内容が含まれた対北朝鮮政策を公開。北朝鮮がこれに合わせて米国との対決を煽るのは、今後の米国との対話を踏まえ交渉力を強めようという意図とみられる。

最終更新:5/26(金) 16:34

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000055-yonh-kr

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 正しい選択 - それは、北朝鮮への核攻撃ですね。

 ピョンヤンが火の海になる日が、今から楽しみですね~♪lovely

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

北朝鮮の核兵器は日本も守っている ありがたく思えニダ~!

H10

※ 画像はイメージです。

北メディア「われわれの核は日本も守っている」

2017年5月22日 10時52分 デイリーNKジャパン

 北朝鮮の労働新聞は21日、日本の麻生太郎財務相が「朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけた」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

 論評は、麻生氏が「米財務長官との会談で、朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけて、制裁強化のための井戸端会議した挙句、『常識のない国』が危険な武器を持っているだとか、何とか言って散々けなした」と指摘した。

 つづけて、「麻生がわれわれの核抑止力を危険な武器と描写したのは、自らの低レベルな判別力と事物現象についての無理解を自ら広めた無知な醜態」と述べた。

 また、「われわれの握っている核兵器は、朝鮮半島での核戦争を防ぐ強力な自衛的抑止力であり、地域の安全と平和を守るための必勝の宝剣だ」と主張した。

 さらに、「米国の核戦争挑発騒動で朝鮮半島における核戦争が起きれば、米国の核前哨基地、兵站基地に転落した日本列島も破滅的な災害を免れないというのが定説だ。そのような面を考えると、われわれの核は、日本の安全も守ってやっていることとなる」と強調した。

 そのうえで、「日本の反動層は、われわれをけなすのではなく、われわれに感謝の挨拶をすべきだ」と述べた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13095249/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 北朝鮮の核兵器が日本を守っているとは知りませんでした。

 盗人にも三分の理とは、よく言ったものですね~♪bleah

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/22

北朝鮮国内で「金正男氏は敵に殺られた」との噂が拡散する理由ニダ~!

K2

※ 画像はイメージです。

北朝鮮国内で「金正男氏は敵に殺られた」との噂が拡散する理由

2017年2月21日 6時39分 デイリーNKジャパン

 北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件がメディアで報じられたのは、発生翌日の14日の午後。北朝鮮は現地の大使がコメントしている以外に公式の反応を示していないが、そもそも北朝鮮の国営メディアに金正男氏が登場したことは、一度もない。

ドラマ見たら処刑

 しかし正男氏が殺害されたという話は、北朝鮮国内でも相当な範囲に拡散するだろう。その媒介となるのは、第一に市場だ。

 咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、当局は16日から18日まで「光明星節(金正日氏の生誕記念日)の期間はゆっくり休むように」との指示を下し、金正日氏の生誕を祝う歌や踊りの会への参加を促した。

 かつてなら、国家的な記念日に店など出したら、たちまち取り締まりを受け、どんな仕打ちに遭うかわからなかった。ところが今では、市場周辺に平気で露店を出していて、取り締まりもとくに行われないとのことだ。

 人が集まるところでは噂が飛び交うもの。さっそくこんな話が聞かれたという。
「元帥様(金正恩氏)のお兄さん(金正男氏)が海外で活動していて、敵に殺された」
事件の顛末を詳しく知っている人でも、このようにデフォルメして話しているという。うかつに「弟に殺された」などと言って、当局に知れたら命がいくつあっても足りないからだ。

 そして少し時間が経てば、正男氏殺害を報じた韓国のテレビニュースが、USBメモリなどの記録媒体に収められ、北朝鮮国内に持ち込まれる可能性が高い。

 北朝鮮では、韓流ドラマなどを見たのがバレただけで、公開処刑などの重罪に問われる。それでも人々は、密かに見ることを決して止めようとしない。

 この点は、北朝鮮当局も分かっているようで、分かっていないのではないか。マレーシア駐在の北朝鮮大使が、事件について色々とコメントしてしまったのは、国民に対する情報統制では失敗だったかもしれない。

 1990年代までなら、北朝鮮は自国のテロ行為が国際社会に露呈しても、あくまで「敵の謀略」だと言い張った。

 海外の情報から隔絶されている北朝鮮国民の中には、それを信じる人も少なからずいただろう。しかし時代は変わり、情報はインターネットや記録媒体を通じて瞬く間に共有される。密かに持ち込まれた韓国のテレビニュースの中で、自国の大使がコメントする場面を見た人々は、「やっぱり本当なんだ」と確信するに違いない。

 また、北朝鮮には韓国や中国のラジオを密かに聞いて、情報を得ている人が相当数おり、韓国のテレビを見ている人すら存在する。軍事境界線から近いエリアはもちろんのこと、首都・平壌を越え、ソウルから300キロも離れた平安北道博川(パクチョン)や雲山(ウンサン)でも、韓国のテレビが受信できる。

 北朝鮮当局が、正男氏殺害の事実が国内で拡散するのを防ぐ手段はないと言っていいだろう。果たしてこの情報は、北朝鮮国民の胸中にどんな思いを生じさせるのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12700461/

 

 北朝鮮は素晴らしいですね。

 今のこの時代に、情報統制だなんてお笑いですね。

 鎖国状態なのは、北朝鮮の指導部の頭の中だけですね~♪smile

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧